行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

№1563 (from BOS163 ) 120826-267 Sun.


Pizza Restaurant at Beacon Hill, Figs, is so good.

Pizza, Pasta and other foods taste really delicious!


ヨットを楽しんだ後、

Oさんご家族と一緒に、

ビーコンヒルのチャールズストリート沿いにあるFigsというピザ屋さんに入りました。

とても混んでいて(小さなお店です。しかも満席)

30分も待ちましたが


とても美味しかったです。

このほかにもパスタもいただきました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


ビーコンヒルは、風情があって、とても美しい街です。

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

パブリックガーデンで物憂げなカモと


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

しっぽフサフサのリスを みかけました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

№1562 (from BOS162 ) 120826-267 Sun.


8月24日(金) Brookline Drvinving School の1hour driving lesson を受講。

8月25日(土) Road Test 路上試験 合格。


日本やイギリスは左側通行ですが、アメリカは右側通行 (right-hand side driving)

運転席は左側の座席で、だからチェンジレバーは右側についていて右手で操作します。


ワイパーはハンドルの右。

方向指示器(シグナル)はハンドルの左についています。


アクセルはGAS PEDAL

ブレーキはBRAKE PEDAL

クラクションを鳴らすことを、Honk the horn と言い、

縁石に寄せて止まりなさい、はPull Over です。


右折するとき、右折禁止の標識がなければ赤信号でも右折可です。


路上試験の主要項目は、3ポイントターン、縦列駐車、バックです。

坂道に駐車する時のタイヤの向きやハンドシグナルに関する口頭試問もあります。


いろいろと日本と違うことがあり、

日本で運転歴があるとはいえ(優良ドライバーではありませんでしたが 笑)

路上試験を受けるにあたって、とても緊張しました。 


友人が練習に付き合ってくれましたが、私は自分の運転の下手さ加減に不安を覚え、

さらに、1時間ほど、自動車教習場のレッスンを受けることにしました。


インストラクターはイーナというロシア出身の女性。

自動車学校の車を使って、公道を走るレッスンをしてくれました。

路上試験の際の運転上の注意を教えてくれ、

実際に試験で走るコースをお試し走行させてくれました。


面白かったのは、この練習が終わったあと。


車から降りて帰るのかと思っていたら、

次のレッスンの生徒の家の前まで運転していくように言われました。

次の生徒は、スロバキアの女性、イーバ。

素敵な戸建の彼女の家の前で、私は運転を彼女と変わり、

後部座席で、イーバが受けるレッスンを見ることになりました。


イーバは運転歴ゼロ。


インストラクターのイーナは、まず車の外でさまざまな位置に立ち、

車内の運転席からサイドミラーで見て、自分が見えるかをイーバに尋ねました。

つまり盲点(blind point)の説明を最初にしていました。

ミラーだけでは盲点があるので、必ず目視するように、と。

そして座席調整やミラーの位置調整をしてから、発進。


いかにも自動車教習所の車です、といわんばかりのノロノロ運転。


“Good Job, honey! You've got it, good good, excellent!”

とっても上手よ、貴女ちゃんと できてるわよ、そうそう、素晴らしいわ と盛んに褒めながら

でも横からイーバのハンドルを掴み、修正しながらの走行です。


「ね、明美、イーバはとっても運転が上手だと思わない?」とか

「イーバ、今、気分はどう?」

イーバ「ちょっと緊張してます」

イーナ「リラーックスよ、リラックス。ナーバスになっったって良いことなんてひとつもないわ」


笑っちゃうほど、イーバを持ち上げて、リラックスさせて楽しく授業をしていました。


イーナの説明はとても丁寧で、わかりやすかったです。

英語のいいプラクティスにもなりました。


住宅地の中、混んだ大通り、広い道、狭い道、一通、双方向道路、いろいろ走りました。

結構、遠くまで行きました。

ボストンカレッジの近くでお葬式の列にも遭遇し、空砲を耳にしました。

軍服を着た大勢の参列者を見て、「きっと退役将校のお葬式だわね」などと言い合いました。


2時間ほどの教習の中で

車のことだけでなく

イーナは結婚6年目であること、ボストンに来る前はイギリスにいたこと、

イーバは教習所に勤務して4年になること、8歳の息子がいること

などお互いのことがよくわかり、とても打ち解けた雰囲気になりました。


イーバは最初とてもガチガチな運転をしていましたが、2時間後には

すっかり慣れて、「ドライブって楽しいですね~」とまで言っていました。


ほんとドライブって楽しいな~と思った3時間の練習 (うち2時間はおまけ) でした。

この練習の翌日、路上試験を受け受かりました。受かって良かったです。ほっとしました。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1561 (from BOS161 ) 120826-267 Sun.


