行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

№2004

 

Namaste !  (ナマステ:こんにちは)

 

(Entrance of The City Palace, Jaipur) ジャイプールのシティ・パレスの門にて

 

 

北インド旅行の続きを書きます。

 

ムガール帝国時代に建てらてたタージ・マハルやアーグラ城など、

代表的な世界遺産の建築物を鑑賞したあと、

ラジャスタン州の州都、ジャイプールという街へ車で移動しました。

 

移動中に見た光景。

車窓から。

 

 

途中、

アバネリ村というところで、階段井戸(チャンドバオリ)も見学しました。

 

深さ30mの井戸なのですが、底まで3500の階段。

 

入口に女性がいて、

手に小皿を持ち、皿の中の赤い色を、

指の先で、男女の別なく入場者の額にちょん、とつけていました。

私も主人もガイドさんもつけてもらいました。

 

厄除けというか、お清め。

ヒンズーの儀式だそうです。

 

ちなみにインドは、80%弱がヒンズー教徒、

イスラム教徒14%

キリスト教徒2%

シーク教徒1.7%

他 仏教徒、ジャイナ教徒。

 

階段が幾何学模様のように見える、不思議な階段井戸。

 

ジャイプールでは、

ジャンタル・マンタル天文台を見学。

 

巨大な日時計、星座儀など。

さまざまな観測装置が巨大な石の建造物でできていました。

 

 

 

 

旗の翻っている部分がマハラジャ(王族)が現在も暮らしている住居です。

 

手前のピンクの建物は、博物館として公開されている宮殿の一部です。

 

ガンジス河の水を入れてイギリスに贈った世界一大きな銀の壺、などが

展示されていたりしました。

 

 

王宮の入口。

 

 

 

 

 

 

この建築物は、風の宮殿ハワー・マハル。Hawa mahal.

 

たくさんの小窓があります。

 

小窓の向こう側から、宮廷の女性たちが、

王様のパレードやお祭りなど 見学したのだそうです。

 

小窓の向こうの彼女たちの姿を、こちら側からは見ることはできない、という構造。

 

 

 

 

丘の上のアンベール城へ。

 

丘の上まで城壁が続いています。 

 

ふもとからアンベール城まで、象のタクシーに乗りました。

 

象使いの少年が象の頭の部分にまたがり、

観光客は、パイプのついた椅子に横向きに座ります。

 

ゆらりゆらり揺れるので、しっかりパイプを握ってないとずり落ちそうになります。

 

象は、ゆっくりと坂道を登ってくれました。

 

実は、初体験でしたので、Elephant Riding を楽しんでしまいましたが、

帰国後、インドについて興味が増し、いろんな資料を読んでいたところ

 

象の習性上、過酷な調教をして初めて、

このように象が従順になることを知りました。

 

観光産業の目玉としての象タクシーは、観光地に欠かせないものなのかもしれません。

また、実際、古代からマハラジャたちは象を乗り物として利用してきたわけですが、

 

知ってみると、とても心が痛む話です。

 

 

 

 

 

 

アンベール城は16世紀に建てられ、

17世紀に現在の形になったといわれています。

当時勢力を誇ったムガール帝国のイスラム様式と、地元の伝統様式が融合した美しい城。

 

中は、栄華をきわめた当時がしのばれる豪勢な造りで、

天井や壁の象嵌細工が大変に繊細でした。

 

中庭に野生の猿がたくさんいたので驚きました。

 

 

さて、この後は、今度はインドの首都デリーのフマユーン廟。

 

アグラのタージ・マハルの原型となった霊廟です。

左右対称の赤砂岩と大理石の美しいお墓でした。

 

 

 

建物には六芒星が見えますが、ユダヤ教ではなく、

中央に蓮の花が飾られているヒンズー教のしるしなのだそうです。

 

 

こちらはクトゥブミナール Qutub Minar。

インド最大の大きな大きな塔(ミナレット)です。

 

家族連れ、恋人同士、たくさんの人がこの場所を訪れていました。

インド女性の服の色は鮮やかでとても素敵。

 

