岡山市東区の私立岡山学芸館高の1年生の野球部員(16)が、練習中に他の部員と衝突して頭を強打するなどした後、寮で死亡していたことがわかった。

 同校によると、部員は15日午後3時頃、練習試合で訪れた岡山県和気町のグラウンドで、ノックのフライを追っていた際、チームメートと衝突して転倒。岡山市内の病院に救急搬送され、コンピューター断層撮影法(CT)検査などを受け、「異常なし」と診断された。この後、別の病院で衝突で傷めた歯の治療をし、同日午後9時頃、寮に戻った。

 16日は監督の指示で練習を休んで自室におり、午前8時頃には母親と携帯電話で話していた。昼頃にチームメートが部屋に様子を見に行くと、ぐったりとしていたため、119番。救急隊員が駆けつけた時には既に死亡していたという。

 岡山東署は18日、遺体を司法解剖して死因を調べる。小松原昭副校長は「思いがけない事故で、診断も『異常ない』とされていた。驚いている」と話している。

暴力団所属を隠し、生活保護費45万円受ける(読売新聞)
首相動静(5月14日)(時事通信)
参院選「七つ道具」盗難か 和歌山県、前回使った腕章など(産経新聞)
小沢幹事長、東京地検が3度目の事情聴取(読売新聞)
乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
AD