行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

№2008

 

鈴木清順監督がお亡くなりになりました。

 

若き日に見た「ツィゴイネルワイゼン」の映画の衝撃は今でも忘れられません。

強烈な映像でした。

 

内田百閒の作品です。

 

そう、

内田百閒。

そして鈴木清順監督。

 

「ツィゴイネルワイゼン」の作中のさまざまな映像が

おりが積もるように、胸の奥深くに残っていたことを思い出しました。

 

妙なシーンが強烈に残っています。

 大谷直子さんとこんにゃく。

 大楠道代さんと目の玉。

 樹木希林さんと鏡。

 

なんと説明してよいのか、

非常に幻想的で、かつ生々しいエロチシズムを表現したシーンでした。

 

大谷直子さんが、料理の下準備としてこんにゃくを指でちぎるシーン。

味がよくしみるように包丁を使わず指でちぎるのは、日常ではよくありますが、

映画のシーンでは、延々と続く止まらないその指の動きが、

般若のような女性の悋気、狂気を表していたように覚えています。

 

 

大楠道代さんが、原田芳雄さんの白目の部分を舐めるシーンも強烈で、

退廃的な香り漂うモガ(モダンガール)の美しい大楠さんが、

大正ロマン風の着物の衿をはだけて、舌を出し、

男の目に入ったちりを舐めとる。眼球を舐める、そんな衝撃的なシーンでした。

 

樹木希林さんも。

 

サラサーテのバイオリンの物悲しい曲。

 

若かりし頃に見た映画で、ストーリーなどすっかり忘れてしまい

部分部分の映像だけしか覚えていませんが、

とても衝撃的な映像の数々だったので、個々のシーンを鮮やかに記憶しています。

今見たら、違った感じ方をするのでしょうか。

 

藤田敏八さん、原田芳雄さんといった個性的な俳優さんの存在感も

この映画に欠かせないものだったと思います。

 

生と死。

幻想と現実のはざま。

そこに何かを感知する、そんな映画だったのかな。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

※久しぶりにブログを書きました。

ご無沙汰しております皆様、

今年も花粉症が始まりましたが、元気にしております (^_^)/

 

 

↓ 秩父32番札所 般若山法性寺  先日 納経してきました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。