• 29 May
    • 新宿区での旅館営業申請・・・保健所検査とバケーションレンタルEXPO☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 日々の慌ただしさで、なかなかブログの更新が追いついておりません・・・・ すっかり暑く、初夏の陽気となってきました そろそろ衣替のシーズンですね   先週も忙しく、楽しい1週間でした 5月の4週目のできごとを、ささっと振りかえりたいと思います   民泊運営代行会社満足度評価アンケートをプレスリリースしたことで、 あちらこちらの業界新聞社の方から取材を受けました。 アンケートは引き続き、絶賛回答募集中ですので、 民泊ホストのみなさまには、ぜひご協力をお願いいたします   また、公益社団法人日本賃貸住宅管理協会において 平成29年度の第1回簡易宿所実務研究会が開催されました 賃貸管理会社のみなさまと「民泊の申請をチャレンジしよう」という企画で、 昨年度からアドバイザーとしてかかわらせていただいている簡易宿所実務研究会ですが、 今回は、Airbnb社も参加され、今後の民泊の展望について有意義なディスカッションが行われました   そのほか、民泊(旅館業)申請のご相談、 公益財団法人不動産流通推進センターさんとセミナー企画の打合せ、 不動産会社&建築士の先生と新築ゲストハウスの企画の打合せ、 弁護士の先生と「きんざい Financial Plan」原稿執筆の打ち合わせ、 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会の定例理事会・・・・・   書き出してみると、だんだん目が回ってきました   花の金曜日は、どきどき、新宿区で「旅館営業」を申請中の、 もとマンション(共同住宅)の保健所検査でした     新宿区での旅館業申請では、申請書類のほかにも、 営業者の疎明書や、宿泊約款の提出など、通常他の区では、求められない作業を求められ、万全を期して臨んだつもりでしたが・・・・・   (石造りの透明感あふれる素敵な旅館施設です)   施設の構造については、ほぼスルー   いささか、拍子抜け   かわりに、営業後の運営について、管理者の常駐や対面での鍵の受渡しなど、 営業前にもかかわらず、とてもとてもとても厳しく指導がありました   新宿区は、区長の発言でも言及された「都市型民泊」について、 非常に強い警戒心を持っていることを感じます   そんなこんなで、検査はどうにか終わりました 消防設備について、若干変更があるとのことでしすが、 営業許可まで、もう一息・・・・・かしら   翌日、27日(土)は、新宿NSビルで「バケーションレンタルEXPO」が開催されました。   (出展企業一覧)   メトロエンジン株式会社と株式会社オックスコンサルティングの共催で、 ”住宅宿泊事業・簡易宿泊施設、旅館業法のすべてを網羅し合法的な民泊運営の実践” をテーマとした国内最大の民泊の祭典   私も個別相談ブース出展とセミナー登壇のため、27日は朝から新宿へ・・・・・   セミナーは、25分という短い時間でしたが、旅館業許可において重要となる 「用途変更」についてお話しさせていただきました     民泊許可を取るためには、旅館業法だけではなく、 「建築基準法や消防法についても併せて考えなくてはならない」という内容で、 ありがたいことに会場は満員、とても好評でした   会場には普段からお世話になっているクライアントの会社さんや、 大勢の友人・知人も遊びに来て下さり、とても充実して楽しい1日でした   (選挙法務にも精通されている行政書士の戸川先生と)   ようやくお休みの日曜日・・・・・は、来週のための準備&お勉強   仮想通貨交換業(改正資金決済法) 不動産特定共同事業法   について、ミスタードーナツで、ドーナツを頬張りながら勉強したのでした   引き続き、カピバラ好き行政書士は、今週も全力で頑張ります     *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋   2017年・民泊運用代行会社 満足度調査アンケート ご協力ください http://chousa.kurumigyosei.com/ New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』 をご覧ください。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

      NEW!

      5
      テーマ:
  • 22 May
    • 大田区の特区民泊「特定認定書」が交付されました☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   特区民泊の申請を行っていた、京急蒲田マンション1室の特定認定が無事交付されました     先日のブログでも書いた札幌出張は、往復とも羽田空港を利用しました。 京急線で羽田まで移動する途中、京急蒲田駅を通過。 京急蒲田は空港からのアクセスが良く、旅行者にとっては好立地ですね   仕事ををする中でも無事に許可が下りた時の喜びは格別です。 依頼者様、運用代行会社と建物管理会社の方が連携してくださったので、スムーズな認定が下りました。 この場をお借りして感謝&御礼を申し上げます   備忘記録も兼ねて、特区民泊の申請のポイントを簡単にまとめておきたいと思います   特定認定申請書への記載事項についての注意 ・氏名(名称)、住所、法人の場合は代表者の氏名 ・・・捺印は不要。 ・施設使用期間を大田区の条例で定めた7日以上とすること を明記 ・宿泊者の睡眠、休憩等に使うことができる床面積を1名あたり3㎡以上確保したうえで滞在者数を記載 運営について ① 施設を事業に使用する権利があること・・・所有権が確認できるもの(登記簿謄本など)や賃貸借契約書など ② 近隣住民からの苦情等の窓口の担当者名、所在地、電話番号等を記載・・・近隣住民に周知した内容と合致させる ③ 廃棄物は事業系ごみとして処理 ④ 火災等の緊急事態が発生した場合の対応方法、災害、急病、事故等の緊急時駆けつけ対応についても近隣住民周知内容と合致させます ⑥ 近隣住民には適切に周知・説明 、理解を得るように努めますが、必ずしも全ての住民の賛成を得る必要はありません。   申請書への添付書類  (1)住民票の写し(個人の場合) (2)定款又は寄附行為及び登記事項証明書(法人の場合)  (3)賃貸借契約及びこれに付随する契約に係る約款(外国語表記とその日本語訳) ・・・今回は、日本語、英語、中国語、韓国語の4種類を用意しました   (4)施設の構造設備を明らかにする図面・・・窓やエアコン、台所やお風呂、トイレなどを描き入れます (5)滞在者名簿様式 (ひな型) (6)施設使用権原を証明する書類(上記①) (7)近隣住民へ周知した書面・・・周知した範囲は具体的な地番まで、経過も記載します。 (8)消防法令に定める手続きを行ったことが確認できる書類      認定後の手続き…変更事項がある場合 以下のような軽微な変更については、変更後10日以内に届出を提出   (1) 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名  (2) 施設の名称又は所在地の変更 (地域の名称の変更又は地番の変更に伴う変更に限 ります。)  (3) 特定認定を受けようとする者の電話番号その他の連絡先  (4) 施設のホームページアドレス (6)事業を廃止する場合は、廃業届   事業の実施状況についての報告   区は認定事業の実施状況について報告を求めることができます また、近隣住民から騒音やごみ等に関するの苦情があった場合は、適切かつ速やかに対応し、その際の近隣住民とのやり取り、交渉経緯等を区に報告する必要があります   大田区は、全国で初めて特区民泊制度の導入を行ったことからもわかるように民泊に前向きな自治体です。 地域ぐるみで訪日外国人観光客を受け入れようとの取り組みが見られます。 その1つがこちらの「銭湯手ぶらセットの配布」です。     大田区では、特区民泊事業者に対し、特区民泊利用者等を対象とした銭湯手ぶらセット(タオルやシャンプー等が入った特別手ぶらセット引換券及び銭湯多言語マップ)を配布する事業を推進しており、特定認定書の交付の際にサンプルをいただきました     大田区では、旅行者のスタイルやニーズに応じた多様な宿泊の選択肢の1つとして、 ホテルや旅館の仲間として民泊を位置付けていることが先進的であると思います   少しずつ広がりを見せている特区民泊制度。 大田区の取り組みが先行事例として、関東圏でも特区民泊の広がっていくことを期待します   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋   2017年・民泊運用代行会社 満足度調査アンケート ご協力ください http://chousa.kurumigyosei.com/ New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』 をご覧ください。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o #ハッシュタグ

      17
      テーマ:
  • 17 May
    • 全国初、民泊運用代行会社の評価アンケートにご協力ください!