番外編写真を何枚か並べておきます。

 

アンベール城のガネ―シャ門に描かれていたガネ―シャ。

 

インドの神様の話をしたいところですが、長くなってしまうのでやめておきます。

ヒンズー教徒の圧倒的な信仰心を得ている、象の顔を持つ神様ガネ―シャ。

ネズミと仲良しで、フルーツが大好き。

 

幸運と商売の神様です。

 

小さなガネ―シャを、埼玉の我が家へお連れしました(笑)

 

インディラ ガンディー国際空港。出国ゲート。

 

   

北インドのアグラ、ジャイプール、ニューデリーの3都市を回る旅。

 

ほんの5日ばかりの旅では何もわかりません。

 

でも、たくさんのことを感じました。

ガイドさんにも運転手さんにも大層お世話になりました。

 

インドはとてもとても不思議なところでした。

 

ブログにはうまく書けませんでしたが、強烈なショックを受けました。

何にそれほど衝撃を受けたのか、ゆっくり考えたいと思います。

 

そして次は、

機会があれば、

ガンガー(ガンジス河)や

ムンバイ(インド最大の都市)へも 足を運んでみたいかも。

 

Namaste ~ (さようなら)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

№2003

 

 

Went to India !

I was deeply impresssed with this country.  No words can describe how I feel now.  

Something very great, I don't know actually what it is,  might have hit me hard,

and now, it still remains within me.

 

Anyway, please enjoy my photos taken in New Dehli, Agra and Jaipur.

 

インドへ行ってきました。

 

 

日本からは、ニューデリーへの直行便があります。約9時間のフライト。

 

日本もむしむしと暑いこの時期に、

わざわざ雨季の最中の灼熱インドへ行くとは・・・。

 

ドキドキとわけのわからない興奮と不安を胸に

インド初心者の私。

成田を飛び立ち・・・・ました。

 

たくさん写真を撮ってきました。

ちょっと長くなりますが、よろしければご覧ください。

 

結論から書いておきます。

壮絶な国でした。

 

正直、

脳みそに一発 何事かを食らった気分です。

もやもやと、すっきりしないカルチャーショックが帰国後の今もずっと続いています。

 

当たり前と思ってきたことを当たり前とは思わなくなる体験、というのでしょうか。

息をして、眠り、歩く、ということを改めて意識するようになったといえばいいのでしょうか。

食べること、話すこと、猥雑さと純粋さ。信仰と懺悔。情熱と怠惰。

 

カオス。

 

生命。

 

なんと表現していいかわかりません。

 

とりあえず写真をアップします。

 

ニューデリーのインド門。

 

 

ニューデリーからアグラへ向かって高速道路を走っているときに見えた看板

 

 

アグラ到着。

馬車。サリーを着た女性たち。

 

この赤砂岩の入口の門をくぐると・・・

 

奥に見えるのが白亜の

 

の前に入場券。チケット売り場です。

 

そして、

 

待望の

 

TAJ MAHAL タージ・マハル

 

 

白大理石の美しい霊廟です。

 

ムガル帝国皇帝シャー・ジャハンが、愛妃ムムターズ・マハルのために建設した墓廟。

総大理石の荘厳なお墓です。

いくら眺めてもあきないほど、きれいなシルエット。

白い建築物というのは圧巻です。

 

でも

 

 

モンスーンの時期です。

あっという間に空は雨雲に覆われ、激しいスコールに見舞われました。

 

ほら。

 

 

庇のあるところで大勢の人と一緒に雨宿りしながら、

雨にけぶるタージ・マハルを見ていました。

ここから写真を撮るといいよ、と庇が額縁のように写る角度を教えていただきました。

 

やがてスコールはやみ、再び、白亜の姿が現れました。

 

この建物を建てたシャー・ジャハンは、自分の墓を、

川をはさんで対岸の岸辺に、

この廟と向き合うように黒大理石で建築しようとしたのですが、

息子によってアーグラ城に幽閉され、黒大理石の夢はかなわず、

死ぬまで城から出られませんでした。

 

