公務員試験の勉強法 社会科学編②

訪問していただきまして、ありがとうございます。

よろしければ、応援のポチッと♪をお願いします!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ


  

 

前回の続きです。

 

公務員試験の勉強法 社会科学編①

http://ameblo.jp/gyosei-poepoe/entry-12275556843.html

 

 

さて、ここからは「社会科学」の勉強法について書いていきましょうかね。

もちろん、場合分けをします。

 

1 専門科目も学習する人

この人は、当たり前ですけど、とにかく「専門科目を全力で学習すること」です。

専門科目の学習がそのまま社会科学の対策につながるのですから、ここを全力でやらなければ意味がない。

 

しかし、専門科目の学習といっても、なかには学習しないものもあると思います。

例えば、「『民法』『行政法』を選ぶ予定がない」とか「『社会学』は選択科目のなかにない」とかいう人です。

「専門科目の学習で『社会科学』を網羅するのに、ちょっと足りてない」わけです。

 

ここで「やっぱり『社会科学』もやるの?」となるのは、さすがにマズいです。

何のために順番を工夫したんだって話ですから(汗)。

 

そこで、「足りてない」ところについては、必要最小限の学習でカバーすることとします。

ここで用いる教材としては、例えば、TAC出版さんの「公務員試験 出るとこシリーズ」の「社会科学セレクト55」が挙げられます。

 

 

これくらい薄めの参考書で、パパッと片付けてしまうことが考えられます。

 

専門科目を選ぶ際は、受験できる自治体等のチェックもそうですが、社会科学との兼ね合いも少し気にするようにしてみてください。

 

 

2 教養科目だけを学習する人

さて、ある意味この記事のメインです。

専門科目を学習せず、教養科目だけを学習する人向けの話です。

 

この方たちは、当たり前ですけど、「社会科学」をきちんと学習する必要があります(汗)。

「だから、『社会科学』と書かれた参考書を……」と思うでしょうけど、それではアカンというのは、前回の記事で書いたとおりです。

インもアウトも、実情に合ってないもんだから、それではダメ。

 

では、どうするのか?というと、次のようにしていきます。

①インプットには大学入試用の参考書を使う

大学入試の参考書のうち、「政治・経済」を用います。

この科目は、「社会科学」の学習範囲に対応してます。

 

大学入試の参考書は、競争が激しいこともあり、価格が抑えめであるのに優れた書籍が多いです。

例えば、KADOKAWAさんの「センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本」や、語学春秋社さんの「川本和彦 政治・経済講義の実況中継 (センター試験実況中継シリーズ) 」が挙げられます。

 

 

 

なお、手元に、高校時代の教科書が残っているのなら、それを使ってもOKです。

新しい情報は、結局「時事対策」として別途やることになるので。

 

②アウトプット(問題演習)には「高卒」を

インプットだけをしても、「どのような問題が出題されるか」を具体的に把握し、実戦形式で練習しないことには“使える知識”になりません。

過去問集を使って、実際に問題を解く機会をきちんと設けましょう。

 

この際用いる参考書として、例えば実務教育出版さんの「新 初級スーパー過去問ゼミ 社会科学」や、TAC出版さんの「地方初級・国家一般職(高卒者)問題集 社会科学」、七賢出版(東京アカデミー)さんの「出たDATA過去問2 社会科学 基礎編」が挙げられます。

 

 

 

 

「高卒」?と思ったかもしれませんけど、試験問題の難易度という点ではこれで大丈夫です。

きちんと学習してなければ、結構解けませんよ(汗)。

 

どれか一冊でいいです。

掲載されている問題は、大体似たり寄ったりなので。( ̄ー ̄;

 

 

3 最後に(講座の宣伝ですw)

最後に。

こんな記事を書いている私ですけど、もちろん私も「社会科学」の講義を担当しています。(。+・`ω・´)キリッ

 

「社会科学」を取り巻く現状を、以上のように認識している講師が担当している講義ということで、こちらも併せて検討していただければ幸いです。

 

2018 合格目標 社会科学対策講座

https://www.agaroot.jp/komuin/list/shakaikagaku/

 

講座の価格が「10,000円(税込)」ということで、業界の中でも結構リーズナブルな設定になっているのではないかと思います。

どうぞよろしくお願いします。(・∀・)/

 

 

こんな記事を書くぐらいですから、やっぱ「教養科目だけを勉強する方向け」の社会科学の参考書を、書いてみたいんですよね実は(汗)。

だから、頑張って担当講座を宣伝しているというわけです。(^▽^;)

AD

コメント(2)