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 五月も中旬、過ごしやすい日々が続いていますね   そんな5月17日、カピバラ好き行政書士が代表を務める「株式会社くるみんぱく」は、全国初のインターネットを使った民泊運用代行会社の評価アンケートの実施を発表しました   代行会社を利用しているホスト/オーナーの皆様は、ぜひアンケートにご協力ください   プレスリリース : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000025947.html   【調査概要】  調査名 :民泊運用代行会社の満足度調査  調査対象:民泊運用代行会社を利用する不動産オーナー/民泊ホストの方  調査期間:2017年5月17日(水)~2017年6月30日(金)  調査方法:インターネットによるアンケート調査  サイト : http://chousa.kurumigyosei.com/  所用時間:5分~15分(目安)     【調査の目的】 今回のアンケート調査の目的は次の3つです   ①民泊ホスト/不動産オーナーの方々に、代行会社の選定に有用な情報を提供  回答いただいたアンケートに基づく調査結果を速報としてまとめ、回答者にフィードバックします。業者の広告宣伝ではない、利用者の声を反映させた有用な情報を提供します。   ②民泊運用代行会社の方々に、業務改善のための利用者の声を提供  満足度調査結果は、利用者の声として代行会社の方々に提供します。調査結果の提供が代行会社の業務改善の機会となり、利用者の満足度改善につながることが期待されます。   ③「住宅宿泊管理業者」として、未来の民泊の担い手となる優れた代行会社を発掘  本調査を通じて、民泊新法施行後に「住宅宿泊管理業者」として、今後くる未来の民泊の担い手となる優れた代行会社を1社でも多く発掘することを目指します。 今回アンケート調査を実施する(株)くるみんぱくは、 日本における健全な適法民泊の普及を目指し設立された法人です   社名には、 これから来る未来の、Coolな民泊を、包括的にくるみながら支援したいという想いがこめられており、本アンケート調査のように、民泊の健全な発展につながる調査研究/啓発活動の他、民泊経営に関する包括的なコンサルティング・サービスを提供します   適法民泊の普及に少しでも役立てるよう、今後も努力していきたいと思います 本アンケートへのみなさまのご協力をお待ちしています     *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 【第1回】民泊勉強会 空室対策に役立つ「合法民泊」入門!  2017年5月20日(土) 14:00~15:30  @CAFE SALVADOR BUSINESS SALON   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋   2017年・民泊運用代行会社 満足度調査アンケート http://chousa.kurumigyosei.com/ New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』 をご覧ください。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

      6
      2
      テーマ:
  • 15 May
    • 札幌市での旅館業申請で一歩前進

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   北海道の札幌市でホテルと旅館の営業許可申請業務をお受けしており、 先週は札幌市保健所へ行って参りました     民泊(旅館業)許可の申請手続きでは、申請から許可が下りるまで、なんども行政窓口へ行ったり来たり往復する必要があります。   もっとも効率的に行うとしても、   ①事前相談 ②申請書提出 ③施設検査 ④許可証の受取り   の4回は最低限窓口に行く必要がありますが、実際にはいろいろな変更点や修正事項が出てきて、何度も保健所を往復することになります。さらに、消防の手続きも引受ける場合は、同様の手順が倍必要になります   東京都内であれば、気軽に保健所まで足を運ぶことができますが、 札幌となると、時間もコストもかかるので、そうそう頻繁に行くわけに参りません   そこで、保健所とのやり取りは電話やメール、FAX等で遠隔的にできることは なるべく遠隔で済ませ、札幌の会社や現地の設計事務所とも連携して、 必要が生じたときにだけ札幌に行く形を取っています。     しかし、札幌市内でホテル・旅館の建築等を行う場合は、「札幌市旅館等建築指導要綱」に 基づき、建築確認申請書提出前(確認申請不要な場合は、建築の着手前)に、 札幌市保健所への事前協議等の手続が必要であるとか、 飲食店の営業許可申請も併せて行う(厨房が必須のため)など、 通常の旅館業申請より手続きが複雑なため、なかなか一筋縄ではいきません   保健所と旅館業施設の構造について摺り合わせを行うために、 何度も図面の提出・修正を行いますが、保健所の事情により、 「宅ふぁいる便でデータを送付できない」「メールに添付可能なデータは3000KBまで」などの制約があり、PDFデータを分割して1枚ずつ送ったり・・・・・地味な作業も行っています     今回は、窓口で受け取るべき書類が交付されたので、久しぶりに札幌へ 寒い冬を越え、清々しい晴天の札幌市内はとても美しい まだ営業許可証が交付される段階ではありませんが、手続き的には一歩前進したので、気持ちもうきうきでした   思いのほかスムーズに用事が終わり、帰りの飛行機まで時間があったので (ぎりぎりまで夜遅めの時間でチケットを予約していました) 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)を見学しました     母方の祖父母が北海道出身ということもあり、子どものころから何度か札幌には行っているのですが、今まで観光というものはきちんしたことがありません   1888年(明治21年)に建てられたというアメリカ風ネオ・バロック様式の建築は、 荘厳な雰囲気でとても美しいですね 館内は北海道の歴史をたどる資料が展示されており、とても楽しめました。       夜はホテルで北海道産のワインをいただきながら、 それとなくホテルの従業員の方に最近の宿泊需要について尋ねてみました。 もともと観光が大きな産業の柱で、夏~冬と雪まつりシーズンは需要も高かったそうですが、 ここ数年は年中観光客が来ているそうで、好況ということでした   宿泊したホテルでは、北海道産ワインのプレスに力を入れているそうですが、 先日、私と同じようにワインを楽しんでいた台湾から観光にいらしたお客様が、 4000本ものワインを買い上げていったそう そんな、びっくりなこともあるのですね     北海道のポテンシャルを感じる出張でした   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 【第1回】民泊勉強会 空室対策に役立つ「合法民泊」入門!  2017年5月20日(土) 14:00~15:30  @CAFE SALVADOR BUSINESS SALON New!!   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階 New!!   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 New!! 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋     当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o                

