民主党の渡部恒三元衆院副議長は23日午後、国会内で記者団から「小沢一郎幹事長をはじめ誰も責任を取らない民主党の姿勢」への感想を問われ、「国民の皆さんが辞めてほしいと思われる人は、辞めていただくことが一番いいんだろうな」と述べ、小沢氏や小林千代美衆院議員の辞任が望ましいとの考えを示唆した。

 また渡部氏は、「国民の世論を大事にする政党でなければ、民主党は亡びてしまいます」と、警鐘を鳴らした。

【関連記事】
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で
前原国交相「政治とカネ、けじめつけてない」 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?

乳児虐待死の父が起訴内容否認「まったくの間違い」(産経新聞)
エネルギー自給率70%目標(産経新聞)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表-環境省(時事通信)
<ひき逃げ>米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄(毎日新聞)
普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元(読売新聞)
AD