行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:
№1927

2013年、どんな年だったでしょうか?

私にとっては、
ボストンマラソン爆破事件が、一生忘れられない事件となりました。

レッド・ソックスのワールドシリーズ優勝
オバマ大統領2期目のスタート
フィリピンの台風、ローマ新法王の誕生、東京オリンピック招致
J・Fケネディ50周年記念
マンデラ元大統領の死去 シリアの騒乱・・・・いろいろありました。
個人的には、
昨年に引き続き、多くの出会いを体験した年でした。
本当にありがたいことです。素晴らしい方たちとの出会いに心から感謝いたします。

日本からも
メール、フェイスブックやお手紙等々で、励まし続けてくださった多くの方々に
心から感謝申し上げます。
時折いただくメール、メッセージ、その一文字ひと文字に、どんなにか心躍り 嬉しかったことでしょう。
ありがとうございます。

皆様の来る2014年が 良き年になりますようお祈り申し上げます。

これからアイスランドへ出発します。
レイキャビークで年越しをしてきまーす。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします!



(ハーバード大学 雪の日のキャンパス)











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1926

夕方5時のパークストリート・チャーチ。




金色の屋根の州議事堂。





ボストン・コモンのクリスマスツリー。 





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1925

先日、久方ぶりの着付け教室でした。

義姉が染めた帯を使って、練習しました。
お着物も2枚、これに合わせて、姉から譲ってもらったもので練習しました。
この帯をちゃんと美しく結べるようになりたいと思っています。
姉からもらった着物を、ひとりで着られるようになりたいと思っています。

型染が趣味だった義姉の形見。
ボストンへ持ってきて、手に触れていたら、何だか一緒にいるような気がしました。
50肩で、左腕が上がりづらくなっている私の肩に、
手をそっと置いてくれているような気がしました (笑)













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1924

ケンブリッジに住む友人が、すてきな tea party を開催してくれました。

帰り道、とっぷりと日も暮れた雪のコモンパーク。
ハーバードのロースクールの向かい側にある小さな公園ですが、
一面の雪景色の中、きらきらとライトアップされ、きれいでした。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1923

日本でおなじみの焼肉屋さんの『牛角』
ボストンにもあります。
Gyu-Kaku Boston。

薄切り肉を網で焼く、というあの日本式の焼き肉を食べることができます。

店内の内装も日本にいるかのような感じがします。

たっぷり焼き肉をいただき・・・・・
しめのデザートは・・・・

マシュマロでした。







マシュマロをこんがり茶色く色づくまであぶり、
チョコレートの上にのせ、ビスケットではさみ、

とろりと溶けたチョコとマシュマロをいただきます。

焼き肉は日本の味を堪能しましたが、
デザートは、とっても アメリカーンなデザートでした (笑)

牛角へ連れていってくださったHさん、Rくん、ありがとうございました!楽しかったです。

※大分前になりますが、夢を語れ、というラーメン屋さんへも行きました。
ものすごいボリュームにびっくり。二郎系ラーメンでした。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1922


今年のクリスマス・イブ。
お花を持って、ワインを持って、プレゼントも持って、出かけていきました。Dr.J さんのお宅へ。
写真は、家の近くの雑貨屋さんの前で。

とても 楽しいひとときでした。

クリスマスの定番料理は、アメリカでは “ハム” と聞いていたのですが、本当でした。

実際に目で見て納得。

大きな大きな骨付き肉のハムが食卓に登場しました。
まるで木の幹のようなハム (笑)。
切り分けやすいように、ハムには切れ目がいれてあり、
少しナイフを入れるだけで一人分 (といっても、すごく大きいのですが)
すっと、切り取ることができました。

チキンの丸焼きを切り分けるのは、男性の仕事。

ワインをつぐのも男性のお役目。

日本のお正月では、こまごまとした給仕をするのは女性たちの仕事ですが、
こちらでは正反対です。
ふーむ。(いいなぁ) 

生のモミの木を切ったクリスマス・ツリーは天井まで届く高さ。いい香り。
オーナメントがとても綺麗でした。
もちろんツリーの足元には、たくさんのプレゼント。

カソリック教徒なんだそうですが、教会にはいらっしゃらないとのことで、
それで、たっぷり夜遅くまで話し込み、

忘れられない素敵なひとときを過ごさせていただきました。
こんな体験ができて本当にありがたいことでした。感謝・感謝。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1921