      9
      テーマ:
  • 11 May
    • 広がるイベント民泊・・・この夏は徳島の阿波踊りで実施☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   2015年7月から制度が始まり、同年12月に日本全国で初めて福岡市にて実施されたイベント民泊。 イベント民泊は、年 1 回(2~3日程度)の公共性の高いイベント開催時であって、宿泊施設の不足が見込まれることにより、開催地の自治体の要請等により自宅を提供するもの。(ちなみに、福岡市のイベントの内容は嵐とEXILEのクリスマスコンサート公演でした・・・・・)   イベント民泊は住宅を宿泊客に有償で提供しますが、反復継続性はないため旅館業法の許可は不要です。   福岡を皮切りに、翌2016年は、沖縄市がプロ野球の広島東洋カープの沖縄キャンプ中に10日間、青森県五所川原市がたちねぶた期間中に7日間、福島県南相馬市が相馬野馬追開催時期に5日間などで実施されました 今年2017年は、高知県高岡郡四万十町で3月に「第9回四万十川桜マラソン」に合わせて実施するなど、さまざまな自治体からのチャレンジが続いています   この夏は、徳島市が阿波踊り(8月11~16日)開催時期にイベント民泊を実施すると発表しています。     昨年の阿波踊り期間中には、観光客が123万人が訪れたとされ、市観光課によると、JR徳島駅前とホテルはパンク状態 踊りの演舞は午後10時半まで続くものの、宿泊の予約が取れないため、早めに街を離れて関西圏に宿泊する観光客も多いようです。   徳島市は、民泊募集の広報や受け入れ施設の研修などの事務を100万円で外部委託するとして、現在業者を公募中です 参加表明書・企画提案書の締め切りは5月17日(水)まで。 「我こそは」と思う方は、ぜひ公募してみるのはいかがでしょう~ http://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisei/machi_keikaku/puropo.html       6月には宿の提供者の募集も始める予定です。   時間を気にせず阿波踊りをたっぷりと満喫できて、徳島の民家に宿泊できるなんて、訪日外国人だけでなく国内旅行としても需要が高そうです(私も行きたい・・・・・)   今年の夏は、徳島の阿波踊りを民泊で 例年以上に盛り上がりそうですね   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 【第1回】民泊勉強会 空室対策に役立つ「合法民泊」入門!  2017年5月20日(土) 14:00~15:30  @CAFE SALVADOR BUSINESS SALON New!!   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階 New!!   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 New!! 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋     当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o    

      8
      テーマ:
  • 10 May
    • 5/27(土)バケーションレンタルEXPOにセミナー&個別相談ブース出展します☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです GW明けは札幌からスタートして、仕事全開モードです     5月27日(土)新宿NSビルで開催される バケーションレンタルEXPOにカピバラ好き行政書士こと、 日本橋くるみ行政書士事務所もセミナー登壇&出展することとなりました       バケーションレンタルEXPOの目的は 「住宅宿泊事業・簡易宿所、旅館業法のすべてを理解し合法的に実践する」こと   住宅宿泊事業法案(民泊新法)が国会提出され、施行が予想されています。 訪日旅行客は2400万人、民泊の稼働物件数も4万物件を超え、その数は1年前と比べ3倍の伸びを記録   民泊新法の成立に伴い、今後さらに民泊・簡易宿所事業への需要が伸びる中、民泊事業参入への情報収集の絶好の機会となります   カピバラ好き行政書士は、11時40分より 「用途変更ってなに? ~民泊許可のハードルをわかりやすく解説~」 というテーマでセミナーを行います   それ以外の時間は、個別ブースで相談も受付ておりますので、 ぜひ民泊情報収集の合間に遊びに来てください     会場への入場料は1,000円ですが、事前申込みで無料になるそうです 旅館業許可のもと運営している事業者、空室物件を保有している方、民泊ホスト・民泊関連事業者のみなさまは、ぜひいらしてください たくさんの方のご来場を心よりお待ちしています   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 【第1回】民泊勉強会 空室対策に役立つ「合法民泊」入門!  2017年5月20日(土) 14:00~15:30  @CAFE SALVADOR BUSINESS SALON New!!   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階 New!!   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 New!! 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋     当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o    

      3
      テーマ:
  • 07 May
    • ホステルの許可取得から運営・経営まで! セミナー&施設見学ツアー開催のお知らせ☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 新緑が眩しいお天気に恵まれたGW、みなさまはいかがお過ごしでしたか   私は、いつもより落ち着いて事務作業を半分と、家族で集まったり、ご無沙汰していた友達と会うなど遊び半分、リフレッシュしました 連休明けは、さっそく札幌出張の予定ですが、元気いっぱい張りきっていこうと思います   【ご報告】 先日行われた行政書士会の所属支部の定時総会・定時大会にて、このたび役員に就任することとなりました   東京都行政書士会中央支部 理事 東京行政書士政治連盟 幹事   日々楽しく、わくわくと活動することで、行政書士の業界の発展にもつながるとしたら素敵です。今後も業務に精を出して頑張りたいと思います   【ホステル事業開発セミナー&見学会開催のお知らせ】 私が許可取得のお手伝いをさせていただき、昨年12月にOPENして池袋のホステル「SAMURAIS HOSTEL 池袋」 来る6月に運営する株式会社サムライズとカピバラ行政書士がコラボし、事業開発・運営・経営セミナーとホステル見学会を開催する運びとなりました   「SAMURAIS HOSTEL 池袋」の特長 ○池袋駅西口徒歩10分ほどのエリアに位置する、「侍/忍者/戦国時代」をテーマにした外国人旅行客向けのホステル。 ○旅館業法の許可(豊島区・簡易宿所)を取得している。 ○客室はドミトリータイプ・個室タイプのどちらもあり。 ○個室には「戦国時代の城」「忍者」、地下共用スペースには、人気漫画「バカボンド」などををイメージした壁画アートがあしらわれており、制作は、東京女子美大のデザインチームが制作 ○宿泊者には甲冑体験&記念撮影のオプションサービス、各種不定期なイベント・パーティ開催など運営に様々な工夫を凝らしている。   セミナーの概要 日時:6月12日(月)14:00~17:00 会場:SAMURAIS HOSTEL 池袋 会費:20,000円(税込)   第1部 旅館業及びAirbnb(民泊)分野を専門とする行政書士(日本橋くるみ行政書士事務所 : 石井くるみ)が、新しいホテル事業開発に役立つ「旅館業」「民泊」の法規制を体系的に解説。   第2部 SAMURAIS HOSTEL Ikebukuroの運営会社代表(株式会社サムライズ 代表 : 藤井善英)が、簡易宿所営業許可取得から実際の営業、売り上げ・稼働率や客室単価まで、運営ノウハウを実例を交じえながら公開。   第3部 ホステル館内の見学会   第4部 ホステル・民泊事業への新規参入を検討される投資家・事業者対象の無料個別の相談会   詳細・申込み   セミナーの詳細・お申込みにつきましては、下記URLをご参照ください。 https://peraichi.com/landing_pages/view/6hj0y   施設内を見学しつつ、具体的な運営実例を交えたセミナーです みなさまのお越しをお待ちしております   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 【第1回】民泊勉強会 空室対策に役立つ「合法民泊」入門!  2017年5月20日(土) 14:00~15:30  @CAFE SALVADOR BUSINESS SALON New!!   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「地主・大家さん向け民泊入門セミナー」 2017年6月6日(火)10:30~11:30 @茅場町第2長岡ビル6階 New!!   株式会社サムライズ×石井くるみ共催 「”SAMURAIS HOSTEL池袋” ホステル事業開発セミナー&見学会」 New!! 2017年6月12日(月)14:00~17:00 @SAMURAIS HOSTEL池袋     当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o        

      10
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 大阪にて特区民泊の申請・・・マンションでは消防設備が大きなハードルとなることが!

