行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:
№1951



シカゴ(Chicago)旅行記を忘れないうちに書いておこうと思います。

ボストンから2時間ほどでオヘア空港(O' Hare International Airport) です。
時差があるので、到着したら時計の針を1時間進めなければなりません。





ダウンタウンに行くのに地下鉄を利用しました。

段々と旅慣れてきて、切符を購入するのも手慣れてきました。

渡米前は、アメリカの地下鉄は怖いとイメージしていましたが、
ボストンでもニューヨークでもワシントンでもシカゴでも、危険なこともなく
便利に利用できます。
オヘア・ステーションの構内は、こんな感じ。



30分ほどで、ダウンタウンに到着しました。



ところで、航空券に PRECHKの文字があると、
セキュリティーを通過するとき、PRECHECK(プレチェック)専用のレーンを使うことができます。

空港の手荷物検査場では、通常、
セキュリティーチェックのためバッグの中から電子機器を取り出したり、
靴を脱がなければならないのですが、
プレチェック専用のレーンでは、靴を脱ぐ必要もなくiPad等もバッグから出さなくて大丈夫です。
とても楽です。

ジェットブルーの航空券。



さて、
シカゴといえば、シカゴピザが有名なので、早速いただきました。

ディープディッシュ(Deep Dish)と呼ばれるシカゴビザ。

高さが5センチくらいある深い鉄なべで窯焼きされ、鍋ごと出てきました。
切り分けると、こんな厚みのあるピザ。
これで、スモールサイズのそのまた半分を お皿にとりわけたところです。
ボリュームたっぷりの美味しいビザでした。




シカゴは夜景も素敵でした。巨大なビルが立ち並ぶ大都会。
ウィリスタワー(Willis Tower 110階建高層ビル)の展望台から眺めた夜の街が
溜息が出るほど感動的な景色でした。

一部スカイデッキが張り出していて、
足元がガラス張りになっている箇所もあります。
観光客が列をなして並び、みんなニコニコして そこで記念写真を撮っていましたが、
高所恐怖症の私はそんな所に立つのはとても無理 (笑)
普通に景色を眺めるだけで十分に感動しました。





シカゴ旅行のお目当ては美術館 (The Art Institute of  Chicago) だったので、2日目は
10時半の開館と同時に入館し、5時の閉館時間まで6時間半いました。
まる1日、たっぷりと楽しみました。



シャガールの 「アメリカの窓」 


スーラの 『グランド・ジャット島の日曜日」 
大作でした。
この絵はシカゴ美術館から門外不出の作品なので、鑑賞することができて幸せでした。
とてもいい絵でした。






ほかにも、たくさんの作品が収蔵されており、実に充実した内容でした。
日本美術も安藤広重をはじめとして、多数ありました。



最後の日には、ミシガン湖のほとりへ出てみました。














ミレニアムパーク(公園)にある巨大なオブジェ。




図書館





シカゴは、北海道と同じくらいの緯度。
ボストンと同じく、冬は氷点下の気温が続く地域ですが、旅行中はお天気に恵まれました。
楽しい2泊3日の旅でした。

帰国を目前にして、
1月 ワシントン
2月 ニューヨーク
3月 シカゴ
と訪れ、美術館・博物館をめぐることができたことは最高の喜びでした。
ありがとうございました。


     


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。