行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

№179


行 政 書 士 開 業 に 向 け て (19)

  産業廃棄物収集運搬業(2)



収集運搬業の許可要件の主なポイントは次の4つ。


1)役員のうち一人が認定講習を受けていること

2)経理的要件を満たしていること

3)運搬用車両、駐車場が確保できていること

4)搬入先の処分場の許可証の写しがあること



認定講習

 全国各都道府県の廃棄物協会へ申し込み

 2日間の講習を受け、試験に合格すると

 5年間有効の修了証が交付されます。

 これがないと申請できません。


講習会場は、すぐにいっぱいになってしまうし、

ひとつの県では、1年に1回から数回しか開催されないので、

依頼があったら、すぐに受講を勧めます。


うちの事務所では、講習申込も引受けますが、

埼玉県の会場がいっぱいだと、

東京、千葉、群馬県等の会場を申込むこともあります。

(どこの会場で受講しても OK )

急ぎの場合だと、1泊2日の旅行を兼ねて

うんと遠くの講習会場まで行かれる方もいます。


経理的要件

 直前期の決算の経常利益が黒字であること


赤字の場合は、大変です。

直前3期分を見て、内容によっては、

税理士さんや中小企業診断士さんに書いてもらう書類が

必要になります。


また法人税の納税証明書を添付しますが

無税の場合には、(利益が出ず、法人税が無税になっている)

収支計画書を作成しなければなりません。


車両、駐車場、他

 ダンプ、キャブオーバ、トラックなどの車両1台から可。

 廃棄物を荷台に直積みし、シートがけで運ぶ場合は

 車両の写真 や 車検証の写し を提出します。

 液体物を運ぶ場合には、

 ドラム缶などの容器の写真も必要となります。


駐車場を確保していること。

 この駐車場を調査しにくる行政庁もあります。

 (廃棄物の保管をしていないかどうか見にきます。

  保管する場合には、申請内容が厳しくなり、

  書類の内容も変わるので、通常は 保管積み替えなし、

  で申請します)


搬入先の処分場の許可

 運び入れる処分場が廃棄物処理業の許可をもっていること。

 申請品目を 廃プラスティック ○○トン、 金属くず ○○トン

 とした場合、

 搬入先の処分場の許可証の裏面に

 処理能力が書いてありますので、(破砕 ○○トン/日 等)

 処理能力をチェックしておくことが大事です。

 もちろん該当処理品目のない処分場へは、搬入できません。

 その場合は、要件にあった処分場を

 複数個所 記載することになります。



こういった許可要件をお客さまに説明し、

申請手続をするのが

  行 政 書 士 の 仕 事 です。




人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

                ありがとうございます。

                 (現在 19位)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

№172


行 政 書 士 開 業 に 向 け て (18)

   産業廃棄物収集運搬業


廃棄物には、


「一般廃棄物」(家庭などから出るゴミ) と

「産業廃棄物」(産業活動に伴って出るゴミ)が

あります。


一般廃棄物を、「いっぱんぱい」と呼び

産業廃棄物を、「さんぱい」 と呼んでいます。


そして

この産廃をダンプなどで

収集・運搬する事業を

産業廃棄物収集運搬業 と呼びます。


自社のゴミを運搬するだけなら許可は不要ですが、

他社から委託を受け、

有償で収集運搬する 場合には

許可が必要です。


許可事業者は、運搬車両に

「産業廃棄物収集運搬車

 許可番号○○○○○○」 とペイントしてあります。

(車両掲示義務があります)


廃棄物を積み込む管轄の行政庁 と

廃棄物を下ろす(処分場所在地)管轄の行政庁 の

両方の許可が必要です。


この手続が

行政書士の仕事、


「産業廃棄物収集運搬業許可申請」 です。


例えば

東京都内に建設現場があるとします。

この現場から出る 建設ガラ

(家屋解体、ビル解体等に伴って出る廃棄物) を

埼玉県の処分場に運び込む場合には


東京都知事許可 と

埼玉県知事許可 が必要になるわけです。


(埼玉県下であっても、処分場が

さいたま市、川越市にある場合には

管轄は県ではなく、それぞれの市になるので

ご注意ください)


