行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

No.1607 (from BOS207) 121230-396 Sun.


昨夜、

雪の中を、我が家に お客様がいらっしゃいました。

夜遅くまでおしゃべりをし、素敵な時間を過ごしました。


明けて今朝、

ボストンは一面の雪。

こんな銀世界になっています。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

Longwood mall (ロングウッドモール) 家の近くにある散歩コース。

古いぶなの巨木がたくさんある美しい公園です。


風が吹くと枝が揺れ、

パウダースノーが舞い落ち、きらきらと光に反射して、とてもきれいな景色でした。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


もうひとつの散歩コースも銀世界。

野球場も 池のほとりの遊歩道も みんな真っ白でした。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

斜面を利用して ソリ遊びに興じる人たちの中に、知り合いの家族を発見しました (笑)

やっぱり~

子どもには、この雪は絶好のチャンスですよね。


楽しそうに、スライダー遊びをしていました


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

水温は一体、何度でしょう? 池の端は氷が張っていました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

どうぞ良いお年を。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

No.1606 (from BOS206) 121228-394 Fri.


明け方の今朝の月は、満月でした。

夜明け前の薄墨色の空に、低くこうこうと輝く まん丸い月。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


昨日、今日あたり、仕事納めの方も多いと思いますが、

わたしも、この月を眺めながら、今年1年を振り返ってみたりしました。


今年の私のキーワードというか、目標は 『体験』 でした。

馴染みのない土地で、異なる言語・異なる論理の国々の人たちと出会い、

はらはらドキドキの毎日を送りました。


来年も引き続き 『体験』 していきたいと思います。

加えて「咀嚼」もしてみたいと思っています。


新しいものに出会えば出会うほど

一方で強烈に

日本を、日本の友人たちを、日本の家族を想う不思議さも体験しました。

今の自分が何で出来上がっているかを、改めて考えさせられた日々でもあったのです。


受けてきた教育、

はぐくまれ、また、育んできた家庭環境、

出会ってきた友人・恩師、仕事仲間、

口にしてきた食事

努力してきたこと、さぼってきたこと。


“いま”は、過去の積み重ねであることを、つくづく感じました。


そして、変化変容していく進化の常でしょうか、

collapse (崩壊)していく自分を感じました。


また去年に引き続き、たくさん涙を流しました。


渡米を決めた昨年はいろいろな思いが交錯し、

また仕事から離れることもあって涙が出ましたが、

今年は・・・。

悲しいのでもなく、辛いのでもなく、うれし涙でもなく。

何の涙なのかよくわからないままに、とにかく、一人でいるとき よく泣きました。

泣き虫という虫になって、

うっ積していたものを、内から外へ、せっせと流し出していたかのようです。


さて、

1年間、ブログやフェイスブックを通して応援してくださった方々にお礼を申し上げます。

手紙やカードをくださったり、本を送ってくださったり、

お花等々で励ましてくださった方々にも、お礼申し上げます。

過去に出会い、今ここで出会い、わたしに関わってくださったすべての方に

感謝を申し上げたいと思います。


皆様の2013年が素晴らしき年になりますよう、心からの願いをこめて。

2012年12月28日 松本 明美



※年末年始は、

12月31日より1月3日までフロリダ州マイアミへ。1月5・6日はニューヨークで過ごす予定でおります。 


I'd like to say Thank you to all for your kindness, friedship, and warmhearted help.

Wishing you a very happy new year 2013 full of joy !


Best wishes,

Akemi



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1605 (from BOS205 ) 121226-392 Wed.

25日のアメリカは、クリスマスデーでした。

キリスト教徒にとっては宗教的、
そうでない者にとっては非宗教的な国の祝日です。

祝日の前夜(クリスマス・イーヴ)、
家族が集まってクリスマスディナーをとるのが一般的な過ごし方で、
翌25日は、ほとんどのお店が閉まっています。
日本のお元日みたいな感じの、人通りもまばらな、
しーんと静かな街へ出てみました。


コモンウェルス通り (Commonwealth Ave.) 

