1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-02-22 16:55:58

予備校に通ったとしての合格率

テーマ:行政書士試験
昨年の試験で直前講習に通った時の担当の先生に、前回の
2%台だった試験受験者の通学生の合格率を聞いたことがあります。

L○Cのとある校舎の看板講師が受け持っている生徒の場合…

具体的な人数は忘れてしまったのですが、割合にすると、全国平均と
同じくらいの2~3%だったようです。

すなわち…

どこの予備校に通っても、どこにも通わず独学で勉強しても、合格率
にはさほど違いはないのではないでしょうか??


私の場合は、7月くらいから始まる総合答練や試験直前講習までの間は
ほぼ独学で、書店のテキストを使って勉強してきましたから、どちらか
というと、独学系だと思うんです。
ちなみに、私が勉強を始めたのは、3月の下旬でした。

一方、昨年の試験当日に同じ試験会場で試験を受けた人で、前年の冬
から予備校に通っていたという人の場合、既に試験は諦めていて、
次年度の講座にも申込み済みということを言っている人もいる状況
でした。



このことから何が言えるかというと…




・早くから始めればいいというものではない。
 →中だるみの心配があるため
・予備校に通おうが、独学で勉強しようが、勉強に対する意気込み
ひとつで合格圏内に入るかどうかが変わってくる。
・予備校に通うと言う事実によって、変に安心してしまい、かえって
勉強しなくなる恐れもある
・予備校のペースや講師の指導方法・相性によって、受験生の吸収
度合いに大いに影響が出てくる



ということが、明らかになってくるのではないでしょうか?


ま、絶対評価の試験だから、人を気にせず、自分のやり方で勉強して
いきましょう!!

ということですな^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-02-19 23:27:35

今から出来ること…

テーマ:ブログ
以前も同じようなことを書いた気もするが…(汗

試験勉強のために身につけた知識を、試験のためだけで終わりに
したくはない。

試験の間に身につけたいろいろなことを、資格を取った後にも
生かせるような勉強をしていきたいと思う。


そして、なにより大事だと感じているのが…


横のつながり


なのである。

こうやってブログを書くことで、それを読んでくださる方々との
横のつながりは、非常に大事なものである。


試験仲間として励ましあえるだけでなく…


既に試験を通過されて、資格を持っていらっしゃる方、

資格を大いに活用されて、現役でバリバリ働いていらっしゃる方。


それだけでなく。。。


野望を持って前へ進んでいらっしゃる方、

野望を持ちながらも、なかなか前へ進まないでおられる方、


関連類似職種の方、

全く畑違いだと思われそうな職種の方、などなど。


いろんな方に出会って、インターネットという可能性が無限大の
場所を通して、未知なる可能性を切り拓いてみたいと思う。


そんな思いで、別のブログを書き始めてみた。


行政書士試験受験者・有資格者あつまれ~~!!!
←クリック

私の野望なんぞたまに書いてみたりしているので。。。^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-18 16:03:58

ビジネスキャリア検定

テーマ:ダブル資格で仕事の幅を広げよう!
知的財産権の勉強をするにあたって、応用できる試験があることをご存知だろうか?

『ビジネスキャリア検定』

である。

本来は、5年以上の実際の現場での知的財産に関わるという経験が必要なものなのだが、今は指定講座を受けることによって、5年のキャリアがなくても受験資格を得ることが出来るようになっている。


しかも、私が通った講座は、5回しか通っていないもので、内容もテキスト2冊程度のものだ。そのテキストは、行政書士の資格のためのテキストなんかに比べると、行政法の範囲よりもおそらく少ないものではないだろうか?


ビジネスキャリア検定試験の法務(中級)


という分野の、全25問90分の試験を受け、6割以上の得点が取れると、知的財産に関する専門的な知識を有していると言う資格が得られるのだ。


実際は、この資格を大きく掲げて独立できると言うものではないのだが、企業内の知的財産に携わる方や、行政書士として業務依頼を受けるにあたり、そういった資格を持っています!と言うだけでも、信用の度合いは違ってくるのではないだろうか?

ここをきっかけに、著作権関連分野、さらには弁理士の隣接職種としての特許調査的な業務にまで発展させることが出来ると思われる。

なかなか興味深い資格の一つなのではないだろうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-15 21:58:31

聴聞代理?兼子先生談続き

テーマ:行政書士の実務
行政書士の関わることが出来る業務のひとつに

『聴聞代理』というものがあるようだ。


その前に…

『聴聞』とは、
  行政機関が国民の権利・利益に影響を及ぼす行政処分を行う場合,被処分者にどのような事実を根拠として処分をしようとするのか(処分の原因となる事実)を示し,その事実に対して口頭による意見陳述,質問等の機会を与えるものである。/はてなダイアリーより引用


つまり、行政処分をされる一歩前の段階で行われる、被処分者に
行われる自分の言い分を述べる場である。


この聴聞を代理するというのである。


聴聞後に行われる行政処分に対しての不服申し立てというものは、
行政庁に対する確定処分への申し立てなので、行政書士が業として
関わることは法律で禁じられている。


しかし、聴聞というものは、あくまで行政処分の
前段階なので、
ここまでは行ってよいのではないか?ということだそうである。


行政書士法に列記されている業務内容としては当てはまらないが、
前回の兼子先生談の延長として、




【法定外業務】



として行っても弁護士法に抵触しない業務だろうとおっしゃっていた。



だから、今後注目されるであろう、



【ADR(裁判外紛争処理制度)】



においても、対外的には行政書士には、未だ関わる余地が
ないように思われているかもしれない。

しかし、ADRの聴聞手続きまでOKでは???