「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

(俗に産廃法) に定められた許可要件に従って

許可申請しますが、


管轄庁が異なると

同じような手続でも

申請書の様式が微妙に違うし、

申請後の審査の仕方も 若干違います。


お客さんは

東京都と、埼玉県と、できれば神奈川も取っておきたいな

と気楽に注文くださいますけれど、

書式は、(微妙に) 全部 違うんでっせ。


さて、

産業廃棄物の中には


ごく普通の品目

(金属くず、コンクリートくず等 20品目) のほか


ガソリンや注射針、飛散性のアスベストなど

その取り扱いに注意を要する

特別管理産業廃棄物 と呼ばれるものがあり、

(とっかん と呼んでいます)


これらを運ぶ収集運搬業も

 産業廃棄物収集運搬業と

 特別管理産業廃棄物収集運搬業 に

分かれています。


うちの事務所でよく扱うのは

建設事業に伴う廃棄物の収集運搬が多く、

だいたい

廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、

ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、がれき類

など

7品目ほどを申請することが多いです。


長くなったので、

許可要件等については、また今度。




人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

                ありがとうございます。

                 (現在 20位)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№167


行政書士開業に向けて(17)

   運 送 業 許 可   その2



運送業のナンバープレートの色について

先日書きましたが、

今日は、その中でも一般貨物自動車運送事業

許可要件について 書いてみます。


運送業の場合の許可要件は

結構 厳しいんですよ。


まず 

営 業 所。


都市計画法、建築基準法、農地法など、

関係法令に抵触しないこと、が条件です。


営業所なんて普段はあまり深刻に考えずに

不動産屋へ行って、

事務所として使いたいんだけど、と言って借りますよね。

ところが、

都市計画法においては、用途地域の建築制限 

というのがあり

建築物の用途(使用目的)を制限しているので、

これにひっかかると 関係法令に抵触している ことに

なってしまうのです。


具体的には

営業所を置く場所が

商業地域工業地域であればいいですが、

(駅前のビルなどは たいてい商業地域です)

住居地域の場合には、

床面積に気をつけなければなりません。


また

第一種低層住居専用地域

だと 完全に  × です。

俗に我々の仲間では 「1低層に気をつけろ」 

言っています。


不動産屋さんは、都計法などには無頓着に

建物の所有者がOKなら、

「いいですよ。事務所にできますよ」 と言うので

運送事業の社長さんは、いいんだと思って

申請できない場所を借りてしまうことがあります。


でも、

実際には

許可申請をすると 

申請先の運輸支局から 本局の運輸局へ書類が回り

本局から申請地の市町村へ 都計法の照会 があります。

ここでひっかかってしまっては アウト です。

なので、事前に 十分調査しておく必要があるのです。


私の場合は、

事前に、

申請予定であることを市町村の担当課へ知らせておき

照会がきても大丈夫なように 打ち合せしておきます。


建築基準法 も要注意です。

建築基準法上の建物、とは、

建築確認を要する建物のことをいいますから、

プレハブなど 基礎工事なく簡易に設置できるものは

建物とは言いません。

建物と認められないところを営業所として申請することは

できないのです。


耕作してない農地を安く借りて、

そこにプレハブの営業所を設置して

営業所とする、なんてことは

農地法にも抵触し、建築基準法にも抵触 するので

 × なのです。


(市街化調整区域の土地は安いので、

 ときどき、こういう発想を相談されますが、

 残念ながら、駄目です。)



