行政書士 みんみんのblog  

  人生は山あり谷あり。冒険の旅。
  みんみんから あなたへ贈るブログ ”Life is simple, full of pleasure"


テーマ:

№1470 (from BOS 073) 120228-088 Tue.




お友達からいただいた紅茶。


袋がトライアングルの形になっていて

先っぽの葉っぱも愛らしく、


とてもよい香り。 



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

№1469 (from BOS 073) 120228-088 Tue.


先週の水曜日、2/22、チョコレート工場を見学に行きました。


工場といっても町工場のような小さな工場でしたが、

カカオ豆が、ビターチョコレートになるまでの過程を見学することができました。


頭にキャップをかぶって工場内に入れていただきましたが、

サウジから来た友人は、スカーフをかぶっているのでキャップは免除されました (笑)



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1468 (from BOS 072) 120228-088 Tue.


「オズの魔法使い」 というお話、ご存じですか?


古くはジュディ・ガーランドの映画、

そのほか、数々のミュージカルとして

今もさまざまな舞台で上演されている楽しいストーリーです。


私は、小さい頃から とてもこのお話が好きでした。


ドロシーという女の子が、

ある日愛犬のトトと一緒に、家ごとたつまきに吹き飛ばされて、魔法の国に迷いこんでしまうお話。


ドロシーは、その国で一緒に旅をする仲間と出会います。


脳みそがないので、「脳みそ」が欲しい案山子、

心がないので、   「心」が欲しいブリキのきこり、

臆病なので、    「勇気」が欲しいライオン


そして、故郷のカンザスへ帰りたいドロシー


ドロシーは、彼らと一緒に旅をして

虹の向こうにいるという魔法使いのオズに、願いをかなえてもらおうと出かけていきます。

けれども、

魔法使いはすぐには、願いをかなえてくれません。


ドロシーたちは、願いをかなえてもらうために冒険をすることになります。


その冒険の渦中で、


実は、案山子には知恵があり、

きこりには、暖かい心があり

臆病なはずのライオンに、勇気がそなわっていることがわかります。


素敵なお話です。

ミュージカルなので、音楽も素晴らしいです。


“There is no place like home ” (自分の家ほどよいものはない)

というセリフで終わるミュージカル。

心にじんとくるセリフです。


あなたの home は、どこにあるのでしょう? 



子ども連れの家族で満席の、ファミリーシアターで観ました。

とても よかったです。



みんみんのblog  ~ ボストン便り ~




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1466 (from BOS 070) 120227-087 Mon.


先週、電子辞書を失くしました。

今週、それがみつかりました。


今の私の生活に電子辞書は必需品。

勉強会の仲間がくれたシャープのブレインという辞書を使っていますが、この辞書、

実によくできています。すぐれものです。


英語の単語を調べる辞書としてだけでなく、百科事典としても重宝していますし、

音声も出ます。

毎日、使っています。


これが無くては、大変に困ります。


どこを探してもみつからず、絶望的な気持ちで数日間を過ごしたあと、

日本から取り寄せることに決め、見積りを依頼したあとに、

1通の手紙が届きました。


Hello、Akemi Mastumoso,

We located your device.

(松本明美さん、私どもは、あなたの装置をみつけました)


!!!!!!!!


博物館からでした。


そう、博物館でも

「隕石」だとか「鉱物」だとか、辞書なくしては説明が理解できないので 盛んに使っていたのでした(笑)


よかったです。戻ってきて。

まるで旅に出ていた子どもが帰ってきたような嬉しさがこみあげてきて、

いとおしくてたまりませんでした。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1466 (from BOS 069) 120224-084 Fri.


リサイクル用のカン、ビン、プラスティックは、

それらを使用した商品を購入するとき、その代金には預託金が含まれています。


使用済容器を回収箱へ戻すと、その預託金が戻ってくるというデポジット制度。


州によって戻ってくる金額がj異なります。


マサチューセッツ州、ブルックラインの

私がよく行くトレーダージョーのお店の回収場所は こんな風になっています。

このお店で買ったものしか返金してくれませんが(笑)


それぞれの穴にビールビン等を入れると、落ちていくときにガシャガシャと粉砕する音が・・・・・。


そして、

レシートのような紙が出てきます。

1本につき5¢(セント) 日本円で4円ぐらい、返金されます。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1465 (from BOS 068) 120221-081 Tue.



This is John F Kennedy Presidential Library and Museum.


ジョンF. ケネディ 図書館&博物館


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


ジョンF・ケネディの功績を称えて設立された博物館へ行ってきました。

ドーチェスター湾が一望できる海沿いに建つ瀟洒な建物。

レッドラインのJFK/UMass駅 下車。

駅から博物館まで、無料シャトルバスが出ていています。


ケネディ大統領の写真、遺品と共に、

ファーストレディ、ジャクリーン・ケネディが身につけた洋服やアクセサリーなども

たくさん展示されていました。


圧倒的知名度があった現職副大統領のニクソンを

僅差で破って勝利したときのテレビディベートや、

就任のときの有名なスピーチなど、

音声記録も充実していて、歴史に残る数々の演説が館内の至るところで上映されていました。



アメリカが直面したキューバ危機や

人類の夢を実現したアポロ計画など

アメリカ史の中で重要なターニングポイントになった史実の写真や資料も、たくさん展示されていました。


売店で、ケネディが書いた「勇気ある人々」 Profiles In Courage という本を買ったら

(ピューリッツアー賞を受賞した著書です)

