玉ちゃんの独り言

玉茶庵店主の「玉ちゃん」こと玉岡です。


テーマ:


                

 まずは、秋篠宮真子内親王ご婚約内定おめでとうございます。ところが、この大変おめでたいニュースが、日本の皇室の未来を考えた時、全面的におめでたいとは言えない気もしてしまう事情がある。今上天皇の生前退位がほぼ決まった現在、天皇の退位と同時に真子様が内親王(天皇の直系子孫の女子)でなくなることが問題なのである。現安倍政権が女性天皇も女性宮家も否定している以上、仮に政権が代わって女性宮家設立が認められたとしても、現在の女性宮家の案では、すでにその際次期天皇の直系血族ではない真子様や佳子様、そして黒田清子さんも女性宮家の対象外となる可能性がある。もちろん皇室の政治利用はあってはならないし、たとえ皇族といえども恋愛結婚の自由はあった方がいいとは思う(もし本当にあるのなら)。ただ個人的見解ではなく日本国民の一人として、皇室の安定した存続は必要だろうと思われる。そのために何が必要か? かつて様々な議論がなされてきたが、秋篠宮悠仁親王誕生とともに議論が止まってしまったのは、実に残念であった。ちゃんと成人出来るかどうかもわからない一人の男の子(とその未来のお嫁さん)に全てをおっかぶせて、先のことを次世代に押し付けようとするのは、怠慢の一語に尽きる。
 安倍総理をはじめにとする日本会議議連や保守系ナショナリストの識者達が女性天皇・女性宮家に反対している理由は、それらが女系天皇に繋がる恐れがあるということらしい。小生などは男女平等の現代、この皇室の危機に男系に拘ること自体ナンセンスだと思うが、皇室の歴史上、女系天皇が一人もいないという彼らの言い分にも一理あるのかもしれない。では、どうやってこの危機を乗り越えようというのか、彼らの主張は男系である旧宮家の復活である。ある調査によれば、皇族への復活を望んでいる旧宮家は存在しないらしいが、政府はどこどこと具体的には言えないが必ずあると言っている。仮に旧宮家を復活させたとして、悠仁天皇夫妻に男子が生まれなかった時、その皇位継承者の対象となるべき男子は、最も近しくても7親等を越えていることになる。つまり民法上も世間の常識でも親戚ではない他人なのである。天皇史上、例外である南北朝時代を除けば、最も遠縁だった後継でも6親等なのにである。前例に拘る男系保守派の方々には是非この案の正当性を説明して頂きたい。さらに、どうして一夫多妻で子沢山だったはずの時代に遠縁に後継を譲ることになったのかを明らかにするべきである。それはつまり天皇という存在、或いは天皇制の歴史がまさに時の権力者の都合に翻弄された歴史であることに他ならないことを。
 男系に拘る人々ほど改憲で天皇を元首にしようとし、また今回の今上天皇生前退位に反対していたのは何故なのだろう。彼らが天皇や皇族の心情や苦労を本気で考えているとは到底思えないのである。皇室とは、卑俗に言ってみれば日本一の老舗みたいものである。国民のため自己を犠牲にして祭事や公務に励む老舗である。その老当主が自分に男子の後継がない場合、自分の仕事を手伝ってくれている娘や孫娘に後を譲るか、その仕事をしたこともない赤の他人同然の遠縁の男の子に譲るのかは、普通誰が考えても答えは決まっていよう。だが、そうではない自称天皇制主義者達。今回天皇の政治利用禁止を声高に叫ぶ人ほど、実は天皇制を利用しようとしているのではないだろうか。
 では小生の皇室典範改正一案を。まず女性天皇を認める。女性宮家も創設。原則的には内親王に限るが、今回は非常時だということで、黒田清子さんや三笠宮、高円宮両家の女性皇族も本人の希望で。そして皇位継承権は、男性天皇の場合、まず直系血族男子、次に3親等以内の血族男子、その次に直系血族女子、さらに近親男子の順で。それでも対象者がいない場合は、最も近親の宮家の女子が旧宮家を含む男系親族より養子を迎えて、その子に託す(この場合、純粋な恋愛結婚ではなくなってしまうが、今の日本でも親の決めた許嫁を持つ名家の子息は普通に存在する)。女性天皇の場合、最も近親の男系男子を最優先する。一応これが両派の折衷案と言えよう。個人的には前述したように女系で構わないのだが、天皇が日本国民の統合の象徴である以上、最も多くの国民に望まれる人になって欲しいからである。あまり天皇制に関心のない小生ですら、この程度のアイデアは浮かぶのだから、ちゃんと議論すればきっと良い案が生まれるはずである。

 

 安倍政権が少し揺らいでいる。ついこの間まで1強と言われていたのだが、森友学園問題に加え、加計学園の疑惑も持ち上がり、さらに安倍親派のジャーナリストの婦女暴行事件揉み消し疑惑、閣僚も失言等で足を引っ張っている。これで支持率が落ちれば、来年の総裁三選どころか、途中退陣もありうるかもしれない。そんな空気を読んでか、今までまったく影を潜めていた安倍批判が自民党内部で湧きあがりつつある。総裁選のライバル石破氏はもちろん、イエスマンかと思われた岸田外相まで珍しく首相と異なる意見を言い出し、さらにこれまで黙っていた人々が少しずつ本音を述べ始めている。若手もアベノミクスを検証する勉強会に多くの参加者があったようだ。恐らく官邸の締め付けが以前ほど効いていないのであろう。
 もともと自民党がこれまで大きな失敗もせず政権を維持して来れたのは、派閥という名の政策集団が切磋琢磨して政治を学んできたからであり、反主流派の存在も必要不可欠なものであったのだ。ところが、小選挙区制導入と小泉流官邸主導型人事(公認権と刺客も含む)により派閥の良い面が失われ、勉強不足の議員も増える一方だった。そして第2次安倍政権になり、総裁選の対立候補さえも出させないという独裁状態になってしまっていた。これもすべては内閣支持率の高さ故であり、国民の責任なのだ。
 今、国民の多くは安倍氏に懐疑的になっている。支持率の第一要因は他に人材がいないからということらしいが、まだまだ自民党にだって「人」はいるはずだ。彼らがどんどん立ち上がって表に出、真っ当な意見を述べるようになってくれれば、まだこの国はなんとかなるかもしれない。頑張れ、自民党議員たち!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。