行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

No.1628 (from BOS228) 130420-512 Sat.


パパン、パンパンパン! パンパンパンパン


激しい銃撃音がニュースで流されました。

一体どんな撃ち合いがあったのか。

裏庭のボートの中に隠れていたという19歳の容疑者がよくも命を失わなかったものです。

身柄を確保され、病院に搬送されていきました。


ボストンの町を恐怖におとしいれた爆弾犯の容疑者とみられる兄は死に、

住宅街へ逃れた弟もこうして捕まりました。


本当に彼らが犯人なのか。なぜ事件を起こしたのか。

詳細はまだわかりませんが、事件は一応収束しました。


容疑者の身柄が確保される前、警察が犯人捜しにやっきになっているとき、町には外出禁止令が出、


通りには人影なく、車も走らず、電車も通らない、そんな不気味な静けさが続いていました。


大学や領事館からは、注意を勧告する関連メールがひっきりなしに続き、

テレビは延々とニュースを続けていました。


そうして、ようやく容疑者の身柄確保。

町は日常を取り戻しました。

全ての音や色が消えたかのようだった世界に、日常生活のざわめきが戻り、店に灯りが戻りました。


私がとてもショックだったのは、

治安のよいとされるボストンでこのような凶悪なテロ事件が起きたこと、

そして

ボストンマラソンという世界規模の平和市民が狙われ、死傷者が出たこと

それに加えて、実は、

クラスメートの何気ない言葉が強烈に胸に突き刺さりました。


「皆はわーわー騒いでいるけれど、私の国では爆撃事件は日常茶飯事よ」


イスラエルから来た級友です。


平和に毎日が過ぎていく、ことがあたりまえでない国があるのです。

なぜ、人と人が殺戮しあうのでしょうか。国や民族が血を流しあうのでしょうか。


アメリカにとってテロ撲滅は正義です。大統領は、その大義を貫くため暗殺指令さえも出します。

一方で、イスラム原理主義では、ジハード(聖戦)が正義。

報復には、報復が繰り返されます。


つくづく思います。

・・・正義の名の元に不正義が行われる悲劇。

・・・平和の名の元に戦争が行われる悲劇。

・・・愛の名の元に排斥が行われる悲劇。


今回の事件をきっかけに、

世界のどこかで、止むことのない銃声音が響いていることをリアルに想像するようになりました。

ボストンでの銃声はやみましたが、

今もどこかで、どこかの国で、激しい銃声が鳴り響いている、と。

悲しいです。


昨夜の時点ではどうなることかと案じていましたが、

今夜は、予定どおり、友人夫妻を招いての食事会。つつがなく終わりました。

平和に穏やかに過ごすひとときが、かけがえなく有難く感じたことでした。


ご心配いただきました方々、平常生活に戻りました。ありがとうございました。

亡くなられた方のご冥福、怪我をされた方のご快復を心よりお祈り申し上げます。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

No.1627 (from BOS227) 130416-508 Tue.


ご心配をおかけしていますが、私は大丈夫です。


ボストン・マラソンのゴール付近で爆破事件が起きました。


午前中、用があって近所の友人の家に行き、

友人一家とアパート前の街道がマラソンコースなので、ちょっと見学して、

それから、

カンバセーションのクラスをさぼって、別の授業の宿題等々を家で自主勉強してたら、


are you safe?  と家族から安否確認のメールが。

what's?

Terrorism at the Boston Marathon !


慌ててテレビをつけると、爆発事件のニュース。

死傷者が出ていました。

コプリー広場が騒然となっていて、負傷したランナーを担架で運んでいる映像が写っていました。

なんてこと・・・


フェースブックでも友人たちの安否を確認するメッセージが飛び交っていたので、

私も、思い浮かぶ友人たちに電話して、声を聞きました。

無事を確認すると、ほっと安心し・・・・。

そして、怪我をした人や、亡くなった子どもがいることを思い、怒りがわいてきました。


・・・・・・


とりいそぎ。

私は無事です。


こんな事件がボストンで、ボストンマラソンで起こるなんて。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ブルックラインのアパート前で撮った写真。

USA Army も重い荷物をしょってマラソンに参加し、歩いてました。

事件の起きる2時間ほど前。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

No.1626 (from BOS226) 130408-500 Mon.


Went Norman Rockwell Museum. So nice !


ボストンから西へ、車で2時間ほど。

バークシャー地方にある、ノーマン・ロックウェル美術館へ行ってきました。


ノーマン・ロックウェルは、

サタデー・イブニング・ポストの表紙を、1916年から1963年まで47年間も飾った画家です。


アメリカの市民生活を、

ユーモアたっぶりに、いきいきと描き、鋭い観察眼と社会風刺、細部に至る精緻な筆遣い。

圧倒されます。油彩画です。


機会があれば、ぜひ、ノーマン・ロックウェルの絵をご覧になってください。

素晴らしい作品がたくさんありました。


美術館内は、写真撮影OKでした。 (フラッシュ不可)。


バークシャー地方は、春まだ浅く、静かな早春の山里の景色。

クリスマスの絵に登場するストック・ブリッジの町は、絵に描かれたそのまんま。

立ち寄ったお店で飲んだスープが、美味しかったです。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


さて、私の近況。


ハーバード・エクステンションスクールは、なかなかに厳しく、

大量の宿題と、苦手なディベートやラウンド・ディスカッションの日々。

プレゼンも、先日、どうにかこうにかこなしました。


加えて、

ボランティアとして参加しているハーバード・ネイバーズの日本文化では

今年度事業最後のイベントとして、着物の着付けを開催することになったため、

着付け教室に通い、時間をみつけてお稽古に励んでいます。(ボストンで着付け教室!)


自分も着物を着、

体型の違う外国の方に、上手に着物を着せてさしあげることができるかどうか・・・・・


昔むかーしに着付けを習ったことはありましたが、

そして、ボストンに付け下げ一式を持ってきましたが、


ほとんど美容院で着つけてもらうことが多かったため、自分ではほとんど帯結びができません。

からだの後ろで自分の手がこんがらかり、腕がひきつりそうになります(笑)

練習していると、汗だくになります(笑)


でも、着物が好きだなぁと、しみじみ。


着物文化は、「包む」文化。

どんな体型でも優しく包みこみ、そして、紐を使って、キュッと〆ます。

めりはりがあって、背筋がしゃんと伸びる感じがいいと思います。


ほんと、着物。好きだなぁ。











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

No.1625 (from BOS225) 130331-492 Sun.


3月31日は、イースター(復活祭)でした。


ボストンの南、海辺のキャッスル・アイランド公園で、ポトラック・ランチ(持ち寄り食事会)。

カラフルなイースターの卵も食卓にのぼりました。


まだ風は冷たかったものの、
ボール投げや、フリスビー、フットボールなどを楽しみ、

私も、

小さなラグビーボールに羽がついている不思議な形のボール(名前、忘れました)で遊びました。

これが、よく飛ぶのです。

ボール投げなど、久しぶり。


アクティビティーの前に、海辺をひとまわりした写真を載せます。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


キャッスル・アイランドは、昔の要塞の跡地。砲台がありました。

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


海岸でみつけた、小さなカニ。

石の裏にたくさん、いました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

明日から4月だわ。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。