“A TOUR OF THE WHITE HOUSE WITH MRS.JOHN F KENNEDY” 

というビデオがおまけについてきました。

ジャクリーン・ケネディがホワイトハウスの中を案内して見せてくれるビデオです。


気品ある話し方をするジャクリーンの声と、美しい姿は圧巻。

とても素晴らしいビデオです。


でも・・・・・・


銃弾に倒れた若き大統領の残した功績の中には、

失敗と評される判断も多々あり、

史上最年少の優雅なファーストレディは、その後 再婚相手に石油王オナシスを選びました。

そんなことにも想いをはせると


国の歴史も人の歴史も、虚実ないまぜになっていて、とても孤独が深いものだと思います。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1464 (from BOS 067) 120220-080 Mon.


オバマ大統領も、ロムニー氏もハーバード大学の卒業生です。


Harvard University はマサチューセッツ州ケンブリッジ市にあります。

嬉しいことに 我が家からはバスで20分の距離。 


アメリカでは、2月20日(月)はプレジデンツデーという祝日で、土・日・月と3連休になるため、

連休を利用して旅行に行く人も多いのですが、

私は家の近くで休日を楽しむことにして、ハーバード大学へ行ってきました。


大学には、自然史博物館や美術館もあります。

中でも、博物館のガラス製植物標本が特に有名です。

膨大な数の植物標本を ガラス細工で作り上げるというその発想に驚きます。

動物標本や鉱物標本なども とても充実した博物館でした。


大学北側には、法科大学院(ロー・スクール)もあります。

夜には、LL.Mクラスの方たちが主催するパーティーに呼んでいただきました。


世界各国からやってきている明るくて優秀な方たちが

自国のブースにお料理、お酒、スイーツを用意し、交流する華やかなパーティーでした。

人であふれ、ダンスタイムもあり、パーティー会場は熱気にあふれていました。


日本からも

弁護士、裁判官、領事官といった若い方たちがロー・スクールに勉強しに来ておられました。

眠る間もないほど勉強、勉強の日々だと聞いていましたが、

みんなエネルギーいっぱい。とても輝いていました。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


ジョン・ハーバードの坐像

この像の足先を触ると幸せになる、と言われています。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

ハーバードスクエア。

地下鉄T ハーバード駅の駅前。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1463 (from BOS 066) 120217-077 Fri.


コミュニケーションクラスのクラスメートとTeacherとで

ボストン港まで歩いて行ってきました。


学校から港まで、歩いて行ける距離なのです。

教室の中ばかりではつまらないから外を歩こう、というTeacherの提案でした。


港には、Aquarium 水族館 があります。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

お魚をもらった後、歯を磨いてもらっているアザラシです。

ガラス越しに見学しました。

水族館の入口のところに、大きなガラスの水槽があり、Freeで見学できます。

ボランティアの説明員の方が、マイクを持って説明していました。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


コミュニケーションの課外授業なので、水族館の中には入らず、

このカフェテリアで会話の勉強(? 楽しくお話しをしただけです) をしました。

ドバイから来た人が、タンザニアのサファリパークの話をしてくれて面白かったです。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

港には、WHALE WATCH のチケット売り場と船もありました。

4月から11月まで、クジラを見るクルージングが楽しめます。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

いろんな船がありますが、こんな顔した船もあるようです(笑) ↓











行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1462 (from BOS 065) 120216-076 Thr.



中国から来た友達と一緒に、CrayRoom で Pottery Painting を楽しんできました。


小皿や花瓶、マグカップなどに好きな絵を書くと、焼きあげてくれるスタジオがあるのです。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~





行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


大人から子どもたちまで、さまざまに楽しめるようになっています。

子どもたち用には、馬や車、恐竜なども用意されていました。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


壁のタイルは色のサンプル。

焼き上げると、ペイントしたときよりも、ずっと鮮やかな色になるのだそうです。

ボトルに入って染料を小皿にとり、好きな筆を使ってペイントします。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


小鉢の四面に春の花を描いている人もいました。

すごく上手で びっくり。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


私の作品は、まるで子どもが作ったみたい。下手すぎますが、これで2時間かかりました(笑)


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


4日後の出来上りが楽しみです。



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~



行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~

楽しそうでしょ。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

№1461 (from BOS 064) 120215-075 Wed.



私は、自分の身近に、意味のない小さな小物を置くのが好きです。


きまぐれに ふと入ったお店で、心惹かれる小物に出会い、買って帰るのも好きです。

連れて帰ってくる、という気がします。

 


翼のはえた豚 


こちらは、とても気に入っている小さなガラスの豚、ペネロペ(Penelope) です。


行政書士みんみんのblog  ~ ボストン便り ~


英語に、“When Pigs fly 豚が空を飛ぶ” という表現がありますが、

「ありえないこと」を表現するときに使います。



豚が翼をはばたかせて飛んでいく・・・・・のは、ありえないことなのでしょうけれど

このガラスの豚を眺めていると、今にも飛んでいきそうに見えます。


魔法にかけられて

豚の姿になっているだけ なのかもしれません。

見飽きません。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。