樹木については、建物などと異なり民法上

境界からの距離は制限されていませんので、

土地の所有権者は境界に接近して樹木を

植栽することができます。


しかし、隣地所有者は、

土地の上下を自由に使用する権利がありますから、

樹木は敷地内にあっても枝や根が隣地内にまで

伸びれば、当然隣地の所有権を多かれ少なかれ

侵害することになります。


そこで、両者の権利を調整する為に民法第233条では、

第1に、

隣地の植物の枝が境界を越えて来た時は、

その所有者に枝の切除を請求でき

(枝の切除請求権)

第2に、

隣地の植物の根が境界を越えて侵入してきた時は、

隣地所有者は自らそれを切り取ることができます。

(根の切取権)


このように樹木の枝と根の取り扱いを異にしたのは、

根と比較して枝のほうが高価な場合が多いということと、

枝ならば樹木の所有者が隣地へ立ち入らないで

切除できるが、根は隣地に立ち入らなければ

切り取ることができないという理由に基づくと

考えられています。


ただ枝の切除請求権や根の切取権は、

枝や根が境界を越えてきたら必ず認められる

というものではなく、

それによって何等かの重大な損害をこうむったか、

こうむるおそれがある場合のみ許されます。


重大な損害の定義は難しいですが、

何も損害を受けていない場合に、

枝の切除を請求したり根を切り取ることは

権利の濫用になり、認められません。



にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
AD

コメント(2)