今宵の勝負レストラン

東京限定!ちょっとエッチな大人のレストランを紹介します。


テーマ:








尾辰商店&煮売屋宮下
ジャンル:鮮魚料理
予算:¥1,500~


 ある接待をされることに慣れた人から聞いたことがある。「接待には重要な要素が2つある。美味い食事と美しい女性。そのどちらが欠けてもダメ。どちらが欠けてもこの人とは縁が無かったと感じてしまう。」らしい。日本のビジネスシーンを底辺で支えてきた「ザ・接待」は、美味いメシと綺麗な女性の存在によって、いかに巡り合わせを感じさせることで商談をまとめてきた。
意中の女性との勝負も、ある意味、その女性を接待することである。そこで、自分に縁を感じさせることができれば、その勝負に勝ったことに等しい。女性との勝負には、サプライズが必ず必要である。マンネリ化は、頭を使わないことは、百害あって一利なし。最近、サプライズを怠っている奴は、必ずココへ行け!


 場所は、渋谷西武デパートの地下。そこに築地の老舗中卸「尾辰商店」と、最近、ミッドタウンにも出店した麻布十番の名店「暗闇坂宮下」がコラボレーションした「煮売屋」がある。煮売屋とは江戸時代の食堂のこと。魚屋や八百屋に併設する食堂のことである。カウンター6席しかないこのお店は、もちろんお酒も飲める。
ここの凄さは、どんな素人でも魚の美味しさに感動するところにある。普通の味覚がある人間であれば、是非オススメしたい。尾辰商店に並んでいる魚を選べば、煮売屋宮下でちらしだろうが、握りだろうが、刺身だろうが、煮付けだろうが、てんぷらだろうが、何でも食べることができる。特におすすめが西京焼き、今まで食べた西京焼きは何だったのかと感じるはずである。えいひれの炙りも絶品。魚の美味しさは値段に絶対的に反映されるそうである。つまり、築地の中卸が店舗を出店しているために美味しい魚をより安く食べることができる。
まだまだ認知度は低いが、桜が今絶対的にオススメする穴場中の穴場と言っても過言ではない。デパートなので21時までのオープンだが、デパートの地下でまさか美味い肴に酒が飲めるとは誰も思ったことはないはずだ。
魚は西武の尾辰で買って、それ以外は全て東急で買うという松涛マダムが多いことも事実である。


 ここは、本当に穴場中の穴場のため、是非早めに一度行ってみてほしい。小生がススメル理由が分かるはずである。(桜)



「モテる男」には理由がある/里中 李生
¥1,365
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。