8月26日(日) チャールズリバーでセーリング。


ご招待くださったのは、友人のOさん一家。 ご主人様 ヨット部出身。かっこいい~



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

MIT(マサチューセッツ工科大学)のヨットもたくさん出て、練習していました。


帆にTという字が入っているのはMITのヨット。


チャールズリバーには、

MITのクラブハウスや

ハーバード大学のクラブハウスがあります。

もちろん公共のクラブハウスもあります。


みんなセーリングを楽しんでいます。

風を読み、帆や舵を操作し(操縦してくださったのは友人のご主人。私は舵を握っていただけ 笑)


すべるように水面を走っていく爽快さは たまりませんでした。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~  




接岸するときに、

友人のお嬢さんたち(小学生)が、ロープでヨットを引いてくれました。


この後、小学校5年生と3年生の2人は

おろした帆をちゃっちゃっとたたみ、クラブハウスの倉庫へ戻しにいきました。


その慣れた手つきに頼もしさを感じました。 すごい~


楽しい一日でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1560 (from BOS160 ) 120824-266 Fri.


今週のトピックス(笑)


1.英語の勉強を再開


Teaching House という学校へ通い始めました。

THは英語教師になる人のための学校です。そこで生徒役として授業を受けています。

月曜から金曜まで、午後、毎日。


2.運転免許の路上試験に合格しました!


試験前、友人の付き添いで運転の練習しました。M子さん、本当にありがとー!


こちらの路上試験は、3ポイントターン(Uターン)とか縦列駐車などの実技があります。

坂道駐車の仕方なども口頭試問として聞かれます。


左ハンドル、右側通行、というのは、なかなか厄介で


方向指示器を出そうとしてワイパーが動いてしまったり、

シフトチェンジしようとして左手が宙をさまよってしまったり (チェンジレバーは右手で操作します)

右折や左折のとき、違うレーンを走りそうになってしまったり

コーナーをふくらんで走ってしまったり


あぁぁぁぁ・・・・これじゃ試験に落ちちゃう・・・・という不安いっぱいになりました。

そこで、

自動車教習所(Brookline Driving School) の路上練習を1時間だけ申込み、

試験前日に練習しました。

イーナというロシア人の教官がインストラクターを担当してくれて、これが、とても面白かった!

あとで記事に書きますね。


ともかく、無事、路上試験に受かりました。

筆記試験に受かり仮免許をとり、今回 路上試験に受かり、こうして運転免許ゲット。

無事受かってよかったです。


3.セーリング初体験


チャールズリバーでヨットに乗りました。

友人のご主人様は、学生時代からヨット部。素敵です!

ご招待いただき、体験させてもらっちゃいました。

風を読み、帆と舵を操作し、すべるようにヨットを走らせていく・・・(のは友人のご主人)

最高の体験でした!

これもあとで記事にしますね。


4.ニューアイパッド購入



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~
午前中は図書館で勉強しています。9時の開館からお気に入りのこの場所で。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~
ボストンの街並を眺めながら、チャールズリバーでセーリング。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1559 (from BOS159 ) 120822-264 Wed.


さて、と

短い夏を さんざん遊び尽くしましたので、満足です(笑)

ボストンはもう秋です。

日中は暑いですが、朝晩はめっきり涼しくなりました。

日が落ちるのも早くなりました。


この夏の間、先生が呼んでくれたりして(ありがたいです)

ときどき前の語学学校へも遊びに行っていました。


新しい出会いもあり、世の中にはほんとすごい方がいるのだなぁ~と驚いたりもしていました。


昨日からは、別の学校へ通っています。

知り合いのメキシコ人と、教室でばったり再開もしましたニコニコ

慣れてきたら 記事にしてアップしようと思います。


試験を受けたら、レベルは、upper intermediate (中級の上)でした。


中級には4段階あり、Pre-Int, Low-Int, Mid-Int, Upper-Int です。

中級の上は、Advanced (上級) になります。

文法はAdvanced なのですが、話す方はなかなか難しくて・・・・。


もっとも

企業派遣や大学・大学院留学の人たちの勉強は、こんな甘っちょろいものではありませんから

うだうだ言ってる間に、本の1冊や2冊読み飛ばすべし。ニュース録画などシャドーイングすべし・・・。

(シャドーイング:話してるとおりに同じことを話すこと)。日記も英語で書くべし。


ということで、ここから先は、勉強に集中していきたいと思います。


ブログは週末にまとめてアップする予定です。


では、次の日曜日にね!

