民主党は鳩山由紀夫首相(党代表)の後継を4日に選出し、16日までの今国会の会期を延長しない方向で調整しており、参院選は当初の想定通り6月24日公示、7月11日投開票となりそうだ。

 ただ後継選出に伴う混乱に加え、郵政改革法案など重要法案をめぐる与野党対立が激化すれば、会期延長せざるを得ない事態になりかねない。その場合、2週間後の7月25日投開票となる可能性も残っている。

【関連記事】
首相「今日までがんばってきたつもり」 総会で退陣表明
兄の辞任に邦夫氏「こんなみじめな…耐えられない」
首相支持率急落は、普天間問題での「しくじり」 APも速報
「日本の首相はまた替わるのか」 中国も高い関心
大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」
「はやぶさ」帰還へ

石原都知事 「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
「小沢包囲網」の様相、菅氏支持派が結束(読売新聞)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
涼しげな風鈴、1300度の熱いガラスから(読売新聞)
AD