市の中心部には、
ケンモアからパブリックガーデンへ、
ニューベリーストリートと平行して延びている大通りがあります。
夜は、並木通りの木々の電飾が鮮やかで、とてもきれいな所です。
通りの両側にはビクトリア朝のタウンハウスが並び、
中央にはコモンウェルス・アベニュー・モールと呼ばれる遊歩道があります。

この遊歩道を25日の朝、散歩してみたら、
赤いサンタ帽をかぶった若い人たちが、はしゃぎながら、雪玉を投げ合っていました。
写真奥に小さく写っている人たちが、そうです。
若いなぁ。 少しも寒そうでなく、楽しそうでした。
そう、夜に雪が降り、少しだけ雪が積もっていました。
この朝も小雪がちらついていました。

時折、犬の散歩をしている人とすれ違うほかは、とても静かな遊歩道。
たくさんの銅像も、こんな感じで、厳かにたたずんでいました。

 
  
  
 ↑ アレクサンダー・ハミルトン。アメリカ合衆国建国の父のひとり。

 
耳が冷たくて、マッチ売りのおばさん、のようです(笑)


 コモンウェルス・アベニュー通りは、市内中央にあるパブリックガーデンまで
つながっているので
のんびり歩いて遊歩道を抜け、隣接する公園ボストンコモンへ到着しました。
奥に見えるスケートリンクも、がら~ん。



公園では、いつものように、
たくさんのリスたちが、ぴょんこぴょんこ何匹も飛び跳ねていました。
この子は、木の実を地面に埋め、土をかぶせた後、
両手(前足?)でとんとんと土をならし、直立。
しっぽをふさふさ揺らしながら走り去っていきましたが、
埋めた場所を忘れないのだろうか、と心配になりました(笑)余計なお世話?

この後、
きゃー! うちにプレゼントが・・・
わたしの可愛い友人たちから、カードとプレゼントが届きました。
このカード、中がとても凝ってまして、感激して じ~ん  
ありがとう、Hちゃん、Mちゃん。 また一緒に遊んでね。


わたしのクリスマスは、こんな感じでした。
ちょっとワインを飲み過ぎたかな。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1604 (from BOS204 ) 121224-390 Mon.

 

スーパーで買い物をしても、
エレベーターが一緒になっただけの人も、
ビルの出口ですれ違う人も、
別れるとき、
みんな 「ハッピー・ホリデー (良い休日を!)」
そう声をかけあいます。

この時期、ジューイッシュ(ユダヤ教)のハヌカというお祝にも重なっているし、
多民族、多宗教の国なので言葉には気をつかい、
メリークリスマスと言わず、ハッピーホリデーと言うのです。

そして、今宵は家族が集まるイーブ。
プレゼントを用意するとき、
ひとりに1個ではなく、いくつも用意すると聞いて、
こりゃあ大変な習慣だなと思いましたが、もらう方に回れば、嬉しいだろうなぁ。

近所のおばあさんも、山ほどプレゼントの山を持って、
お迎えにいらした息子さんの車に乗っていかれました。

 

ツリーに飾るさまざまなオーナメントを売っているお店があり、
見ているだけでも楽しくなります。

 



わたしにもプレゼントを持ってきてくれた人がいます。
Rくんと、Kくんが、ママと一緒にクッキーを焼いて持ってきてくれました。
わーん、可愛い。勿体なくて食べられません。

それにもうひとつ、嬉しいプレゼント。
私のクリスマスイブのイブは、息子一家とスカイプ、でした。
3歳のお兄ちゃんと、1歳の次男が、カメラの全面に出ようと押し合いへし合い。
なんともにぎやかな、画面の中の大騒動が、何よりのプレゼントでした。

 

 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
№1603 (from BOS203 ) 121219-385 Sun.

オペラハウスで、バレエ「くるみ割り人形」を見てきました。


 


 ボストンではボストンバレエがとても有名です。
そして、毎年、年末になると “ the Nutcracker くるみ割り人形 ” を上演します。
クリスマスだなぁということを実感する演目でもあり、恒例の行事ですので、
ボストンバレエの広告が出始めると年の瀬を意識します。

昨年も見ましたが、昨年に比べると、今年のは随分と演出方法が変化していて
今年の舞台の方が私は断然好きでした。
素敵でした。
プリンシパルとして活躍されている日本人、倉永美沙さんの華麗な舞いも
見ることができました。
この地位を獲得するまでに、どれほどの厳しい道のりがあったろうと思うと
美しい日本人バレリーナに拍手喝采の気持ちでいっぱいになりました。

本当に・・・・
よく鍛錬された肉体を使い、
指の先、足の爪先まで神経が張りつめた表現技術は、感動を呼びます。
美しいものは感動を呼ぶ・・・。 美しいものは凜としている・・・。
心が、ため息をつくようでした。

こちらの家では、大抵、
暖炉の上を始めとして、家の中のどこかかしこに、
赤い兵隊服を着た、大きな木彫りのくるみ割り人形が置かれています。
いかつい顔のくるみ割り人形が、実は魔法にかけられた勇敢な若者であり、
妖精のような少女クララの、
勇気と愛で、元の姿を取り戻すというこのストーリーも、しみじみ心に響きます。

お誘いいただきましたM子さん、ありがとうございました♪

to everyone,
Wish you Happy Holidays !!!!  (良き祝日をお迎えくださいませ)

 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1602 (from BOS202 ) 121219-342 Wed.