(日曜日にアップするかどうかはわかりません 笑 休みになったらという意味で)


チャオ!



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

昨日から通い始めた学校へは、ガバメントセンターという駅を使います。

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

駅の近くにあるスターバックスには、入口に大きなヤカン ヽ(゚◇゚ )ノ



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

クインシーマーケットの横を通るので、サミュエル・アダムス像に、毎日ご挨拶することになりました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

閑話休題。   これ ↑ 全部トマトです。 


チャオ!





いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1558 (from BOS157 ) 120820-262 Mon.


おまけ記事を書きます。


ネバダ砂漠の中のオアシスが、カジノホテル観光地として発展を遂げた経緯に興味を持ち、

ラスベガスの歴史を作った人々の話を面白く聞きました。


ゴージャスなホテル群 と 砂漠。

その対比が興味をそそります。


一番高いところから、この町を見てみたいと思いました。


町を取り囲んでいる360度パノラマの砂漠の荒野を、

町で一番高いホテルの展望台から 見てみたいと思いました。


Stratosphere Hotel ストラトスフィアホテル です。


展望台からホテル群と砂漠を眺めました。


そしてつい、


回転ブランコにも乗ってしまいました。


このホテル名物のアトラクション、その名もインサニティ(insanity) 狂気、精神錯乱。


怖かったです。

目を開けていられませんでした。


いや、ちょびっと薄めを開けて見た足元に ラスベガスの街並と 遠くに砂漠の岩山が・・・

ちらり見えましたが


こんな恐ろしげな乗り物に乗ってしまった自分を激しく後悔しました。


本当に本当に怖かったです。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~





白い塔のような建物が、展望台のあるストラトスフィアホテル 


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

これに乗っちゃいました !!!!!!


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

回転ブランコです。 ぎゃあアぁぁぁぁああああ・・・・・・という声すら出ませんでした。


ひたすら固く目をつぶり・・・・・手に汗をびっしょりとかき、数分間を耐えました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

このホテル名物のアトラクションは、

このインサニティの他にも

フリーフォールや

バンジージャンプがありました(スカイジャンプと言っていました)


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


これから、飛び降りようとする観光客。

青い服を着て安全ベルトを体に巻きつけ、余裕でおしゃべりしていました。(信じられん!)


エックススクリームというシーソーみたいな機械もありました。


座席に座ると、

先端まで乗り物がスライドして、数秒間 空中で停止します! (信じられん!)


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

絶叫系マシーンと呼ぶそうです。


ジェットコースターとか乗ってみたいの、と言った私が馬鹿でした。

入場券を買うとき、乗り物つきにしますか?と問われ、ONE RIDE (ひとつだけ乗れる)券を

選んだ私が馬鹿でした。


・・・・・・・・・


こうして私の楽しい旅行は終わりました。

ユナイテッドエアラインで5時間の空の旅。ボストンとラスベガスの時差3時間。


ただいま。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~






いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1557 (from BOS156 ) 120820-262 Mon.


ラスベガスへ行き、

カジノに こもりっきりの人もいるかもしれませんが・・・


そもそも

カジノや、ショーや高級ショッピングモールなどは、各ホテルに設置されているのです。


どのホテルも1階に広大なカジノがあり、24時間営業(笑)

常設のショー会場を持ち、

華やかな、いくつものショーを連日提供していました。


ブランドショップが立ち並ぶ巨大モールもたくさんありました。


ブランド品の買い物にも カジノにも興味がない私は、

おのぼりさん気分で、それぞれテーマを持って建てられたというホテルを順番に見て回りました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