      こんにちは、カピバラ行政書士の石井くるみです   今週の業務は、大阪からスタート 既存マンションの特区民泊申請の調査を受けています。     国家戦略特別区域法に基づく旅館業法の特例制度を活用した「特区民泊」においては、特別に旅館業法の適用が外され、建築基準法上も住宅のままの扱いとなります。   したがって、既存の戸建てやマンションから旅館業法の許可を取得するよりも、はるかに合法民泊を行うのに適した制度です   特区民泊が非常に盛んな大阪市。 もともと関西の経済の中心地として宿泊ニーズが高い上に、観光名所あり、訪日外国人の大部分を占めるアジアからのアクセスもよく・・・・ 今年から最低滞在日数が2泊3日からになり、申請件数がどんどん伸びています。   そんな特区民泊ですが、ハードルがないわけではありません。 消防法上、特区民泊の施設は「旅館、ホテル、宿泊所その他これらに類するもの」5項(イ)の扱いになるため、通常、新たに消防設備の設置が必要となります。   さらに、マンション(共同住宅)の場合、話は複雑になることも。 例えばマンションの一部を特区民泊施設する場合、民泊化(事業の用に供する)する部分の面積が、建物延床面積の10%以下、かつ、300㎡未満の場合、「旅館・ホテル」と同じ消防設備が必要になるのは、民泊化する部分だけで済みます。   建物の占める割合が小さく、「建物の主な用途は共同住宅であり、宿泊部分はあくまで従属するに過ぎない」と考えることができるためです。   しかし、民泊化する部分が、建物全体の10%以上または300㎡を超えた場合、 この考え方が当てはまらなくなり、建物全体の消防法令の規制が変わってきます。   「ホテル・旅館」と「マンション(共同住宅)の消防法上の規制は、本来、それほど大きな違いはありません。     ところが、共同住宅については、消防法の緩和の特例(「特定共同住宅等における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令」平成17年総務省令第40号)の制度があり、   ①主要構造物が耐火構造 ②共用部分の壁及び天井の室内に面する部分の仕上げが準不燃材料  ③特定共同住宅等の住戸等の床又は壁に設ける開口部並びに当該床又は壁を貫通する      配 管等及びそれらの貫通部について一定の要件を満たしている。  ④二方向避難・開放型特定共同住宅等及び開放型特定共同住宅等   などの要件を満たす場合、本来の自動火災報知設備や、スプリンクラー設備ではなく、 共同住宅用の自動火災報知設備や共同住宅用のスプリンクラー設備でよい、 11回以上の階で内装制限を行っている場合は、スプリンクラー設備自体不要 共同住宅用自動火災報知設備が設置されている場合は屋内消火栓が不要・・・・ などなど、様々な面で緩和措置があります   マンション(共同住宅)を建築する場合、通常は、「なるべく不要な設備はなしで、費用を抑えつつ、法の基準をクリアしよう」と考えるものです。 したがって、ほとんどのマンション(共同住宅)はこの特例制度を使っています。   ところが、このたび、マンションの一部(10%以上)を民泊施設化することで、この特例制度が使えなくなってしまい、建物全体に原則の消防設備の設置が必要になる場合があります。   共同住宅用の自動火災報知設備やスプリンクラー設備から、通常の自動火災報知設備やスプリンクラー設備に付替えが必要になる・・・・というのは、それこそ莫大なコストが必要に このようなケースでの特区民泊の認定は、現実的にかなり厳しいと言えるでしょう。   はなしが、だいぶ長くややこしくなってしまいました 他にも色々と留意点はありますが、とりあえずこのあたりでSTOPします   今回の出張では、仕事の後に大阪の観光もできました。 テレビや雑誌でよく目にする「グリコ」や     大阪城など・・・・     大阪は、魅力的な観光資源がたくさんあり、さらに京都も近いとあって、旅行者に人気があるのも頷けます   また、関西で民泊と言えば・・・・・ 「民泊の教科書」を書かれている行政書士の横関雅彦先生とお会いしてきました。 横関先生は、民泊についてはもちろん、不動産や経営やマーケティングなど幅広い知識と経験をお持ちです。学ぶべきことはたくさんあるなあ、としみじみ感じます 美味しいお魚と日本酒をいただきながら話は弾み、夜が更けていきます・・・・・ (初めてのくじらのお刺身は超美味でした・・・・)   以上、大阪レポートでした   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o        

      18
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 特区民泊の広がり・・・・新潟市でも特区民泊が始まります!

      こんにちは、カピバラ行政書士の石井くるみです本日は、特区民泊制度の最新情報をお届けします 【新潟市で特区民泊がスタートします】国家戦略特区の規制緩和で、旅館業の営業許可を受けずとも民泊サービス提供が可能となる「特区民泊」について・・・ 新潟市も近く、特区民泊制度を導入する意向で、すでに条例案へのパブリックコメント募集も終了。順調にいけば、6月の市議会で条例が成立し、夏にもスタートする運びとなりそうです 新潟市国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に関する条例(案)への意見募集について 平成28年1月から東京都大田区を皮切りに始まった特区民泊は、他に大阪府と大阪市、北九州市ですでに運用が開始されています。特に宿泊需要の高い大阪では申請・認定件数も順調に伸びており、社会的な認知度も徐々に広がってきました 私が全国賃貸住宅新聞で連載している『自治体別民泊許可取得のポイント』でも、第2回は既存住宅からの転用が容易な特区民泊について執筆していますもし機会がありましたら、新聞をお手に取っていただけると嬉しいです。 (全国賃貸住宅新聞4.17発行号) 【グリーンツーリズムを活用した地方創生を目指す】大阪府・市では、駅の周りなどの商業エリアを中心としたエリアを特区民泊の実施地域と定めていますが、新潟市は、それとは真逆の方針 対象となるエリアは主に市内の田園地帯で、ホテルどころか、通常は開発を制限している市街化調整区域です。(といっても、ほぼ全域・・・(笑) (新潟市の特区民泊実施予定地域) 新潟市には、約28,500ヘクタール(平成27年7月時点)の水田耕地面積があり、これは全国の市町村で最大規模の広さを誇っています   特区民泊事業の活用により、豊富で多様な自然・文化を観光資源として活かす『グリーン・ツーリズム』を推進し、食文化など地元の魅力とともにアピール田園部の活性化を図るとともに、移住促進や地方創生の実現を目指す狙いですこれならば、中心市街地のホテルなど宿泊施設との競合も避けることができますね。 特区民泊の実施地域を、市街地ではなく郊外と指定する方針は北九州市も同様です。豊かな自然、農業・漁業体験などを実現できる地方ならではの民泊活用方法だと思います。 政府は、平成29年の税制改正で、酒蔵ツーリズムの振興も図っておりますが、米どころ、水どころの新潟・・・・おいしい日本酒とも出会えそう (日本酒用のお米は、私たちが普段食べている食用とは品種が全く違うそうですねカピバラ行政書士は、日本酒LOVEです)  新潟市での特区民泊の滞在日数は2泊3日以上からの受け入れとなりそうです。旅館業法を得なくとも、住宅を民泊施設として年間365日営業できるのはとても嬉しい制度このような地方のよさを活かすことができる合法民泊の普及がさらに加速していきますように 民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o 当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ 日本橋くるみ行政書士事務所主催 「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!※セミナー後の懇親会を予定しています 日本橋くるみ行政書士事務所主催 「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! 当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』 セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

