裁判で離婚を勝ち取るためには民法第770条で定められ

ている以下の離婚原因が必要です。

 

1配偶者に不貞な行為があったとき

2配偶者から悪意で遺棄されたとき

3配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

4配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき

5その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 

それでは、親族との不和が理由で離婚訴訟となった場合は

離婚が認められるのでしょうか?

 

不貞行為やDVなど夫婦間におけるトラブルではないため

妻(もしくは夫)と夫(もしくは妻)の親族との関係が良

くない(不和)という理由だけでは、婚姻関係の破綻が認

められることはないでしょう。

 

しかし、夫が、妻(もしくは夫)と夫(もしくは妻)の親

族との関係が良くない(不和)状態であることを知ってい

るのに、両者の間に入って積極的に関係を修復しようとし

なかったり、さらには、夫が自分の親族に加担したりした

という場合には、夫婦間におけるトラブルへとつながるの

で婚姻関係の破綻が認められることがあります。

 

ただし、夫(もしくは妻)が反省し、妻との関係の修復に

積極的な姿勢を示し、やり直す努力をすると言っている場

合は、離婚請求が認められないこともあります。

 

離婚が認められるのかどうか?

訴訟まで発展した場合、当事者にとってはそれが深刻な問

題であり、相手を批判する気持ちも強くなり過ぎてしまう

ことだってあります。

 

結婚した当初は、自分を産んでくれた大切な親、同じ環境

で育ってきた兄弟姉妹と愛する妻(もしくは夫)との関係

が良い関係であって欲しいと願っていたはずなのに・・・・・。

 

双方との関係が悪くならないようにするには、夫(もしく

は妻)が日頃から双方に気を遣い、調整を図る努力が必要

です。

仕事で大変な時もあるでしょう、気が乗らない時もあるで

しょうが、離婚話に発展するよりは良いと思って一踏ん張

りして下さい。

AD