実務上、これに関係する書類は、

『関係法令に抵触しないことを宣誓します』

と書いただけの

誓約書 ぺら1枚なのですが、

行政書士事務所として仕事を受けた場合には

きちんと調査をして事実を確認し、その1枚を作成します。

たかが1枚の書類だけど、中身は濃いんです。


もちろん賃貸借契約書の写しや

建物謄本の写しを添付し、

営業所図面を作成します。



さて

次は 車 庫。


営業所に併設されている場合は問題ないですが、

併設されていない場合には

営業所からの距離に制限があります。

埼玉だと 10キロ以内 と定められています。

車両を収容するに十分な面積が

確保されていることが条件です。

 

車庫の前の 道路の幅員 が車両制限令

適合すること、も条件です。


この車両制限令も くせもので、

たかが道路幅員、されど道路幅員、で

いろいろなケースに遭遇します。



その次は、車両。


最低車両台数 は 5 台 以上。

許可申請するには

5台以上のトラックを確保しなければなりません。


新規に申請する会社が

はじめから

大きなトラックを5台以上保有していることは

滅多にないので

その場合には

よその会社から車を譲り受けることを約した書面をつけたり

リース予約契約書をつけたり、

または、小型の中古トラックを用意したりすることがあります。

とりあえずいろんな形で5両を準備し、

許可後に増車や代替をしたりすることは よくあります。


その次は

資 金 計 画。


運送事業開始に要する資金計画を

事細かに記載し、

自己資金が、

その資金計画の50%以上なくては許可がおりません。

なので、

この事業を始めるにあたっては、法人の資本金の額を

この申請を見越して設定しておくことが大事です。

そうでなければ、増資をしなくてはならなくなります。

車両費や人権費、施設維持費 のかかる事業なので

収支計画の数字調整には、結構 神経を使います。



運行管理体制

運行管理者や整備管理者などを確保し、

(資格要件があります)

適切な運行管理体制を計画し、書面に記載します。



その他

休憩・睡眠施設の設置だとか

損害賠償能力を有すること

とか、

まだまだ 細かい許可条件がいくつもありますが、

おおむね、

一般貨物運送事業の許可要件で気をつけるポイントは

こんな感じです。


私の体験では、

4トンの冷凍冷蔵車を 割賦で購入してしまった後で

つまりまだ割賦代金が残っている段階で

許可申請のご依頼をいただき

資金計画の自己資金比率をクリアするのに

冷や汗をかいたことがあります。

(トラックって、1台900万円もするんですよ~)

もちろん、このケースでは増資をかけました。


※注 トラックの値段は、総重量や装備などによって

     さまざまです。

     ダンプも2000万円以上しますが、

     これも、さまざま。

     とにかく車両って高い~って思います。



長くなってしまったので、今日はここまで。



↓ サフィニアの花が満開。




人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

                ありがとうございます。

                 (現在 22位)



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

№165 運送業許可


行政書士開業に向けて(16)

  運 送 業 許 可


自家用自動車のナンバープレートの色は

軽自動車は 黄 色。

 

でも

巷には、緑 色 のトラックも

 軽自動車も

たくさん走っています。

バスのナンバープレート  緑 色。

タクシーも 緑 色。


これらは事業用車両のナンバープレートの色です。



緑色のは、俗に青ナンバーと呼ばれ


(緑色の信号を青信号と呼ぶのと一緒ですね。

 なぜかあの色を青と呼びます)