      9
      1
      テーマ:
  • 18 Apr
    • PWCよりホテル事業の「未来の経営戦略」と「デジタル活用」の提案

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   最近のインバウンド需要の増加とシニア層の国内旅行の活発化により、 明るい展開が期待される宿泊業界 民泊に限らず、ホテル・旅館業界にも新規参入が相次いでいます   いつも講演依頼をいただいている株式会社綜合ユニコムさんのセミナーを受講してきました タイトルはずばり、「ホテル経営戦略とデジタルトランスフォメーション」 ~競争時代に突入するホテルの経営課題対策とデジタル時代の「ホテルテック」技術検討~     PWCコンサルティング合同会社の3つの基調講演&下記5社のパネルディスカッション   LINE株式会社 Facebook Japan株式会社 トリップアドバイザー株式会社 スターバックスコーヒージャパン株式会社 PWCコンサルティング合同会社   さらに、懇親会という非常に豪華で充実した内容 各業界を牽引する会社からどんな講演を聞くことができるのか、開催前から楽しみで仕方がありませんでした 本日は、その内容を簡単にリポートします   基調講演1 ホテル事業の現状と経営戦略上の重点ポイント(PWCパートナー 澤田滝次氏)   ○アジア圏を中心に今後も訪日外国人数は増加する見込み ○今後は宿泊形態も多様化(ホテル(リゾートorビジネス)・民泊・クルーズ・仮眠スペース等) ○ターゲットとなる顧客のニーズにきめ細やかな対応が求められるようになる ○ホテルの労働生産性向上に向けた取組みが課題(人材育成・外国人スタッフの受入・IT導入など)   宿泊需要は今後も伸びていくと思われますが、ホテル新規開発も盛んにおこなわれている中、お仕着せの対応ではなく、顧客のニーズに応じたサービスが求められるようになるという内容でした     基調講演2 インバウンドの拡大で変わる顧客ニーズとデジタル活用の必要性(PWCディレクター 関良樹氏)   ○基調講演1を踏まえ、訪日外国人の属性をより詳細に分析(国・訪問地・旅行の目的等)   訪日外国人の来日目的は、ほとんどがレジャー。 したがって、1人ではなく家族や友人と複数人で滞在する場合が多いようです。 日本での旅行中に期待するもののTOPは日本食を食べることとショッピングですが、買い物の内容については、国により異なっていることが面白いです。 旅行中にストレスを感じた原因の多くは、やはり「言語」の壁 外国人スタッフの増員だけではなく、最新のIT技術の活用も提案されました   基調講演3 Future of Hotel デザイン思考に基づく顧客体験創出とそれを支えるデジタルテクノロジー(PWCディレクター 葉村真樹 氏)   ○デザイン思考とは、自らの利益ではなくユーザーの視点に立ち、中長期的に支持されることを考える、顧客中心の思考   「お客様のために」「お客様のために」と言葉にするのは簡単ですが、実際、ほんとうに顧客利益を第一に考えることは難しいもの。 顧客以上にクライアントのことを考え、先回りして提案する・・・・私も「士業」という顧客に寄り添う職業をしているので、改めて色々考えさせられました       LINE、Facebook 、トリップアドバイザー、スターバックスコーヒー、PWCコンサルティング合同という豪華な顔触れのパネルディスカッション   IT技術の最先端を担うこれらの会社は、直接的に旅行・宿泊需要に参入している企業ばかりではありませんが、今後の事業展開に活用できるツールや、圧倒的な存在感を発揮する経営方針から学ぶことが非常に多いと感じました     パネルディスカッションの後は、軽食をいただきながらの懇親会 パネリストの方や、講演を受講された宿泊事業関係者のみなさまと名刺交換をさせていただき、とても楽しく充実した内容でした   今後のセミナーや業務に活かしていきたいと思います   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o      

      16
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 新宿区の独自ルール・・・旅館業の申請に必要な「疎明書」とは?

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 桜の花びらハラハラ・・・・枝の先から若葉がのぞく新緑が目に沁みる季節になりました     先日、新宿区で旅館業の申請を行ってきました 共同住宅まるまる一棟の用途変更・・・・確認申請とほぼ同時に旅館業申請書を提出しました。内装工事や消防設備工事はこれから、です。   新宿区の申請基準は、おおよそ周りの区と同じ手続きですが、ひとつ特徴的な手続きがあり、それは経営者の「疎明書」を提出しなければならないということ   新宿区の旅館業申請で求められる「疎明書」 新宿区の旅館業申請で求められる「疎明書」とは、いったい何を指すのか それは、旅館業法第3条第3項と関係しています。   新宿区の旅館業の審査基準には、 「旅館業法第3条第3項に基づく取り扱いについては、以下の事項を十分に調査し、申請に対しる処分にあたって、厳格な審査にあたること」 との定めがあります。 そこで、旅館業法第3条第3項を読んでみると・・・・   「第一項の許可の申請に係る施設の設置場所が、次に掲げる施設の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。以下同じ。)の周囲おおむね百メートルの区域内にある場合において、その設置によつて当該施設の清純な施設環境が著しく害されるおそれがあると認めるときも、前項と同様とする。」   前項を参照すると・・・ 旅館業を経営しようとする(←第一項の許可の申請に係る)施設の設置場所が、 学校・保育園・児童福祉施設・社会教育施設(←次に掲げる施設)の敷地の周囲約110m内にある場合において、その設置によつて当該施設の清純な施設環境が著しく害されるおそれがあるとき、都道府県知事は許可を与えないことができる(←前項と同様とする)ということです   つまり・・・・   「きちんとした経営主体でなければ、旅館業の許可を与えない」    それでは、「きちんとした経営主体かどうか」を新宿区はどのように判断するのか そこで提出が義務付けられるのが「疎明書」なのです・・・・   ホテル業界団体に加盟していれば「疎明書」の提出は不要 まず、下記3団体いずれかの団体に加盟している場合は、旅館業法第3条第3項に該当せず、旅館業法第1条にある「旅館業の業務の適正な運営を確保すること等により、旅館業の健全な発達を図るとともに、旅館業の分野における利用者の需要の高度化及び多様化に対応したサービスの提供を促進し、もつて公衆衛生及び国民生活の向上に寄与する」目的に合致すると判断されます。   ①一般社団法人 日本ホテル協会 ②一般社団法人 日本旅館協会 ③一般社団法人 全日本シティホテル連盟 上記3団体に加盟していない場合、新宿区は関係行政機関に対して照会を行い、申請者が旅館業法第3条第2項(過去3年以内に旅館業法等で罰せられたことがあるかなど) に該当するか否かを確認し、本人の自己申告である「申告書」だけでなく、警視庁等関係行政機関に対して照会を行うこと、とされています   そして、申請者には旅館業法第3条第3項にあたらない経営であることを明らかにする「疎明書」を提出させます   「疎明書」は、経営主体、経営目的、運営方針、資金計画等の事実に基づく資料で、それらにより(旅館業法第3条第3項にあたらない経営であることが)総合的に判断できる内容であることとされています   雛形や見本は特にないということなので、お客様から会社の状況をヒアリングして作成しました。「どうやって疎明書を作成すればよいか」と考えたとき、ビザ申請や融資支援業務が役に立ちます   行政書士の許認可申請業務には様々な種類・相手先がありますが、目的は「ある活動(ビジネス)を行うために行政からお墨付きを得る」として共通しているため、こういうのは得意です 疎明書を添付した旅館業の申請書も、問題なく受理されたのでほっとしました 順調に審査が進み、許可証が交付されることが待ち遠しいです     民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o          

      7
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 京都市は更なる取締り強化の姿勢☆「違法民泊摘発事業者」を公募!