シルク・ド・ソレイユ Ka(カー)の常設会場を持つ、MGMグランド・ホテル



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

シルク・ド・ソレイユ O(オー)の常設会場を持つ、ベラージォ・ホテル



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

夜になるとセクシー海賊の無料ショーをしてくれるトレジャー・アイランド・ホテル


船は白いのと(左側)と赤いの(右側)があり、同時上演ですが、

白い左側の船の前で見ることをおススメします。

なぜなら左の船には女性海賊 右の船には男性の海賊が・・・・


そして戦いが始まります。砲弾がさく裂するすさまじい戦いの結果は・・・・見てのお楽しみ。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~




みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ミラージュ・ホテル前では、音楽に合わせて揺れる噴水ショー



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~
古代ローマがテーマのシーザーズ・パレス・ホテル

カエサルを始めとして彫刻がいっぱい。プールも広かった(入らなかったけど)

ここに1泊しました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ホテル・ルクソール

テーマはエジプト。ピラミッドの中がホテルになっていました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ウィン・ラスベガス と アンコール・アット・ラスベガスは姉妹ホテル。

外観も うり二つ。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ニューヨーク・ニューヨークホテル 

自由の女神像もあり、ジェットコースターのアトラクションもついていました。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ベネチアンリゾートホテル。テーマはベネチア。

ここに泊まりました。

このホテルは、部屋はリビングが広く、とても良かったです。


『オペラ座の怪人』を上演していました。そのためエントランスは、マスクをつけた顔。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

広告を載せたトラックをよく見かけましたが、この看板ぎょっとしました。

よく見ると、

“You won't believe your eyes, these gals are really guys!”

目を疑っちゃうよ。彼女たちは本当は・・・って書いてありました。 Wow ・・・


エッフェル塔があったり(笑)

まだ他にもたくさんのホテルがありました。


これがラスベガス・・・・



あ、カジノの写真、撮り忘れた・・・・



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1556 (from BOS156 ) 120820-262 Mon.


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

↑マッカラン国際空港



グランドキャニオンへ行く一般的なルートは、ラスベガスを出発の起点とします。


ネバダ砂漠の真ん中に忽然と現れるこの町から、

バスや車、セスナ機などで

アリゾナ州とユタ州にまたがる壮大なグランドサークルへと、多くの人が出かけていきます。


グランドサークルとは

レイクパウエルという巨大な人造湖を中心に、大きな円(サークル)を描く呼び名で、

この中に

16の国定公園・19の国立モニュメント、州立公園があります。

グランドキャニオンは、その中のひとつ、なのです (なんて広大な所かと驚きます)


とても1日や2日で回れるところではありませんが、

今回、私ども夫婦は

このグランドサークルのうちのごく1部、ミニグランドサークルを回ることにし、


グランドキャニオンへ入る前夜、ラスベガスに1泊

翌朝出発し、グランドキャニオンに2泊

峡谷から戻ってきて、せっかく来たのだからと、ラスベガスへ2泊 しました。

計 5泊6日の旅。


ラスベガス=『カジノの町』 というイメージがあり、

最初はそれほど興味を惹かれなかったのですが、とんでもない、ラスベガスはすごい所でした。

仰天しました。


何に仰天したかというと、

それは

友人の勧めに従って見に行った、シルク・ド・ソレイユ の公演 !!!!!!!!


ラスベガスにはシルク・ド・ソレイユの常設公演があるのです。

しかも別々の専属会場で常時7演目が上演されています。


舞台装置が非常に大がかりで、

海外巡回公演などではとても目にすることができない、度胆をぬく空間演出を見ることができます。

とてもサーカスなどという範疇におさまるものではありませんでした。


もっとも有名なのは、O(オー)

水を使った舞台装置。


あいにくと、Oの切符がとれず、私たちが鑑賞したのは Ka (カー)


こちらも人気の演目で、ステージが立体的に浮き上がり、人が宙を自由自在に駆け回り、

跳ねまわり、くるくるくるくる飛びまわります。

ストーリーもあり、メーキャップが東洋的。 音楽も衣装もアジアンテイストな Ka でした。

観終わったあと、放心してしまうような、とんでもなくダイナミックなステージでした。

観客はスタンディングオベーションの拍手をしていました。


このほか、Myster(ミスティア)、Zumanity(ズーマニティ)、Love(ラヴ)、

Criss Angel Believe(クリス・エンジェル・ビリーブ)

Viva Elvis(ビバ・エルビス)があり

全部で7つ。


いずれもそれぞれに特徴があります。


何と表現していいのかわかりませんが、とにかく、友人が

ラスベガスへ行ったらぜひシルク・ド・ソレイユを見るようにと強く薦めてくれた理由がわかりました。


ショーは撮影禁止なので、シルク・ド・ソレイユ写真はありません。


そのかわり町の様子を載せます。

左上にちょっとセクシーな看板が見えますね。眠らせてくれない歓楽的なラスベガスの夜の町 (笑)



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1555 (from BOS155 ) 120819-261 Sun.


