「夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方


からこれを取り消すことができる。」という民法754条


の規定により、誓約書なども取り消しできるのですか?


というご相談を受けることがあります。




たしかに、夫婦間の契約は取り消すことができるのですが


夫婦の関係がどのような状況にあるかが問題となります。




この点、最高裁判所は、以下の通り


夫婦関係が破綻に瀕しているような場合に結んだ契約や、


夫婦関係が円満なときに結んだ契約でも、取り消す旨の


意思表示をしたときに夫婦関係が破綻している場合には、


契約を取り消すことは許されないと判示しましたので、


取り消しできる場合は、夫婦関係が円満なときに結んだ


契約で、取り消す旨の意思表示をしたときも夫婦関係が


円満な場合ということになります。




夫婦の仲が良いなら、


夫婦間の契約を実際にやるか、やらないかも


夫婦で話し合って決めて下さいということですね。






昭和33年3月6日最高裁判所第一小法廷判決


「夫婦関係が破綻に瀕しているような場合になされた夫婦


の贈与はこれを取り消しえない」


昭和42年2月2日 最高裁判所第一小法廷判決


「民法七五四条にいう『婚姻中』とは、単に形式的に婚姻


が継続していることではなく、形式的にも、実質的にも


れが継続していることをいうものと解すべきであるから、


婚姻が実質的に破綻している場合には、それが形式的に


継続しているとしても、同条の規定により、夫婦間の契約


を取り消すことは許されないものと解するのが相当である


。」



AD