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   昨日の東京は、つめたい雨の1日でした 旅館業申請中の施設の立会検査でずっと外に出ていて寒かったです まだまだ気候が不安定ですね   先月(2017/3/17)のブログでも取り上げた通り、今年度は無許可民泊の取締りの更なる強化&迅速化を進めるとして、1880万円の違法民泊対策のための予算を計上した京都市・・・   発表のとおり、「違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務」の受託候補者の公募を開始しました   違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務募集要領 違法な「民泊」施設における適正化指導に向けた営業者等の指導対象者を特定するなど 基礎的調査委託に関し,次のとおり受託候補者からの提案を募集します。   委託業務の概要は下記のとおりです  概要  (1)名称 違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務  (2)内容 別紙「違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務仕様書」による  (3)履行期間 契約締結日から平成30年3月31日まで  調査対象予定件数  2,700件 ※年間に見込まれる全ての通報及び継続して調査が必要な施設 (履行期間内に予定件数を超えた場合も本調査業務を遂行する。)  委託費の上限  18,800千円(消費税込み)  応募資格 ・京都市契約事務規則第4条第2項に規定する一般競争入札有資格者名簿又は同規則第22条第2項に規定する指名競争入札有資格者名簿に登録(国及び地方公共団体の業務請負実績がある)者であること。 ・多言語対応(日本語,英語,中国語及び韓国語)が可能な体制が取れること。  ・旅館業法にあっては過去3年間,旅行業法にあ っては過去5年間違反したことがないこと。 5 提案書提出期限 平成29年4月21日(金曜日)午後5時(持参又は郵送により提出)   電話および口頭による質問は一切受付しないとされています 入札資格が必要なので、今から‥‥というのは難しいかもしれませんが、 京都市がこのような取り組みを行っていることは非常に興味深いものですね   どこの事業者が業務を受託するのか、今後の取締りがどうなるのか、 今後の動きを見守りたいと思います     民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o      

      8
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 東京都が「マンション管理ガイドライン」を改定!民泊対応についての記載

      みなさま、こんにちは カピバラ好き行政書士の石井くるみです   先週は、コートも不要なほど暖かい陽気が続きました いよいよ春本番ですね   先週末は大田区に特区民泊の申請書を提出してきました。 大森駅徒歩20分の場所にある大田区保健所から、次の目的地までの移動時間がギリギリで慌てて走ったところ暑くてたまりませんでした   さて、東京都は、近年のマンション老朽化や居住者の高齢化の進行、防災意識の高まりなどを受け「マンション管理ガイドライン」を改定したことを発表しました。   2005年のガイドラインの策定以後、初めてとなる今回の改定において、 なんとマンション管理組合に向け民泊への対応についての記載がなされました     詳しくは、スマイスターマガジンにおいて執筆しましたので、良かったらご覧ください https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/ishiikurumi/5160   人口の多い東京は、オフィスビルや高層マンションが所狭しと立ち並んでいるため、 住宅宿泊事業法が可決されるとなると、マンションでの民泊対応は、 無視できない重要な課題になることまちがいありません。     マンション管理組合では、新法施行前に自分たちのマンションと 民泊についての対応を考える機会を設けることをお勧めします   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o        

      2
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 大田区での特区民泊申請中・・・近隣住民への周知

      おはようございます、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   新年度に入り、進級、引っ越し、異動など、新しい環境に身を置かれている方も多いかと思いますが、カピバラ事務所は、変わりなく平常通りの平和な時間が流れています・・・   と言いたいところですが、この時期はちょっとそわそわ・・・・ 行政の担当者も部署異動の時期だからです。   あっちこっちでの仕掛中の申請・・・・ こみいった旅館業の解釈を積み重ねてきた案件の担当者が変更になってしまう。 もちろん引継ぎは行われるものの、やはり多少ドキドキしてしまいます   話は変わり・・・・・   久しぶりに大田区での特区民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)の 申請のご依頼を受けて手続きを進めています   特区民泊の申請は、旅館業と似ている所もありますが、 手順や必要資料が異なりますし、近隣住民への周知が必要になる、 運営会社との調整が必要(無人運営が一般的なので)など 手間的としては旅館業より大変なところもあります。   今回の案件は、マンションの一室であるため、 施設(お部屋)自体の管理者と建物の管理者が別々なので、 あちらこちらとやり取りが必要で、手順よく進むようアレンジして、 最短で申請までもっていきたいと考えています   まずはじめに必要なのは、近隣住民への周知ですので、 ひょっこり1人大田区まで出かけて書面のポスティングをしてきました。 その様子は、大田区観光とともにスマイスターマガジンにて執筆しましたので、 よかったらご覧ください   https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/ishiikurumi/5115   ポスティング作業は、なんとなくドキドキ・・・・・度胸が足りないのでしょうか。 悪いことをしているわけでもないのに、ポスティングした家から物音がして人が出てきそうな気配に反応してしまう自分がいました(笑)   周知期間は2週間以上・・・・ どんな意見が出るのか、また、ドキドキ、はらはらです。 何事もなく(大反対集会など起きずに)済みますように   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆   東京都大田区は関東で唯一、特区民泊制度を取り入れている自治体ですので、 街全体が外国人観光客インバウンドに対してOPENな雰囲気があります。   京急蒲田駅前に観光案内所があったので覗いてみると、 観光案内やお土産品と並んで着付け体験&記念写真撮影ができるコーナーが併設されていました     案内所掲示板には、着物を着た外国人の方の写真&コメントがたくさん寄せられていました 写真の笑顔を見るにつけ、ぜひ1人でも多くの外国人旅行客に 日本での楽しい思い出を作ってもらいたいと思いました。 私も大勢のお客様に泊まりに来てもらえるよう、ひとつひとつ ていねいに申請を増やしていきたいと思います   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「金融機関のための〔民泊〕実務研究」 セミナー 2017年5月18日(木)14:00 -17:30 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!!   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o      

      14
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 全国賃貸住宅新聞で連載スタート☆『自治体別「民泊許可」取得のポイント』

      こんにちは、カピバラ行政書士の石井くるみです   ひんやりした空気が残りますが、都内では桜が満開 オフィス前の「日本橋桜通り」も、さくらが見頃でとてもきれいです。 見慣れた街の風景も、明るく華やかな花びらで彩られていると全くちがって見えますね。   さて、この3月より全国賃貸住宅新聞にて連載記事を執筆することになりました。 テーマはずばり 『 自治体別 ・ 民泊許可取得のポイント』   カピバラ事務所では、日本全国から、戸建て住宅、マンション、オフィスビルなど 大小さまざまな物件について、民泊(旅館業)許可の調査依頼を受けて参りました。   なかでも依頼が多く、投資家の興味関心が高いエリアでの民泊(旅館業)許可取得について、経験と交渉ノウハウをじっくり解説していきます     第1回目で取り上げたのは、都内でも特に外国人旅行者に人気の「渋谷区」です   関東周辺の旅館業の許可は、「宿泊ニーズが高いエリア=ハードルが高い」と考えてよいのではないでしょうか。(なぜかという理由については、いろいろと考えられることがありすぎますが・・・・)   渋谷区では、通常の自治体ルール「渋谷区旅館業法施行条例」に加え、 「渋谷区ラブホテルの建築建築規制条例」により厳しい設備要件が設けられているので、 新しく旅館業を始めるのがとても難しくなっています   渋谷区のラブホテル条例は、平成18年に作られた条例ですが、渋谷区役所の職員の方から伺った話によると、条例施行後、ホテル新規開業は8件のみだそうです・・・・・ ちなみに渋谷東武ホテルやセルリアンタワー東急ホテルなどは、 条例施行前から開業しているので渋谷区ラブホテル条例の基準に適合していません   しかし、諦めるのは早い 旅館業の許可取得が不可能ということではありません。   ラブホテル条例の基準をクリアするには、3つ方法があります。   ①基準をクリアできる構造設備にする ②カプセルホテルにする ③小規模施設の用途変更にとどめる   詳細については・・・・・・・・・記事を読んでください( 笑)   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催 「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 2017年4月25日(火)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています。 民泊・宿泊ビジネスに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o    