トラックの場合は、

一般貨物自動車運送事業許可 を得ている会社の

事業用トラックです。


黒いのは

赤帽などでおなじみの

貨物軽自動車運送事業 の届出をしている会社の

事業用軽自動車です。


バスやタクシーの緑色は

乗用旅客自動車運送事業 貨物ではなく旅客の運送)。


霊柩車も 緑 色。

死体は、旅客ではなく貨物扱い ですね。

分類としては、貨物運送事業 になります。


こういった青ナンバー等の車両は

車検証に 事業用 と記載されます。


自社の荷物や人を運ぶだけだったら

白いナンバーでOK。自家用です。


事業用というのは

運 送 事 業 用 ということで


他人の 需要に応じ

有償で

自動車を使用して

運送する事業 のことです。


運送会社が車両を購入したら

自動的に青ナンバーになるわけではなく、


ちゃんと

貨物自動車運送事業 や

貨物軽自動車運送事業 や

乗用旅客自動車運送事業 や

貸切旅客自動車運送事業 などの

許可を得て


はじめて

車両に営業ナンバー (緑色や黒色) を

つけることができるのです。


その営業許可を申請する仕事や

(管轄運輸局へ、運輸支局を通じて申請します)

その後のフォローの仕事が

行政書士の仕事です。


具体的な話は また今度。




ちょっとおまけの話 合格


韓国では、自家用は緑色。事業用は黄色

昨年、

行政書士仲間と物流視察の研修に行ったとき、

日本とはナンバープレートの色が反対なので、

妙な感じがしました。

そうそう

韓国の行政書士は 行 政 士 といいます。

大韓行政士中央会(日本での日行連みたいなの)の

会長や常任理事の方たちと

お食事をしました。

書類を作るのは大変だという話で盛り上がり

面白かったです。





人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

ありがとうございます。

                 (現在 25位)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№162


行政書士開業に向けて (15)

   建 設 業 許 可 申 請



今日は建設業の話。


建設業と一口に言っても

建設にはさまざまな工程があり、

それぞれに関わる専門工事の業種があります。


その数 ざっと28業種。


土木工事、建築一式工事、大工工事

電気工事、管工事、塗装工事、屋根工事

内装仕上工事 等々。


土木工事と 建築一式工事は

元請で工事を請け負う総合的な建設工事。

(必ず元請でなければなりません)


それ以外は、土木工事や建築工事の中で

下請けで業を請負う工事です。

(元請けで受けても勿論OKです)