近所の、ユダヤ教のシナゴーク。
 
ドームの頂上は こんな形。




窓はダビデの星 五芒星。




私の住む町、ブルックラインには、ユダヤ教寺院がたくさんあります。

々しく ユダヤ教やユダヤ人について語るべきではありませんが、
日本にいると あまり意識しない、この民族や、国家、宗教について
ここに住んでいると、しばしば考えることがあります。

紀元前の 「出エジプト」 に始まる迫害、
十字軍による迫害、
ホロコースト
中東紛争
etc. etc.・・・・・

抑圧された歴史を持ち、世界にちらばる民族でありながら、
しかし、現代において、その影響力は大きく、
非常に優秀な頭脳を持ち (教育に大変力を入れる民族です)、
世界経済の主要な力を握り、
密やかに 政治力も持つ民族です。

日本人というとき、私たちが日本人として頭に思い浮かべる定義と
ユダヤ人、というときの定義は大きく違います。
ユダヤ教を信仰しているか、もしくは母親がユダヤ人、というのがユダヤ人の定義なのです。

12月25日は、クリスマス。アメリカでは国民の休日です。
でも、多くの人種が混在するこの国では、キリスト教以外の宗教にも配慮して、
言葉には大変気を遣います。
キリスト(ジーザス・クライスト)を信仰する人には、『メリー・クリスマス』でも構いませんが、
それ以外の宗教の人、特にユダヤ教の人には この言葉はタブーです。
ユダヤ教と起原を同じくしながら、キリスト教、イスラム教へと枝分かれし、
キリスト教徒はユダヤ教を激しく迫害したからです。
だから、言葉の使い方を誤ると大変失礼になります。
そのため、 「メリー・クリスマス」ではなく、「ハッピー・ホリデーズ)」といいます。

カードを購入するときにも、
相手によっては、
中に印刷されているグリーティングの文章が非礼にあたらないよう気をつけます。

世界は、
多民族、多宗教で構成された、多様な社会であることを あらためて意識します。
互いの宗教的な背景にも、心遣いが必要であることを思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1920

ポマンダーというのでしょうか、クリスマスの典型的なお飾りのひとつとして登場するオレンジ。
クローブがたくさん挿してあって、いい香りがします。



クリスマス・イブの今宵は少し寒さがゆるみました。

夜は、ホームパーティーにお呼ばれしているので、出かける前に、少しだけポルトガル語のおさらい中。
(でも、すぐに忘れてしまうので、役にたたないかも 汗)
もうちょっとしたら、出かけます。

その前に、先日撮った写真を、もう少しだけ載せておこうかな、と思って・・・・。





頭をからだに突っ込み、立って寝ているカモも。










いつも気になる、ボストン・ユニバーシティ・ブリッジのたもとにいるあひる達。

お腹がすいているのか、ガ―ガ―、大きな声で鳴いていました。










凍ったチャールズリバーの真ん中に、海鳥 (カモメ)




カナダ雁が空を舞い、


鳩も舞い、







ボートハウスが 凍った川面に映り、




冬のボストンの町。




Happy Holidays! 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1918

ふくさ寿司を作りました。


イベントに持っていく必要があったので、たーくさん。

本来は三つ葉で結ぶのですが、三つ葉がこちらにはないので、
ネギの一種であるchives を使ったり、
イタリアンパセリの茎の部分をゆでて使ったりしました。

黄色い色を鮮やかに出すコツは、
全卵を3回ぐらい濾します。

中に五目ずしを入れて包むのですが、
薄焼き卵が破けてしまわないように、
水溶き片栗粉を 少しだけ卵液に加えておくというのがコツです。
丈夫になります。

練習して練習して、きれいにできるようになりました (汗)

クレープ用のフライパンを貸してくださったY子さん、ありがとー。
お蔭さまで、うまくいったよ!

ほかにもいろんなお寿司の作り方があることを知りました。知らないことが多く、
貴重な学びの機会を得ました。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。