社民党は18日、党本部で常任幹事会を開き、政府が12日に示した国会同意人事案への対応について協議した。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相らが異論を唱えている原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東大大学院教授を充てる人事案への対応について、重野安正幹事長は会見で「反対というのかいろんな選択、意思表示の方法がある」と述べるにとどめ、党としての賛否は来週以降に持ち越した。

 重野氏は、福島氏が19日の閣議で人事案に署名するかどうかについて「(同意人事案の中の)いかがなものかというのはごく限られた人数なので、それだけで署名しないことはないんじゃないか。閣僚としての判断を党が縛ることは考えていない」と述べ、閣議前に党の態度を決定して福島氏の署名への影響を避けた格好だ。

【関連記事】
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を
税制法案、衆院で審議入りへ 国会同意人事も
国家公安委員に連合の高木前会長 政府が国会同意人事案
民主・西岡氏、野党時代の日銀総裁人事不同意を「反省」

<トキ>9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察(毎日新聞)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
<文科省>所管の財団に委託費返還請求 人件費過払いで(毎日新聞)
<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
AD