Androidを対象にしたウィルスの攻撃が始まっておりますが、これに対抗する有効な手段の1つとして推奨されているのが、「提供元不明のアプリ」設定をOFFにすることです。

「提供元不明のアプリ」とは、Google自身が運営するアプリマーケットである「Android Market」以外で配信されているアプリのことです。通常、Android機の出荷状態では「提供元不明のアプリ」設定はOFFになっており、「Android Market」以外で配信されるアプリはインストールできない状態になっております。
ウィルスなどの悪意のあるアプリは、Googleのチェックを逃れる為、今のところ「Android Market」以外で配信されていることが多く、「Android Market」で配信されているアプリだけをインストールしていれば問題ないかな?という状況です。

ところが、現在、マニアでない普通のAndroidユーザーでも「提供元不明のアプリ」設定をONにしてしまう事象が発生しております。

例えば、auは独自マーケットである「au one Market」をAndroidアプリとして配布しておりますが、「Android Market」で同アプリを配信していない為、同アプリのバージョンアップ時には「提供元不明のアプリ」設定をONにする必要があります。
auのサイトでは、バージョンアップ手順がスクリーンショット付きで説明されておりますが、バージョンアップ終了後「提供元不明のアプリ」設定をOFFに戻すことを強く求めていない為、ほとんどのユーザーがON状態のままであることが予想されます。非常に危険な状態です。

auでは、「おサイフケータイ」用のアプリや「災害対策アプリ」など他のアプリも「提供元不明のアプリ」設定をONにしないとインストールやバージョンアップができない状態になっております。auとしては、自社が販売するAndroid機以外にはこれらのアプリを配布したくないので、「Android Market」で配信していないものと思われますが、「提供元不明のアプリ」設定をOFFに戻す様にユーザーを誘導して欲しいです。(auのユーザー問合せやKDDIデザイニングスタジオで、OFFに戻すことをユーザーに強く勧める様にサイト掲示することをお願いしたのですが、一向に改善されません。)

その他、BIGLOBEが提供しているAndroidアプリ検索用のアプリ「androidnavi」が「提供元不明のアプリ」設定をONにしないとインストールできない様になっている、など大手の会社が配布しているアプリでもON要求が為されている場合があります。ドコモ、SoftBankのAndroid機でも安心できません。

Android機を利用している方々には、今一度「提供元不明のアプリ」設定がOFFになっているか確認することをお勧めします。「提供元不明のアプリ」設定は以下の場所にあります。

「設定」→「アプリケーション」→「提供元不明のアプリ」

人気ブログランキングへ
AD

コメント(2)