離婚後、財産分与について話し合いをしている最中に、元夫(もしくは元妻)が亡くなり、財産分与の権利義務が相続されるのかどうかについて問題となることがあります。

 

協議離婚後、元夫が死亡し、元妻から元夫の相続人である子どもに対し、財産分与の申立てが行われた事案では、被相続人(元夫)の生前に財産分与請求の意思表示がなされているか否かにかかわらず相続されると判示しました。

 

しかし、離婚後、権利者が財産分与請求の意思表示をしないで亡くなった場合には相続を認めないという見解もあります。

 

過去の判例が、財産分与請求の意思表示の有無にかかわらず、相続の対象となることを示していますので、多くの場合は相続が肯定されると言えるでしょう。

AD