今回の旅の醍醐味は、アメリカ西部の荒野の風景。


ブログに写真を載せてしまうと、

その名所を訪れることが目的のように思われてしまいがちですが、

そうではなく、


ビューポイントに立って眺める絶景もさりながら、

移動中の車の中で見続けた、延々続く荒野の光景が、本当に圧巻でした。


ボストンから飛行機で西へ5時間、マッカラン国際空港へ降り立ち

ネバダ州のラスベガスを車で出発し、5時間、延々と荒野を走り続けたときに見た光景。


私が写真に撮ると、こんなのっぺりした平凡なものしかお伝えできませんが、


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


日本のコマーシャルの映像は素晴らしいです。


アメブロは商用禁止になりましたので、リンクを張ることができませんが、

もしグーグルで検索できるようでしたら、

下記のワードで検索して、ユーチューブの映像を見てみてください。とても素晴らしいです。


いいちこCM  (アンテローペキャニオン)  ビリーバンバン/また君に恋してるアリゾナ

ソフトバンクCM(モニュメントバレー)スギちゃん 白戸家ワイルドなお父さん

アサヒスーパードライCM(グランドキャニオン) 福山雅治 Grand Shout編


この3つのコマーシャルは、まさに私が見てきたアメリカ西部の荒野です。


さて、

次はいよいよ、ラスベガス。


砂漠の真ん中に忽然と現れる人造都市、カジノとショービジネスのメッカ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1554 (from BOS154 ) 120819-261 Sun.



アンテロープの中は、足元がさらさらの砂地。

砂をひと握りつかんで頭上に放り投げると、地上から差し込む光に砂の粒子がキラキラ輝きます。

美しい光景でした。


ちょっとアホ面 ↓


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

最後は鉄の階段を上って地上へ出ます。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


地上へ出ると、赤土の荒野に火力発電所。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ペイジの町から98号線を走ってくると、この発電所が見えるので、

アンテロープを目指す人はこれを目印にします。


実は、アンテロープキャニオンは、ナバホ族の自治区内にあります。

アメリカ南西部に先住するインディアン部族がナバホ・ネイション(Navajo Nation)を形成し、

アメリカ最大の居留地(Reservation) 内で、独自の生活文化を守っています。


超物質主義のアメリカの地で

(この火力発電所も、近くにあるフーバーダムやグレンキャニオンダムも

近郊のアメリカ都市生活のための電力需給のため設置されています)


ナバホ族の人たちが、およそ対極の文化を守り、

伝統的な暮らしを継続するのは大変なことだろうと思います。


昔は、

アパッチ族が馬に乗って群れをなし、忽然と荒野に現れては、西部の開拓団を襲う、

という山賊のようなイメージで映画がたくさん作られましたが、

さすがに今ではそのようなフィルムは作られなくなりました。

先住民族から見ればまた違った歴史観となります。


インディアンという呼称についても問題が残っています。


私が語学学校で習ったときは、

「インディアンという言葉を使ってはいけない、Native American と言いなさい」と習いました。

けれども当の部族の人たちは、

Native American という言葉で呼ばれることにも問題を感じていると聞きます。

sensitive issue (センシティブ イシュー・繊細な問題) だと思います。

彼らは、部族の誇りを持ち、独自の言語も持っており

もしかすると、それぞれの部族名で呼ぶことが一番いいのかもしれません。

もっとも居留地を出ていく人たちもいて、

言葉を忘れ、部族の誇りも捨てていく若い人たちもいるようです・・・。


アンテロープの中では、ナバホ族の男性が私たちのために笛を吹いてくれました。

心にしみる笛の音。


神秘的な光景の中で、

笛の音が柔らかにに伸びていき、目を閉じると、『豊穣』という言葉が脳裏に浮かびました。


大自然の豊穣、生きる喜び、風土に溶けてひとつになる喜び


ココペリという、笛を吹く豊穣の神様(男神) を連想しました。


みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


↑笛を吹くココペリ (おみやげに買ったテーブルセンター)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。