と解釈してよいだろうとのこと。


すなわち、ADRについても、行政書士は今からしっかりと学んで
おかなければならないのである。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-02-11 23:38:32

行政書士法解釈について・元試験委員兼子先生談

テーマ:行政書士の実務
今日は、L○C飯田橋校にて、元行政書士試験委員長の
兼子仁先生による講演会が行われました。

そこで面白い話をたくさん伺ったのですが、その中でも特に
印象的だった話を書きたいと思います。



一般的に、自分が業として行っている資格に関する法律の条文に
書かれている業務内容が自分の出来る業務の範囲と解釈すること
が多いようです。

しかし、実際は、行政書士だけを例にとっても、法定独占業務と
法定非独占業務があります。

では、ここに書かれている業務以外に行っては違法なのでしょうか?
(すなわち、法定外非独占業務ということになります。)


答えは、
書士法に記載されていない業務、法定外の非独占業務でも
業として行うことが出来る余地が大いにある
ということなのだそう
です。


その解釈の仕方としてですが、
たとえ行政書士法に書かれていなく
とも、他士業法で独占業務として法定されているものでなければ、
関わることが出来るのではないか?

むしろ、自分の業界の業務なんだから、わざわざ法解釈を狭める
ような不利なことはせず、上記のような解釈をしていいのではない
だろうか。



ということなのだそうです。


実際に具体的に書きますと、

・許可申請代理
・聴聞代理→事項に記載こちらから
・契約代理


などが法定外業務として挙げられるのですが、

その個別の説明はまだ別項で述べることとして今回は大まかに
書いていこうと思います。


要は、弁護士法や司法書士法、宅建業法にそれぞれの独占業務として
書かれているものでなければ、


憲法22条1項『職業選択の自由』
          ↓
     他士業法に反していない
          ↓
     行政書士法に書いていないけれど…
          ↓
     公序良俗に反していないからOK!!



という解釈をしてもいいじゃないか!

とおっしゃっておられました。



ほうほう、確かに。


私自身、目からうろこが落ちるような思いの考え方だなと、
また自分の視野を広げるきっかけになっているのを実感する
講演会でした。


この話はまだ続きがあるので、次回に続きを書いていきたいと
思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-10 22:55:38

今日は

テーマ:ブログ
私の誕生日。

ビジネスウーマンになるに当たっては嬉しいことなのかな??


かっこいい大人の女になってやる!!!


美味しいケーキとステーキをご馳走してもらいました^^
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-02-09 16:24:05

株主代表訴訟

テーマ:行政書士試験
ミスタードーナツの無認可添加物を使用した肉まんをめぐる、
訴訟の判決が言い渡されたのは、ご存知の方も多いかと思います。

この訴訟はどういうものなのでしょうか??

訴えを起こしたのは、ミスタードーナツの親会社ダスキンの株主。

これは、いわゆる商法における
『株主代表訴訟』というものです。

下は、株主代表訴訟について書かれているサイトのうちのひとつの
リンクです。↓↓


法!納得!どっとこむ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-09 14:03:53

ついにヤフーも参入!

テーマ:ブログ
ブログ提供、ついにヤフーも始めましたね。

今まで運営されているブログ提供会社の中で、一番大きい会社じゃ
ないでしょうか?

と、いうことは。。。

ヤフーブログにも新しいビジネスチャンスが眠っていると言う
ことでしょうね…

今後の動向に注目していきたいと思います。

何事にも、アンテナを張り巡らせて、より早く動き始めた人が

どの分野においても一歩先に進めるチャンスですから…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-08 21:42:04

携帯メールの架空請求

テーマ:ブログ
最近私の携帯メールに変な内容のものが送られてきます。


『あなたがご利用のサイトはまだ仮登録のままです。携帯電話の
履歴からすべての情報を把握済みです。正式に退会処理を行わな
ければ、あなたを悪質なユーザーとみなし、訴訟を行う恐れも
ありますので至急アクセスしてください。http://------
女性としての退会不可


はぁ???


私、女性ですけど???


全くどこからそんな変な情報が回ってるのやら…(~_~;)


メールだけなら放って置いてもいいでしょう。。。


しかし、実際に見覚えの無い請求に対する訴訟が、裁判所から
通達されたらどうでしょう???


そういう場合は、メールと同様に考えて放置しておいては
いけないみたいですね。


法務省のホームページにも書かれてありました。

ご参考までに…↓↓↓
<a href="http://www.moj.go.jp/MINJI/minji68.html">
督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください<a>


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-02-06 13:39:13

資格取得・キャリアアップグループ

テーマ:ブログ
他のサイトで面白いコミュニケーションツールを見つけました。


今は御存知の方もいると思いますが、【SNS】というコミュニケーション
サイトが増えてきているようです。

リアル友だちをサイトに紹介して、友達の友達しか入れないようなサイト
になっていて、その中で遊び半分で誰かを陥れようとか悪いことができない
ようにして、ネットの世界の中にも信頼関係を築き上げていき、将来的な
ビジネスへ発展していくことの出来るような、そんなまじめなツールだそう
です。


こちらのサイトは友達からの紹介が無くても入れると言う割とオープンな
ものになっているので、厳密には完全な【SNS】とは呼ばれないのかも
しれませんですが、インターネットでの活動に対するお互いの情報交換・
意見交換をしあうことによって、将来的なビジネスチャンスを見つける
きっかけになるのでは??

というグループがあるのでご紹介させていただきます。


【アフェリエイトを研究してバリバリ稼いじゃおう!】
←クリック!


アフェリエイトだけじゃなく、資格取得やキャリアアップしたい人たちの
ための情報交換・意見交換に関して活動しているグループです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。