許可要件としての主なものは、


 ①経営業務の管理責任者を置くこと


 ②専任の技術者を置くこと


があります。


他にもいろいろありますが、

まずは、この要件を満たさずには

この許可を申請することができません。


この許可要件を満たしているかどうか

の判断を

事業者自らが行うことは結構大変です。

何度も県庁や都庁に通って

相談することになります。


なので、建設業許可を取りたいと

思ったら、まず、

私たち行政書士に相談してくれるのが

一番です。


経営業務の管理責任者とは

 許可を受けようとする建設業に関し、

 5年以上の管理責任者としての経験を有する者

 又は、

 許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、

 7年以上の管理責任者としての経験を有する者

等、と規定されています。


建設業事業者で役員を経験していた者

独立して事業を起こした場合や

自営業者の代表として長くやってきていた者

申請する場合は

すんなり要件にあてはまりますが、


役員ではなかった人が独立して事業を起こした場合や

自営業を始めてまだ年数が浅い人などは

なかなか

許可要件を満たすことはできません。


例えばインテリア○○という法人を作って

これから内装工事業を始めるから

内装工事の許可をとりたい、

と思っても、そう簡単に

許可がとれるわけではないのです。


また、

前の会社で役員だったよ

と言っても

それを役員の閉鎖謄本で立証するので

だいたい5年ぐらい、なんて言っても

謄本で確認してみれば、

5年しっかり経過してない場合もあります。

また、その常勤性を見るために

前の会社での社会保険の加入期間をみる

社会保険の期間照合をかけたりもします。


いろいろ調査して

立証書類も整えて

はじめて 要件を満たしているかどうかの

判断ができます。


専任技術者にしても然り。

土木施工管理技士2級を持っていれば

土木工事業の専任技術者 になれますが

なければ

10年以上の実務を立証しなくてはなりません。


この場合は、10年分の工事を

過去の請求書などで立証し、

その現場に関わっていたという事業主の印鑑をもらいます。

手続的にはそうですが、

現実的には、

タンカを切って前の会社を辞めていた日には

こういった書類はまず揃えられません。


なので、

建設業許可申請の仕事は

書類を書く前の調査や判断が、

行政書士の大事な仕事となります。


依頼者が

許可要件を満たしているかどうか

その立証書類が全て整えられるか、を調査し、

どういう段取りで申請するか、を判断し、

スピーディに許可申請にまでもっていくこと、

それが仕事なのです。


許可要件を満たしていない場合は

許可要件を満たすにはどうしたらよいか、

いくつもの提案をします。



大雑把な説明ですが、

こういったことが

行政書士の


建設業許可申請の仕事です。




人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

                ありがとうございます。

                 (現在 19位)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№157


行政書士開業に向けて(14)

   宅建業免許申請 その2

  

宅建業を始めるに なぜ

営業保証金を

国の「供託所」に供託しなければならないか。

    供託=預けること


不動産取引は

取引によって事故が生じた場合

その弁済額が高額になることが多いので、

この業を始めるにあたっては

債務についての弁済額を

一定範囲で担保しておく必要がある

からです。


ただ

現実的には

新規に事業を始めるだけでもお金がかかるのに

わざわざ1000万円 を供託するのは大変。


なので

一般的には

建設大臣指定の保証協会に入ります。


保証協会に加入すれば、供託の必要はなくなります。

保証協会が

債務の弁済等の業務を保証してくれます。


この保証協会には直接入会することはできないので


全宅連 (全国宅地建物取引業協会連合会)

全 日  (全日本不動産協会)

などへの社団法人への

加入手続きを経て加入することになります。


この加入手続きに必要な金額が

保証金も含めておよそ160万円。

なあ~んだ、ですね。

昨日は

思わせぶりに書いてすみませんでした)


専業で不動産業を営もうという方は

よくご存じのことなのですが


本業が建設業で、

造成工事などで会社が大きくなってくると

土地の仕入れや販売をも含めての土地造成にしようと

不動産事業部 を立ち上げることがよくあります。

そんな会社へは

全宅連や全日など、それぞれの社団法人の特徴

どういった加盟会社があるか、などの情報も含めて

このシステムの説明をすることになります。


また

全宅連に加入する場合には

入会予定の支部に在籍する地区理事2名の推薦

が必要となるので

事前に新規加入のお客さまを

地区理事さんにご紹介しておき

推薦していただけるよう話をつけておきます。

そして

免許通知のハガキが届いたら

すぐに 推薦印 をもらいに行き、

支部の 入会審査(面接) を受けます

本部へ書類が送達されて

晴れて

宅建免許証が交付され

営 業 開 始 というわけです。

このステップを 段取りよく進めていく必要があります。


この

地区理事さんからの推薦をもらうという仕事が

行政書士としての人脈を使っての仕事となるので

大事です。


はじめてのときは

地区理事さんをひとりとして知らず、 ← 不 安~

でも、

地区の支部長さんをたまたま存じあげていたので

思い切ってお願いにいき    ← すごく勇気がいりました。

理事さんを紹介していただき

スムーズに事が運びました。 ← やれやれ


これが

行政書士の 宅 建 業 の仕事です。







人気blogランキングへブログランキングに挑戦中

                ぽちっと

                応援クリックお願いします♪

(現在 20位)

                 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№156


行政書士開業に向けて (13)

   宅 建 業 免 許 申 請



宅建業を始めるには

宅地建物取引業の免許 が必要です。


宅地建物取引業とは

不動産の売買、交換、賃借などの

代理や媒介を

業として継続的に行う事業です。

早い話が

不動産屋さん です。


不動産業を始めるときに

必要な手続が 宅地建物取引業免許申請 です。


要件は

 独立した形態の事務所であること

 専任の取引主任者が常勤でいること


 (取引主任者とは)

宅建取引主任者の資格試験に合格し

都道府県に登録し、

取引主任者証を持っている人のことです。

宅建と聞くと、こっちを思い浮かべる人の方が多いですね。


要件を満たしていれば

申請書を作成し、

添付書類を収集して、免許申請を行います。


ただし!


