イメージと実績は違う

テーマ:
詳しくは書きませんが、機械の稼働率に対するイメージと支持率は一致しない。

去年のまとめを分析をしていると、
72%の機械が機械代を取れてない(平均値)
現実。扱いにより違いますし、次の月に販売された機械により回遊(店内移動)
もありますから、数字のみで判断できませんが、月々の相対評価での入れ替えでの的中率は28%

軸になる機種として!!様を見てみても、来店理由としての貢献はあるにせよ、粗利貢献のみで見れば、かなりの薄利。問題は後片付けに新たな機械代がかかり、大量導入が諸刃の剣となってしまった。

それは、現実の仮面ライダー・コードギアス見て誰もが感じると思います。

因みに利益貢献ランキングワーストは、
回収金額604円で、ジェイビー様のCRマジカルカーペット
(・∀・)

羽根物は役物のクセもあり、傾斜変えたり、入賞率変えたり、寄せを変えたり、
使いこなせない管理者様が増えた&交換率が以前と違う。

手間を惜しむなら、導入しないこと。
低玉の方が楽ですからね。

また、遊技方法が分からないとか、オペレーションも大変てすからね。

私は羽根物導入賛成派ですが。

アフターメンテナンスが如何に大事か考えることも必要です。

後は企業秘密なので割愛します。

さ~せん。


Android携帯からの投稿
AD

コメント(4)