こんばんは、カピバラ好き行政書士の石井くるみですおねがいキラキラ

 

本日(2/21)夕刻・・・・(解説しているうちに昨日になってしまいました)

「ITproは「民泊新法(住宅宿泊事業法)」の条文案を入手した。」との報道とともに、条文のPDFがオンライン上に・・・・びっくり

 

まだ国会で審議もされていないはずなのに、公表されているというタラー

「現在政府・与党内で調整中」ですが、見切り発車で概要を解説します!!

調整は想定されますが、大筋の内容を把握して新法への心づもりをいたしましょうOKラブラブ

 

 

 

【総則・住宅宿泊事業】(民泊ホスト)

 

住宅宿泊事業とは・・・住宅(建築基準法上の「住宅」「長屋」「共同住宅」「寄宿舎」)に人を

 宿泊させる事業で、年間180日を超えないもの。

●住宅宿泊事業者は、施設ごとに都道府県知事(保健所設置市は市長等)に届出を行い、

 標識を設置する

旅館業法違反・住宅宿泊事業法で罰を受けた場合(&禁固以上の刑を受けた者)、3年

 間は住宅宿泊事業を営むことができない

●住宅内には非常用照明避難経路図表示、その他必要措置の設置 

  右矢印消防設備の詳細は不明

●住宅がの数が一定数を超える場合や不在の場合は、住宅宿泊管理業者に委託しなくては

  ならない 

  右矢印 施設の数や距離で判断する方向性 

●都道府県知事は、条例により実施を制限できる

 

うさぎクッキー面積による宿泊人数の制限規定など、旅行者の快適な宿泊を確保するルールも定められていきそうです。

 

                    

 

 

【住宅宿泊管理業者】(民泊運営代行業者)

 

●住宅宿泊管理業者は国土交通大臣に登録(監督は都道府県知事)

登録免許税9万円、5年ごと更新

●一定の財産的基礎が必要

●住宅宿泊管理業者に課される規制・・・名義貸しの禁止、誇大広告(有利誤認・優良誤認)の禁止、不実告知の禁止、不利益事実布告地の禁止

管理受託契約「締結前」書面の交付  右矢印電子交付OK

管理受託契約「締結時」書面の交付  右矢印電子交付OK

従業者証明書の携帯帳簿の備付事務所内への標識設置、定期報告の実施等

●違反事業者には、業務停止・登録取り消し

 

うさぎクッキー「宅建業者や賃貸管理業者でなければ登録できない」という文言は、特に見当たりません。

 

                        

 

【住宅宿泊仲介業】(Airbnbなどの民泊仲介サイト)

 

●住宅宿泊仲介業者は観光庁長官の登録を受ける(監督は都道府県知事)

登録免許税9万円、5年ごと更新

●既存の旅行業者は登録なしで住宅宿泊仲介業を営むことができる

●一定の財産的基礎が必要

旅行業法違反・住宅宿泊事業法違反で罰金刑を受けた場合、(&禁固以上の刑を受けた

 者)、5年間は住宅宿泊仲介業を営むことができない

●名義貸しの禁止、不実告知・不利益事実の不告知の禁止

住宅宿泊仲介業約款を事前に観光庁長官に届出(変更時も同様)

 右矢印標準約款を使えば問題ないでしょうニコニコシャンパン

違法行為のあっせんの禁止

 右矢印要するに180日を超えた施設の宿泊をあっせんの禁止です雪の結晶

仲介契約締結前書面の交付

 右矢印「書面」交付って・・・・・??びっくり

報告徴収・立入り調査(検査妨害・拒否は30万円以下の罰金)

●違反事業者には、業務停止・登録取り消し(外国住宅宿泊仲介業者には請求)

 

                      

 

【罰則(抜粋)】

 

無登録で住宅宿泊管理業を営んだ場合

不正をして住宅宿泊管理業登録・住宅宿泊仲介業登録を受けた場合

●名義貸しにより他人に住宅宿泊管理業・住宅宿泊仲介業を営ませた場合

右矢印1年以下の懲役・100万円以下の罰金または併科

 

虚偽の届出で住宅宿泊管理業を行った場合

右矢印1年以下の懲役・100万円以下の罰金または併科

右矢印行為者のみならず業務主の法人も罰する両罰規定ガーン

 

ここで、「無届で住宅宿泊管理業を行った場合」がないのは、その場合、「旅館業法違反」(無許可営業)となり旅館業法上の罰則が適用されるためでしょうヒヨコ

 

【コメント】

今回は、速報&抜粋ということで(審議前ですし)、ざっと内容を俯瞰してみましたコアラ

 

詳細は、今後もじっくり見ていくとしても、なかなかしっかりと骨格が作られていると思います。

旅館業法・住宅宿泊事業法(仮)違反の無許可民泊への罰則も強化されています。

 

附則によると、法律施行前でも登録は可能になるようですうさぎクッキー

 

住宅宿泊事業登録

住宅宿泊管理業登録

住宅宿泊仲介業登録は

 

ぜひ、民泊行政書士のカピバラ好き行政書士にご相談くださいねラブラブ

宿泊事業法改正の最新情報満載セミナー「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊の法務実務」へのご参加もお待ちしております乙女のトキメキニコニコ

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o
当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ

 

ホテル新事業開発に役立つ「旅館業・民泊」の法務実務セミナー  New !!
2017年3月3日(金) 15:00 - 18:00 @日本橋くるみ行政書士事務所(茅場町駅徒歩5分) 
【定員8名】 ※セミナー後の懇親会を予定しています

 

住宅新報社主催 「民泊」ビジネス実践セミナー 2017年2月27日(月) 13:00~16:40 @中央大学駿河台記念館(JR御茶ノ水駅徒歩3分) New!!

 

当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』
民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』 
セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o
 

 

AD

コメント(1)