男女の生活と意識に関する調査によると

「仕事で疲れて」「面倒くさい」などの理由で

セックスレスになる夫婦の割合が年々増加しています。

 

双方が共に性交渉を望まず

長年性交渉なしで円満な夫婦関係を維持してきた

という場合は特に問題となることはないでしょう。

 

しかし 夫婦の一方が性交渉を望み

他方が正当な理由なく拒否し続ける場合は

問題となります。

 

一般的に夫婦の間では性交渉が行われると考えられており

最高裁の判例も

「夫婦の性生活が婚姻の基本となるべき重要事項である」

と判示していることから

性交拒否によるセックスレスが原因で

婚姻関係が破綻していると認められれば

その他婚姻を継続し難い重大な事由に該当し

離婚原因となるだけでなく

慰謝料という話にまで発展することだってあります。

 

愛情を喪失し

一方的に性交を拒否しているといえる事実が示されれば

婚姻関係の破綻が認められやすくなると思いますので

離婚する気持ちがない場合は

「風俗へ行ったら」

「他の異性と遊んできたら」

など愛情がないと思われるような

軽はずみな言動を慎むようにして下さい。

AD