若年認知症患者の家族らによる初の全国組織「全国若年認知症の家族会・支援者連絡協議会」が23日、東京都内で発足した。家族会や支援組織など23団体が参加した。

 厚生労働省によると、18~64歳の若年認知症患者は推計3万7800人。働き盛りや子育て世代で発症し、失職に追い込まれ、住宅ローンを払えず自己破産に至るケースもある。経済面など家族への影響が大きいが、支援は乏しい。宮永和夫会長(新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院長)は「本人や家族が安心して暮らせる施策の充実などを求めていきたい」と話す。

 問い合わせは事務局のNPO法人・若年認知症サポートセンター(メールsupportcenter@star2003.jp、ファクス03・5368・1956)。

【関連ニュース】
リフォーム詐欺:「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問
足利銀:認知症の客手助け 全店で専門受講行員を配置へ: /栃木
認知症サポーター養成講座:寸劇取り入れ、分かりやすく--大垣 /岐阜
火災:グループホームが全焼、認知症7人死亡 札幌
ブックウオッチング:新刊 『スーパー図解 認知症…』=井藤英喜、粟田主一・監修

<人事>毎日放送(6月24日)(毎日新聞)
<国際結婚トラブル>願望強い農村部男性が被害 来月2日、仙台で被害者弁護団が相談会(毎日新聞)
<酒気帯び事故>落ちたナンバープレートから…64歳容疑者を逮捕(毎日新聞)
<連合>日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書(毎日新聞)
<遺棄毒ガス訴訟>中国人遺族らの賠償請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
AD