この1週間、私の身にも、いろいろありましたが、世間でも、いろいろありました。

マサチューセッツ州のすぐ南が コネチカット州。
そこの小学校で、悲惨な銃乱射事件が起こりました。

児童を含む26人が亡くなり、オバマ大統領は銃規制の強化を訴えています。
一般人が銃を持つアメリカのような世界を、私は怖いと感じますが、
日本のように、厳しい銃規制がある方が世界の中では珍しい。ということも
改めて考えました。

そして、日本の衆院選。

悲しいかな。
こちらでは、ほとんどニュースになりませんでした。
アメリカのアジアへの注目度は、
北朝鮮のロケット発射問題、中国(チャイナ・イシュー)、韓国女性大統領誕生等々。
それらに比べて日本の選挙に対する関心はとても薄かったです。

そして、私自身。
領事館へ在留届をしているから大丈夫と思っていたら、
実は、
在外選挙をするには、
在留届とは別に、在外選挙人名簿への登録申請を行い、
在外選挙人証の交付を受けていなければなりませんでした。

ということを初めて知り、
在外選挙人証のない私は、投票ができませんでした。 残念。
国外へ出るときには、この手続きを忘れてはなりません。

さてさて、話は飛んで、Bone Density (骨密度)の検査、初体験の話。
健康診断を受けたら、年齢の関係から、骨密度も検査するようにと、専門の病院へ回されました。
DEXA(デクサ)法という検査方法で検査を受けました。
検査台の上に横たわると、エックス線の機械が私の体の上を静かに移動していき、
腰の骨(腰椎)や股の骨(大腿骨頸部) の骨密度を計測していきます。
結果は、かかりつけ主治医の元へ送られるので、フォローアップに行って聞いてこなければなりません。
さてさて、どんな結果が出るでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1601 (from BOS201 ) 121210-373 Tue.

友人がボストンで経営する日本語学校を見学させていただきました。

ボストンの目ぬき通りにある大きなビルの8階。


初級、中級、上級クラス、それぞれのクラスには、

年齢も語学レベルもそれぞれに違う方たちがやってきました。


参観させていただくだけのはずが、先生のアシスタント役もちょっぴりと。

会話練習や、聞き取りテスト、語彙テスト、村上春樹の小説読解まで体験させていただきました。


私たちが英語を学習するときに、まず文法を学ぶように

彼らは日本語文法を学びます。

さ行変格活用やカ行変格活用など、中学生のころを思い出すような懐かしい授業もありました。

複雑な語尾の変化や、「てにをは」を、いとも上手にすらすらと使いこなす優秀な生徒さんたち。

 

以前、

「おはようございます」には、「ございます」をつけるのに

「こんにちは」「こんばんは」には、「ございます」をつけないのは何故か、

と友だちに質問されてタジタジになったことがあり (いまだに回答がわかりません)

日本語をどうやって説明したらいいのだろう、と不思議に思っていました。

なので、日本語学校の見学は非常に面白かったです。

 

学校では、とても丁寧に、背景となる文化的な説明もしていました。

たとえば、同僚が仕事を終えて帰宅するときは、「お疲れさまでした」と言う、ことや、

部屋を退出するときは、「失礼いたします」または「お邪魔いたしました」と言う、など

状況や立場によって異なる言葉を選択をすることなどについても、

こまやかに説明していたので、

そうだなぁ、と改めて自分が言葉を使う時のシチュエーションを思い出してみたりもしました。

 

緊張して過ごした夕方5時から、夜8時過ぎまで、およそ3時間。

外に出てみると、

ファニュエルホールマーケットプレイスと呼ばれるボストンの中央では、

クリスマス仕様のイルミネーションと音楽が・・・・

夕方、ハレルヤが鳴っていたときの方がもっと華やかでしたが、

8時を過ぎると、こんな感じになっていました。

初めの動画です。 注※音が出ますので、ご注意ください。


疲れた体と心を、軽快なクリスマスの音楽が癒してくれました。

初めて動画をアップしてみます。

音が出ますので、ご注意くださいね。









いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1600 (from BOS200 ) 121208-370 Sun.



