昨年 網膜剥離の手術をして以来


ブログを更新する頻度が減ってしまいましたが


これからは目が疲れない程度に頑張りたいと思います。





夢見る行政書士のブログも


開設してから6年目に入ります。


これを機にブログのデザインも一新!


はじめて変更しました。




さて 今回のテーマは


初回相談料無料についてのご説明とお願いです。




開業以来


初回 メールとFAXは1往復 電話と面談は30分間


を相談料無料とさせて頂いておりますが


ご相談者さまから以下のご質問がございましたので


ご説明とお願いをさせて頂きます。




<質問1>


電話による無料相談をしたときの通話料は


どちらが負担することになるのですか?


<回答1>


申し訳ありませんが


ご相談料金(30分間)は無料とさせて頂いておりますが


通話料につきましては


ご相談者様の負担とさせて頂いております。




<質問2>


1年ほど前に


電話による無料相談を利用させて頂きましたが


私の記憶では 回答の内容から言って


相談の回答といえるほどの内容ではありませんでしたので


今回の相談は30分まで無料ということになりますか。


<回答2>


前回のご相談内容は


家庭裁判所の調停での話し合いに関する質問でしたので


(行政書士が対応すると弁護士法違反となるため)


弁護士の先生をご紹介するという回答となりましたが


このような場合でも


ご相談をお伺いする時間を作り


ご相談内容に応じた回答をさせて頂いておりますことから


初回無料相談をご利用されたとさせて頂いております。




<質問3>


電話と面談の場合


初回無料相談30分を超えた場合はどうなりますか。


<回答3>


初回無料相談終了後15分単位で料金が発生します。




初回無料相談につきましては


このようなシステムとなっておりますが


無料であっても誠心誠意対応させて頂いております。


何卒ご理解賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

AD

コメント(4)