      8
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 自民党・政治塾に参加① &「ホテル新事業開発セミナー(4月25日(火)」のお知らせ

      こんにちは、カピバラ行政書士の石井くるみです 先週の金曜日、3月31日は、2度目のプレミアム・フライデーでした 仕事を早めに切り上げて、趣味や遊びに・・・・・みなさまいかが過ごされましたか   私は、自民党女性局が主催する、政治塾「日本の金曜日を変える!プレミアム・ウィメンズクラブ」に参加してまいりました   (カピバラ行政書士はどこでしょう?右のほう写っています)   普段から民泊(旅館業)の許可申請実務に携わったり、民泊新法に関する条文解説をしたりしていると、現状の法律(ルール)や、新法の制度設計等について疑問を感じ、政策提案したくなることがあります・・・・・   そんななか、プレミアムフライデーに与党・自民党の政治塾「プレミアム・ウィメンズクラブ」が開催されると聞き、時代の変化に対応したルールづくりや政策提言について、勉強できればと応募したところ、幸運にも当選しました   「プレミアム・ウィメンズクラブ」は、女性を対象とした政治塾で、9月末まで全7回のプログラムが用意されています。   第1回目の昨日は、開講式&オリエンテーション 自民党国会議員や有識者からの挨拶のことばをいただき、 その後、お茶を飲みながら、議員の先生や参加者の方々と名刺交換会など行いました。     次回からは子育てや介護など女性に身近な政治課題について学ぶ予定になっています   女性議員の先生方は、明るくてめちゃくちゃパワフル しかし、特におどろいたのは、70名を超える参加者の政治への関心の高さとエネルギーでした。     自分で会社を立ち上げた経営者 子育てをしながらバリバリ働くキャリアウーマン 政治塾に参加するために、遠方から新幹線や飛行機で来ているという方もおり 自己紹介など大勢の前でのあいさつも堂々   私も多くの刺激を受け、前向きにますます頑張ろうと意欲がわいてきました   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆   毎回好評をいただいている、少人数制・ゼミ形式の 「ホテル新事業開発に役立つ旅館業・民泊法務セミナー」 次回の開催日は、4月25日(火)15時~18時(懇親会あり)です。   インバウンド需要が高まるなか、新しい不動産投資の選択肢としての旅館業。 旅館業、特区、新法など規制の解説、具体的な開発提案、事例紹介、 融資獲得ノウハウから、運営、代行業者の選定までを網羅的に学べるセミナーです   民泊・宿泊ビジネスに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください    

  • 29 Mar
    • 中野区で初めての合法民泊! 戸建住宅で簡易宿所(ゲストハウス)の許可が下りました☆

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   中野区で簡易宿所として申請書を提出していたゲストハウスの営業許可証が、 ようやく交付されました     申請を行ったのは1月末だったので、2ヶ月・・・・・・・・通常より許可取得まで時間がかかりました。   中野区でも、普通の一軒家を用途変更したものに旅館業の営業許可を出すのは初めてということで、中野区初の民泊施設ということになります お客様も許可証を心待ちにしていたので、許可の知らせを喜んでくださいました   今回の物件は、中野区の住宅地にある3階建ての一軒家 住居専用地域にほぼ隣接する第一種住居地域にあり、閑静なエリアにあります。   玄関   フロント兼待合   素敵な中庭もついていて、「和」を感じる内装です   中庭   平面図は、こんな感じです。   1階には玄関帳場(フロント)を作りました。 トイレはもともと1階と2階に1つずつありましたが、各室のある2階に1つ増設(計3個)。   窓先空地の確保を考えた結果、客室は赤く色を塗った部分のみになってしまいました・・・   3階も用途変更するとなると、建築基準法上、防火区画が必要となりますが、 そうなると大規模な工事が必要になってしまいます   残念ですが、3階は使わないこととして扉を設け閉鎖 (扉などでは認められず、減築を求められる場合もあります)   ゆったりとしたリビングルーム   寝室 洗面所には洗濯機もあります!   大理石のおしゃれなお風呂場   定員に対しては十分すぎるほど広々とした空間です(笑) 旅館業(簡易宿所営業)ですので1泊からの短気宿泊は可能ですが、 のんびり&ゆったりと中長期滞在にもぴったりです   今回は、保健所と消防(建築指導課と協議しながら)のOKが出た後も、 施設照会に時間がかかり、なかなか許可証がおりませんでした   依頼者に許可証を手渡し、今後の運用についてなどの相談を受けました。 旅行サイト(旅行業者)への登録には、旅館業の営業許可証が必要なので、 急いで掲載の準備を始めなくてはいけません とりあえず、どこの旅行サイトから掲載していこうか・・・・などなど。   国内外の色々な所から旅行者が泊まりに来てくれますように     民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「民泊3制度の徹底解説―新法/特区/簡易宿所」  2017年3月30日(木)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o        

      17
      1
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 保健所のハードルは低いけれど・・・・荒川区での民泊申請

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   毎度のことながら、今週もバタバタ・・・・打合せに、企業セミナーに、調査・申請etc   最近、新規の案件が多くて、日中はあちこちの役所や消防署に出かけているのですが、 今日は荒川区での民泊申請についてお話ししたいと思います。   調査依頼をお受けした物件は、少し年数の古い一軒家の、ごく普通の住宅です。   東京で唯一の路面電車・都電荒川線に乗って調査にGO     一般住宅なので、当然帳場(フロント)と呼べるものはなく、トイレは1つしかありません。 お風呂の脱衣スペースも洗面所と同じ区画に入っていて独立していないので、 当然、このあたりは保健所に指摘されるかと思いきや・・・・・   荒川区では、国の要請を受けての基準の緩和があり、 特に収容定員が10人未満の小規模施設を、グループ単位で施設を貸しだす形態(いわゆる典型的な民泊)では、トイレや脱衣所の基準が緩和される・・・・とのこと   追加の工事などなしで現状のままでも許可取得できるのかな・・・・とわくわく     ところが   他の担当部署を回ると、荒川区には他の部分の手続きでハードルがあることが判明   ● 都市計画課への届出   荒川区では建物の安全確保のため、旅館業営業許可申請書提出前に、都市計画課への届出が必要とされており、建物全体の構造体力や防火性能のチェックを受けなくてはなりません都市計画課への届出の際には、建築関係の各資料や、確認済証、検査済証などが必要です。   ●  標識の設置&住民説明会の実施   また、営業許可申請前に開業計画について、近隣住民に説明会を実施しなくてはなりません 説明会に先立ち、施設の敷地内に計画の概要を書いた標識を設置し計画を公開。 説明会の具体的な日時や説明内容は、地域の町会長と相談して決めます   雨の中の荒川区役所   近隣住民説明会は、事業者として説明すべきことを説明するという手続きが増えるだけなので、粛々と実施すれば済みますが、今回の物件の場合は、古い建物で建築関係資料も残っていないので、都市計画課での構造体力と防火性能のチェックが厳しそうだなあ・・・と思いつつ帰路についたのでした   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「民泊3制度の徹底解説―新法/特区/簡易宿所」  2017年3月30日(木)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o    

      7
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 180日制限を逃れる方法はある!? 民泊新法(住宅宿泊事業法)の徹底解説②

