夫婦が別居した場合、婚姻費用を支払う義務がある夫(ま

たは妻)が婚姻費用を支払わなければ、婚姻費用をもらう

権利がある妻(または夫)は、親族から援助を受けたり、

誰かからお金を借りたりして生活していくこととなります

 

夫(または妻)が自分には関係がないという態度をとり、

そのまま支払義務を免れれば、その後の夫(または妻)の

資産は、妻(または夫)の犠牲のもとに形成されていくこ

とになるとも言えます。

 

しかし、これではあまりにも公平を欠くため、離婚するこ

ととなった場合には、離婚するまでに未払いの婚姻費用と

いう問題を解決しなければなりません。

 

そこで、最高裁判所は、『離婚訴訟において裁判所が財産

分与の額及び方法を定めるについては当事者双方の一切の

事情を考慮すべきものであることは民法七七一条、七六八

条三項の規定上明らかであるところ、婚姻継続中における

過去の婚姻費用の分担の態様は右事情のひとつにほかなら

ないから、裁判所は、当事者の一方が過当に負担した婚姻

費用の清算のための給付をも含めて財産分与の額及び方法

を定めることができるものと解するのが、相当である。』

と判示し、離婚時の財産分与において清算することを認め

ました。

 

本来は、別居した段階で婚姻費用の支払いがなされるべき

ではありますが、それができなかった場合は、離婚時にお

ける財産分与で一緒に処理し、債権債務を残さないように

しましょうということです。

 

離婚後は、お互い別々の人生を歩んでいくことになるわけ

ですから、お金というとても大切な問題に関してはできる

限り解決し、すっきりとした気持ちで新たな人生をスター

トさせたいものですね。

 

AD