この事業は免許申請が通るだけでは

営業開始 できません。


審査が無事通ると

免許通知のハガキが届きますが

通知から 3ヶ月以内に

1000万円の営業保証金 を

都道府県に供託しなければなりません。


さあ、ここからが

行政書士の本当の仕事です。


免許申請の手続をするのは 行政書士の当然の仕事。

お客さまに喜んでいただくためには

この 1000万円の供託をせずに

およそ160万円程度で

営業開始にまで持っていくための手続をします。


続きは

また明日。



人気blogランキングへぽちっと

                応援クリックお願いします♪

現在、20位 あたりをウロウロ。

                この順位、結構

ブログ更新の励みになります。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№154


     行政書士開業に向けて(12)


初めての仕事はどこから来たか



仕事を始めたとき、

一体、仕事はどこから来るんだろう、と

思ってました。


開業してみたら、

こんな感じで仕事がやってきました。



はじめての建設業

 友人生保営業レディを紹介してくれて

 その生保の方が自分の顧客を紹介してくれた。


はじめての会社設立

 同期の新人仲間からの紹介。

 (彼女が受託した仕事でしたが、急に仕事ができなくなり、

  その仕事を引き継ぐことになった)


はじめての運送業

 事務所を改築したときの設計士さんが、司法書士さんを

 紹介してくれて、その司法書士さんが顧客を紹介してくれた。


はじめての産業廃棄物収集運搬業

 司法書士さんが、FP(ファイナンシャル・プランナー)を

 紹介してくれて、その彼が自分の顧客の損保会社を紹介

 してくれて、その損保会社が、自分の顧客を紹介してくれた。


はじめての宅建業

 社会保険労務士さんが、自分のお客さんを紹介してくれた。


はじめての農地転用許可

 先輩の行政書士の先生が、司法書士さん、調査士さんを

 紹介してくれて、その仕事の輪の中に加えてもらった。

                              等々・・・・・



我々の仕事というのは、タイミングに左右されます。


お客さまが

   会社を設立したい

   許可をとりたい

そう思ったときに出会う必要があります。


その絶妙なタイミングの時に

「あ、そういえばアイツがいたな」 と

  思い出してもらえるよう

  紹介してもらえるよう


人の輪をつなげていく努力が必要です。


紹介者に恥をかかせちゃいけない、

紹介してよかった、と喜んでもらえなくちゃ、

張り切ったものです。

紹介してくれた方には、今でも本当に感謝してます。


その後は、紹介の連鎖で仕事が続いていきました。



人気blogランキングへぽちっと

                応援クリックお願いします♪


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

№151


行政書士開業に向けて (11)


    はじめての風俗営業許可申請 



会社設立、各種許認可申請、相続 等々

行政書士の仕事は多岐にわたります。

そのひとつに風俗営業許可申請 という仕事があります。

今日はこの仕事について書きたくなったので、書きます。


新人仲間と電車の中で仕事の話をしていて

うっかり

「今度、私、風俗の仕事することになったの」と

言ったら

隣に座っていた中年女性の方の気配が

さ~と変わったのを

感じました。


そうですよね。

びっくりしますよね。


行政書士のいう風俗営業の仕事というのは

パチンコ屋さん、マージャン屋さん、

社交飲食店業 などを

開業するときに必要な許可申請のことです。


風営法という法律があり

(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)

