民泊とは?

テーマ:

 

 
 
 

民泊とは住宅の全部又は一部を宿泊サービスを提供することです。

最近、外国人観光客を中心に民泊の需要が高まっています。

通常、宿泊料を徴収し反復継続して提供する場合は旅館業法の適用を受けることになり、簡易宿所営業の許可が必要となります。

しかし、旅館業法の要件を満たすことができず、無許可の民泊が増加し問題となっていました。

そこで、民泊という新しいビジネスモデルに対応するため、旅館業法の改正と、住宅の空き部屋やマンションの一室を利用して旅行者を宿泊させる「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が成立しました。

これにより、民泊ホストは都道府県に届出をすることで年間180日を上限として合法的に民泊運用をすることが可能となり、新法は来春にも施行される見込みです。

これまで日本において民泊を合法的に行うためには、特区民泊の仕組みを活用するか、旅館業法の簡易宿所免許をとるしか方法がありませんでした。

しかし、先にも述べましたが実情としては日本にある民泊施設の大半が無許可で運営されている状況でした。

新法が施行されれば、民泊ホストに届出が求められるだけではなく、民泊運営代行会社にも国土交通省への登録が義務づけられ、住宅宿泊仲介業者も官公庁への登録が義務づけられることになります。

年間の宿泊日数の上限は180日と定められていて、地域に実情に応じるべく条例でこれよりも厳しい制限となる可能性もあります。

民泊ホスト・事業者にとっては、民泊新法施行後の180日という年間営業日数制限が、民泊運用にどのように影響するかという点が気になるところでしょう。

しかし、もともと季節による稼働率変動が大きく、180日制限の影響がそれほど大きくないリゾート地などは民泊施設への注目が高まっています。

民泊新法の対象となるのは、下記の事業者となります。

住宅宿泊事業者(民泊ホスト)

住宅宿泊管理業者(民泊運営代行会社)

住宅宿泊仲介業者(民泊仲介サイト)

民泊ホストは都道府県知事に対して「届出」をすることで、旅館業法の許認可がなくとも住宅宿泊事業(民泊)を運営することが可能となります。

民泊ホストからの委託を受けて民泊運営を代行する会社は、国土交通大臣の登録を受ける必要があります。

民泊仲介サイトの運営企業は「住宅宿泊仲介業者」とされ、運営にあたっては観光庁長官の登録を受ける必要があります。

インバウンド需要が高まっていることもあり、民泊事業も目が離せない状況となっていますね。

 

 

 

 

 

今日は日記の日

 

日記の日だからブログを書こう!

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
 
今日は日記の日、ということもあり、久しぶりにブログを書いてみました。
 
日記の良さは、あとで読み返したときに、思い出に浸れることだと思います。
 
そして、当時の想いや考えていたことを思い出せることです。
 
でも、続けるのはなかなか難しいものですよね。
 
ブログなんかでも、ずっと続けている人は本当にすごいと思います。
 
手帳も読み返してみると、当時のことを思い出せて面白いですね。
 
また、手帳を見ていると、先の予定を予測できるのも嬉しいです。
 
去年は、来月にこんなことがあったなぁ、と知ることができるので早めに対応できます。
 
しかし、今は、スマホでスケジュール管理することも多くなってきたのではないでしょうか。
 
スマホだと、色々リンクさせれるので、便利なことは便利なんですけどね。
 
紙世代としては、なんとなく寂しいものです。
 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
ホームページはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
それでは、またっ!
 
 
 
AD