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです まだ寒さが残りますが、桜も少しずつ咲き始めて、春の訪れを感じますね   さて、ここしばらくの間、「新法で180日の営業日数制限を逃れる方法はあるか?」といった質問を受けることが多くありました。     当然、「営業日数上限は、必ず遵守しなければならないルールです。日数上限を超えた営業が発覚した場合は罰則の対象になります」とお答えしています   しかし、誰がどう日数上限を確認するのか、現段階では具体的なチェック体制は必ずしも明らかではありません。そのため、何らか制限を逃れる方法はないかと、考えを巡らせてしまう方もいらっしゃるのでしょう   そこで、このブログでは住宅宿泊事業法の条文に基づき、180日を上限とする営業可能日数を、誰がどうチェックする体制となるのか、予想を交えながら解説したいと思います   ①営業日数の報告義務は家主(住宅宿泊事業者)にあり 住宅宿泊事業法第14条は、住宅宿泊事業者に営業日数を報告する義務を定めています。   (都道府県知事への定期報告) 第14条 住宅宿泊事業者は、届出住宅に人を宿泊させた日数その他の国土交通省令・厚生労働省令で定める事項について、国土交通省令・厚生労働省令で定めるところにより、定期的に、都道府県知事に報告しなければならない。   このため、営業日数は家主の責任のもと、自己申告制となると予想されます   虚偽の申告をした場合は、法令違反として、業務停止命令等の対象になると考えられます(第16条)。   ②営業日数の監督は都道府県の役割 家主による営業日数の報告先は都道府県知事ですので、180日を上限とする営業日数をチェック・監督するのは、各都道府県になると予想されます   もし、家主が虚偽の申告をした場合は、どうチェックするのでしょうか   都道府県知事による報告徴求及び立入検査が有力手段と考えられます   (報告徴求及び立入検査) 第十七条 都道府県知事は、住宅宿泊事業の適正な運営を確保するため必要があると認めるときは、住宅宿泊事業者に対し、その業務に関し報告を求め、又はその職員に、届出住宅その他の施設に立ち入り、その業務の状況若しくは設備、帳簿書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる。 2前項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。 3第一項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。 もっとも、報告徴求や立入検査にはマンパワーが必要ですので、多数の住宅宿泊事業者の営業日数の申告をチェックするには非効率と思われます。また、各都道府県の監督だと、地域によってチェックの厳しさがばらつく可能性もありそうです   この点、業者登録をしている、住宅宿泊管理業者や住宅宿泊仲介業者を調査対象とすれば、効率的なチェックが可能となると考えられます。   ③住宅宿泊管理業者に対する報告徴求・立入検査 国土交通大臣及び都道府県知事は、住宅宿泊管理業者(運用代行事業者)に対して報告徴求・立入検査を行うことができます。 第45条 国土交通大臣は、住宅宿泊管理業の適正な運営を確保するため必要があると認めるときは、住宅宿泊管理業者に対し、その業務に関し報告を求め、又はその職員に、住宅宿泊管理業者の営業所、事務所その他の施設に立ち入り、その業務の状況若しくは設備、帳簿書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に質問させることができる。 2都道府県知事は、住宅宿泊管理業の適正な運営を確保するため必要があると認めるときは、住宅宿泊管理業者に対し、その業務に関し報告を求め、又はその職員に、住宅宿泊管理業者の営業所、事務所その他の施設に立ち入り、その業務の状況若しくは設備、帳簿書類その他の物件を検査させ、若しくは関係者に 質問させることができる。 3第十七条第二項及び第三項の規定は、前二項の規定による立入検査について準用する。   ただし、報告徴求や立入検査にはマンパワーが必要なのは変わりません。 実効性の確保には課題がありそうです   ④住宅宿泊仲介業者からの営業日数データの徴収 実効性を期待できる営業日数のチェック方法としては、宿泊サービスを仲介する住宅宿泊仲介業者及び旅行業者から営業日数のデータを集め、施設ごとに集計する方法が考えられます   しかし、住宅宿泊事業法には、住宅宿泊仲介業者による営業日数データの報告義務は規定されていません   観光庁長官には、住宅宿泊仲介業者に対する報告徴求及び立入検査権限がありますが(66条)、複数の旅行業者及び住宅宿泊仲介業者のサイトに掲載している施設の営業日数の網羅的なチェックとして機能させるためには工夫が必要でしょう     以上をまとめると、   ●180日を上限とする営業日数は、住宅宿泊事業者の自己申告制となる   ●住宅宿泊事業者の自己申告による営業日数をチェックする手段は、住宅宿泊事業者又は住宅宿泊管理業者に対する報告徴求・立入検査である   ●報告徴求・立入検査は、マンパワー等の観点から、実効性を期待できない可能性がある   ●そのため、営業日数を自己申告する住宅宿泊事業者のモラルが最も重要となる   といったところでしょうか   今後の省令等の整備により、より実効性の高い営業日数のチェック方法が確立されることに期待したいです     *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「民泊3制度の徹底解説―新法/特区/簡易宿所」  2017年3月30日(木)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

      8
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 違法民泊を狙い撃ち! 京都市が民泊取締りのため1880万円の予算を計上

      こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです   今週も怒涛のように過ぎ去り、気づけばもう金曜日 わくわくと仕事が楽しすぎて、身体がもう2つ、3つ欲しい今日この頃です   申請取次研修(ビザの仕事をするために必要な研修)を受け、 民泊関連の仲間と新法に関する情報交換を行い 仲間と旅館業に関する新企画の打ち合わせ(うふふ。乞うご期待)   民泊を始めたいというお客様の物件を見たり、設計士と打ち合わせのため、 渋谷や代々木や広尾をうろうろ~ 新規で特区民泊の申請も舞い込んで大田区へ   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*   さてさて、無許可の違法民泊の対策についていち早く乗り出していた京都市。 2017年度は取締りの更なる強化&迅速化に乗り出すことを発表しました。   1880万円もの違法民泊対策のための予算を計上し、 民間と連携し調査・指導を進めていく意向です。     詳しくは、スマイスターマガジンにて執筆しましたので、よかったらご一読ください https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/10006/column_4323.html   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*   私のクライアントさんの中でも、こっそりと運営していた民泊が摘発に合ってしまったという相談が増え(京都ではありません)、 民泊運営をしているホストさんからも「最近、家具交換サイトで、まるっと一式の家具が売り出されているのを目にする機会が増えた」と話しています   保健所から指導が入った場合は、誠意をもって対処することが大切だと思います   「締めつけが厳しくなってきて民泊はもうおしまい」ではなく 「きちんとした市場環境が整ってきたので、民泊はむしろこれから」だと私は思います   ホストも、ゲストも、近隣住民の人も安心・安全で、地域から歓迎される「民泊」の 普及のためにお手伝いしていきたいと思います   民泊の許認可や法整備についての疑問・ご相談はカピバラ好き行政書士にご相談ください。 「旅館業法」「特区民泊」「新法民泊」3法解説セミナーも参加お待ちしています   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   当事務所代表行政書士・石井くるみが講師を務めるセミナーのお知らせ   日本橋くるみ行政書士事務所主催  「民泊3制度の徹底解説―新法/特区/簡易宿所」  2017年3月30日(木)15:00 -18:00 @茅場町第二長岡ビル(茅場町駅徒歩4分) New!! ※セミナー後の懇親会を予定しています   当事務所の紹介は『日本橋くるみ行政書士事務所HP』 民泊お役立ち情報は『民泊許可申請センター』  セミナー情報は『民泊セミナー.com』をご覧ください *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o   広尾でお客様と一緒にランチした写真~ アサイーボウルって初めてでした。 とってもお洒落でヘルシー・・・・          

      10
      テーマ:

プロフィール

カピバラ好き行政書士

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

法律・裁判
164 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。