明和地所 行徳店のブログ

行徳の不動産なら明和地所にお任せ!行徳に関する様々なことをブログにしていきます!!


テーマ:

こんばんは

 

 

 

行徳店の白石です。




昨年のことになるのですが、夫婦二人だった我が家に新しい家族ができました!ぺこちゃん

 

 

 

 

まだまだ産まれたばかりで心配ですが、暖かく見守って大事に育てています♥akn♥

 

 

 

 

 

女の子で、7月7日生まれ(七夕!)名前は「あおい」といいます。

 

 

 

 

 

目が大きくてとてもかわいいんです大事

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしながら、皆様にもお披露目をさせていただきます!


 

 

 

 

 

 

写真↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 
明和地所 行徳店のブログ

あぁ~ん??

 

 

 

 

 

 


明和地所 行徳店のブログ

 


 

 


明和地所 行徳店のブログ

 

 

 

 

まだまだ未熟者で部屋中を駆け回りゴミ箱とか倒しまくりですが、


 

 

 

ちょくちょく成長奮闘記を報告させていただきますので、

 

 

 

 

どうぞ今後ともお見知りおきを(_ _。)

 

 

 

 

 

 


ヨロシクオネガイシマスねこ


明和地所 行徳店のブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは

 

 

ヒートテックより暖かい肌着って無いんですかね?

 

 

上下ヒートテックでも限界を感じ出している白石です。嫌

 

 

 



 

今日はオープンルームでお会いしたお客様がしていた「おしい思い違い」のお話をしたいと思います。

 

 

 

皆様は「新耐震基準・旧耐震基準」という言葉はご存知ですか?


 

 

2011年に大きな自然災害がありましたから、聞いたことがある方も多いかと思います。

 

 

 


明和地所 行徳店のブログ

 


 

大雑把に言うと旧耐震基準では震度5強に耐えうる強度、新耐震基準では震度6強~7に耐えうる強度で

 

建物を建てなさいという決まりです。 


 

 


「知ってるよ、1981年6月1日に新耐震基準になったから、その日以降に建った建物は新耐震、

 

それ以前は旧耐震でしょ?」

 



 

非常におしい。

 

 

実はコレがよくある思い違いなのです。 




 

 

①1971年8月築

 

②1981年8月築

 

③1991年8月築

 

 

上の3つのマンション、新耐震基準はいくつあるでしょうか? 


 

 









正解はのひとつだけ。

 

 

 

 

も正解に含んだ方は要注意です。

 

 

 

実は1981年6月1日とは「建築された日」ではなく、「建築確認を受けた日」なのです。

 

 

 

どういうことかというと、建てる前に申請をし、「この内容なら建ててもいいよ」と許可を受けた日が

 

1981年6月1日以降だと新耐震基準となるわけです。

 

 

 

小規模なマンションでも建築に1年~2年ほどかかりますから、②のように1981年8月に建築された建物は

 

その1~2年前に建築確認を受けたことになります。

 

 

 

 

ですから、「絶対新耐震基準のマンションがいい!」という方は、築年月には要注意!です。

 

 

 

 

 

・・・では、旧耐震基準のマンションは軒並み地震に弱いのか?

 

 




 

 

答えはNOです。

 

 

 

実は建築年月日よりも大事なポイントがあるんですよねOo。。( ̄¬ ̄*)

 

 

 

古いマンションには、購入に値するメリットがたくさん!!

 

 

 

詳細は乞うご期待ですヾ(@°▽°@)ノ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは

 

 

行徳店の白石です。

 

 

ロシアに隕石が落ちてきて大きな被害が出ました。 

 

 

そして本日2/16、地球に大接近している小惑星が衝突し、「地球滅亡!?」という 

 

 

話題が散見されますが、果たしてどうなのでしょう?

 

 

 

ということで、本日は「隕石」について少し調べてみました!(仕事の合間にね!)

 

 

ただ、「隕石の主成分は~」とか、「隕石の名前の由来は~」とか面白味のない事を語っても

仕方ないので、

 

 

知りたい方は各々で調べてください(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

調べていて面白いと思ったのは、アメリカのハリケーンみたいに一つ一つに名前が付くそうなんです。

 

 

ハリケーンの名前には人名が使われますが、隕石には何が使われると思いますか?


 

 

 

 

「落下地点が配達区域内の郵便局の名前」

 

 

 

 

なんですって。

 

 

何でも、発見者の名前をつけようにも発見者を特定しにくく、同じ公共施設にしても、砂漠などの地域を

管轄にしているものは郵便局だけなのだとか。へぇ箱

 

 

 

さらに、隕石にも所有権があり、基本的には「最初に拾い上げた人」が権利を主張することができるそうなのですが

 

 

他人の所有地に落ちていたときは

 

 

 

「隕石が埋まっているとき」 → 土地所有者の所有権

 

 

「埋まっていないとき」 → 拾った人の所有権

 

 

 

 

なのだとか。

 

 

 

 

 

今日も勉強になってしまいましたね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。