その法律の定めるところにより

該当する業態の営業をする場合には

所轄の警察を通して

都道府県の公安委員会に許可申請をし

許可がおりると 営業開始 となります。


いわゆる “風俗” は、

法律的には 性風俗関連特殊営業 と呼ばれ

これはこれで 又、別の届出等の手続が必要になります。


わたしたちが仕事で使う言葉と

世間一般で使われている言葉とは

ちょっと違っているのです。


仕事の内容は


まず、予定営業所(店舗)が

都市計画法や建築基準法に適合しているかどうか

定められた範囲内に

保護施設 (学校や入床施設のある病院等)がないかどうか

等を調査し


大丈夫となったら

営業所の測量に入ります。


営業所の中を

客室、厨房、その他 に分け

申請図面を作成するのに必要な要所要所を

レーザーで測っていきます。

面積から除外する部分もきっちり測ります。


椅子やテーブル等も

その高さ、奥行き、幅などを測ります。


照明器具や音響施設など

設備関係のものも全て

図面にその配置をいれ

その種類、型番、台数などの詳細を別紙で作成します。


とにかく

この仕事は図面が命。 


許可申請をした後に

申請どおりの店舗になっているかどうか

都道府県の風俗環境浄化協会という組織から

審査員がやってきます。


客室の図面が数センチ違うだの、

照明の位置がずれてるだの

ちょっとでも違うと細かい修正を求めてくるので

神経質にならざるを得ません。

(数字の修正があると

 営業所面積の計算のやり直しとなり

 大変なのです)


照明については

照度計を使って、照度が基準値になるよう確認します。

自由に照度を変えられるスライダックス(調光器)は

不可。

明るさが固定できるようにオンオフのスイッチでないと

審査は通りません。


防音や 防火、防災についても

壁や床の構造を調査し

カーペット等の素材が防火用のものであるかなど

確認し

消防法に抵触していないかどうか

非常口、消火器の設置などを書類におとします。


図面ができあがれば

営業方法や (料金の表示方法やメニューなど)

従業員に関する書類を作っていきます。


申請書が完成すると

所轄の警察署の生活安全課に提出し


そして立会い審査を受け


ようやく許可証と 許可事業者用のステッカーが

交付されます。

(店舗入口にステッカーの貼っていない所は

 無許可営業です)


これが


行政書士の 「風 俗」(の仕事) です。


わたしは

レーザーも 照度計も 先輩事務所から借り

CADもできなかったので 先輩事務所へ作成を依頼し

調査と 測量と 申請書作成で

手一杯でした。


それでも

無事に許可がおりたときは

とぉ~っても、嬉しかったです。


わたしの

「風 俗 デビュー」

それは、2号営業 社交飲食店 でした。




↑ 牡丹の花が咲きました。

   大輪で あでやか。

   時期がくれば 花開く。

   その不思議さ、美しさ。



人気blogランキングへぽちっと

                応援クリックお願いします♪


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

№150


行政書士開業に向けて(10)

雑 誌 の 取 材



開業して

はじめてづくしの仕事を

冷や汗かきかき

夢中でやっていたある日


雑誌の取材がきました。




↓ 仕事の教室

     創刊5周年記念号

     テーマ 狙い目の資格




↓ 中は こんな感じ




開業して 元気にやってる人がいる、と聞いたので

取材したいのですが・・・

という電話が入り


事務所に


大きなカメラを持った取材記者の方が

やってきました。


ドキドキしながら


『 まだ駆け出しで

  実務経験を積んでいる最中です。

 夢中でやってます 』


と話しました。



そしたら、何と!!!


『 独立開業を実現。


 積極的に人脈を築いて


 仕事も順調です! 』


というタイトルで掲載されました。

上の写真のとおりです。


どっひゃ~。  目


仕事に慣れないこの頃は

  何を見てもびっくり、

  何を体験しても心臓が破裂寸前

の毎日でしたが、


この取材体験でも

思いもかけないこのタイトルに

やっぱり、腰を抜かしました!!


(確かに写真はわたくしですが

 仕事も順調です、なんて 一体 誰のことだよ~)





人気blogランキングへぽちっと

                応援クリックお願いします♪


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。