あまりに忙しくてついに風邪をひき、いろいろとお休みして迷惑をかけちゃいました。


でも、気合で風邪を治した後は、

復帰してこの笑顔。


日本文化を伝えるワークショップが終了し、その最終回で撮っていただいた写真です。

会場は大学内の部室のような部屋です。


主催者側のボランティアとして参加したのですが、

あまりに不器用で、

指導するどころか、私自身が、ほかのボランティアの方に教わる始末・・・でした。


和風の巾着袋を作る過程で、ひも結びも初めて体験し、つゆ結び、几帳結び等々、教わりました。


日本には、のし袋にかけるひも、着物の帯、など 『結び』 に関する美しい文化があります。

神社のしめ縄も「結び」のひとつです。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~  ← 几帳結びといいます。 結び目がとても綺麗です。




さてさて、続くその後は、一転してアメリカのホリデーシーズンを楽しみに出かけました。


12月6日(木) ビーコンヒルで、クリスマスツリーの点灯式。

サンタさんもいらして、子どもたちと一緒に写真撮影。

通りは、歩行者天国になり、辻では聖歌隊や観光用の馬車が出ました。

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


12月8日には、コンコードへ行ってきました。


写真禁止なので、靴入れにいただいたコンコード美術館のバッグと、

クリスマスデコレーションした邸宅の絵葉書を。

コンコードでは

クリスマス用に飾った邸宅の

1階部分全部の部屋を開放して見せてくださるハウスツアーに参加しました。


お宅にあげていただくのに靴を脱ぎます。

脱いだブーツ等を入れる袋を、まずコンコード美術館でいただき、(ここで寄付をします)

地図を片手に 計7件の豪邸をめぐります。


暖炉があり、大きなもみの木のリビングツリーがあり、食器棚にはアンティークの食器が並び、

1700年から1900年初期までの、歴史あるそれぞれの家の

独自のテーブルセッティングや家具を見せていただきました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


ご一緒してくださったのは、YさんとDさん。


ボストンへ来てから、日本では決して出会わなかったであろう人たちと出会い、

日本では話題にしなかったであろう類の話を、聞いたり喋ったりしている自分が不思議です。

DさんはMITの研究者でいらっしゃるので、

福島の震災で役に立たなかったというロボットの話とか、ノーベル賞の話など。

いろいろ聞かせていただきました。興味深い話でした。

日本の次世代が、今、どこで何をしているか、が やっぱり気になります。


コンコードは、ボストンより車で西へ30分ほど行ったところにあり、

独立戦争のきっかけとなった、レキシントン・コンコード戦争の古戦場があるところです。

オールド・ノースブリッジという橋の上で、イギリス兵とアメリカ農民兵が衝突しました。


また、『森の生活』を書いたソローが、その湖のほとりで暮らしたというウォルデン湖もあり、

エマソンやホーソーン、若草物語のオルコットの暮らした町でもあります。

夏になったら、ぜひまた訪れたい町です。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1599 (from BOS199 ) 121201-363 Sat.



12月になりました。

1日1日がますます加速して過ぎていきます。 早い・・・早すぎますあせる


9月から通っていたESLをふたつ、修了しました。 まだあと2つ、現在進行形で通っています。


ESLでは、忘れがたい友人ができました。

最終日、みんなで写真をとりました。

チーズと云わず、イーングリッシュと言って口角をあげました!笑


若い子と違って、

ブログやフェイスブック等に顔出しをすることを好まない、大人な友人たち(笑)

だから、ここにご紹介できないのが残念ですが、みな、いい笑顔でした。


友人たちの国のこと、モロッコ、トルコ、ドミニカ共和国、ロシア・・・についても記事を書きたい。

わたし自身が今感じる、“にっぽん” のことについても、

日本の文化についても

(こちらへ来てからいろいろ教わり、気づいたことが多々あります)

いろいろ書きたいことがいっぱい。


ですが、時間がありません。とりあえず、元気にしてるよ♪ というブログです。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



昨年、腕を組んで腰かけている、お腹まわりのでぶっとしたシマウマの置物と出会いました。

今年は、臙脂色のキリンがやってきました。


もの思うとき、彼らの無言のたたずまいが、心を癒してくれます。

 

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


サンタクロースも、やってきました。


こちらでは、生のモミの木を飾る習慣があり、お部屋の中は次第に森の匂いになるよ、と

聞かされましたが、ちょっと手が出ませんので、

サンタさんで。


午前中は雪でした。











いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。