アーグラ城からは、遠くに荘厳なタージ・マハルが美しく見え、

その姿を眺めながら皇帝は生涯を閉じたといいます。

 

アーグラ城から。対岸に見えるタ―ジ・マハル。

 

皇帝の幽閉されたアーグラ城は、夏を涼しく過ごせるよう屋内に小さな池があります。

 

とてもきれいな装飾が壁一面にほどこされていました。

 

 

 

柱も素晴らしく、

宝石が盗まれて、色がとびとびになっていましたが、

粋をきわめた美しい建物でした。

 

 

 

 

 庭園を歩く観光客たち。

 

 

 

仲良くなったインド人一家のお穣さんたち。

なんだか偶然にいつも一緒になり、親しげに声をかけてくれました。

右後ろにおばさん、お母さん、おばあさん、とにぎやかな女系家族でした。

 

 

 

 

 

 

シャー・ジャハン皇帝が黒大理石の霊廟を建築しようとしたところは、

今はマターブ・バーグという英国式のきれいな庭園になっています。

 

ヤムナ川をはさんで、タージ・マハルの裏側を眺めることができます。

知らない人が

座って対岸を眺めていましたが、裏側から見ても美しい霊廟です。

 

 

 

牛がいました。野良牛。

 

インドでは、のら犬だけではなく、のら牛、のらヤギ、のらイノシシをよく見かけました。

 

ヒンズー教では、

牛は神様のお遣い(乗り物らしい)ということで、

道路の真ん中に寝ていようが、誰も追い払ったりしません。

 

 

 

黒と白のボーダーは道路の塀です。

道路上に牛が堂々と休んでいるので、車は彼らを避けて走ります。

 

車の中から窓越しに写しました。びっくりするような光景で始めは驚きましたが、

やがて慣れて、あちこちに牛を見ても驚かなくなりました。

 

 

リクシャー(黄色と緑いろのオート三輪)、バン、バイクにまじって象も!

 

 

 

 

 

 

 

スクールバスの中に女の子たち、屋根の上や外につかまっている男子生徒たち。

みな、きゃっきゃっと元気で、ナマステ~と挨拶すると、わーわー返事してくれました。

危険きわまりない乗り方ですが、彼らはへいちゃらの様でした。

 

だいたい、バイクに3人4人、5人乗りをしていましたし、

ウィンカー出さずにプップー、プップー、クラクション鳴らしながら追い越しをかけるのです。

 

ものすごい騒音と埃の中、ごちゃごちゃと走っていました。

 

 

右がドライバーの ジョグさん。愛称はジョギーさん。

シーク教徒なので、髪を切ってはいけないのだそうです。

ターバンを頭に巻き、あごひげをたくわえています。

 

左がヒンズー教徒のランジットさん。

牛を食べてはいけないのに日本へ来たとき牛を食べたので、

帰国後ガンジス河で清めてもらったとか。

日本のステーキはおいしかったと言っていました(笑)

 

実は、個人旅行は危険だからツアーに参加するようにと言われて参加したツアー。

インディラ・ガンディー国際空港に到着してみると、なんとツアー参加者は夫と私のふたり。

 

ガイドのランジットさんにそう聞かされ、びっくり仰天しました。

バスツアーだと思っていたのに・・・。

結局、

ジョグさんの運転、ランジットさんのガイドで、

ニューデリー、アグラ、ジャイプールと4人で、古い型のトヨタ車で旅をすることになりました。

 

 

 

レストランの給仕さんが、面白がって自分の帽子(?)ターバン(?)を私の頭に乗せたので

なますて~(ありがとう)しているところ。

 

とても長い長い布を巻いて作るのだそうです。ターバンって。

 

 

 

 

このレストランではカレーをいただいたのですが、

パンを焼くのを見せてくれるというのでそばに寄っていったら、「やってみる?」

 

 

 

 

こねてのばしたパン生地を、タンドールという窯の側面に貼りつけて焼きます。

 

 

 

まだまだたくさん写真があります。が、とても長くなりましたので

続きはまた後で。

 

 

ナマステ(さよなら~)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。