四国4県の知事が意見交換する四国知事会議が31日、徳島県美馬市美馬町の安楽寺で開かれた。宮崎県で感染が広がる家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の防疫対策で、4県で協力し合うことを確認し、高速道路の料金制度や地方交付税の充実などに関する緊急アピール4件と、国への提言17件を採択した。

 口蹄疫対策では、5月18日に開かれた各県担当者による会議を踏まえ、四国内で発生した場合に、防疫員の派遣や消毒などの資材提供を相互に行い、徹底的な初動態勢を敷くことを申し合わせた。また、今年度の四国知事会予算による資材購入や、種牛・種豚の相互引き受けなども検討する。一方、国には資材の備蓄強化や風評被害防止対策を求める。

 高速道路の新料金問題では、あくまで全国一律化を求め、他の公共交通機関への支援も改めて要望する。また、地方分権を巡る国の出先機関の廃止・縮小に備え、4県で対策を協議する総務部長級のプロジェクトチームの設置を決めた。

 このほか、「四国八十八カ所霊場と遍路道」の世界遺産登録に向けた推進協議会が3月に設立されたことに触れ、今後も登録に向け協調することを確認した。来年度は愛媛県で開く。【井上卓也】

首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
鳩山首相辞任 期待の船出、共倒れ あいさつは成果強調(毎日新聞)
野口さん、2日に帰還=半年滞在、ソユーズ宇宙船で(時事通信)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
チグハグぶり目立つ首相交代劇 (産経新聞)
AD