松林正曉(SEIGYO) オフィシャルブログ

プロ・ベースボールテクニカルコーディネーター/プロドラマー/タレントのセイギョウ松林こと松林正曉(SEIGYO)がアメリカンベースボールの魅力とベースボールテクニックをテキストから解説。また芸術・音楽などの分野もテーマにブログを配信していく。

<セイギョウ松林/ベースボール・テクニカルメソッド専門指導>のご案内





SEIGYO


MATSUBAYASHI








$セイギョウ松林 アメリカンベースボール・オフィシャルブログ


松林正曉のプロフィールはこちらから




《ベースボール・タイム・ルーティン専門指導室育成研究生募集》







◎基本ベースボールテクニックは勿論、それにプラスして重要な




MLB式タイミング力学をアメリカンベースボールを長年に渡り研究分析し、




プロ野球監督やコーチ指導者などから野球理論を長年直伝した知識を基本に、




本場アメリカンベースボール及び西洋スポーツ力学など技術・戦術の両理論から




豊富な野球経験を持つプロのテクニカル・コーディネーター松林正曉<セイギョウ松林>が




その力学のメカニズムを徹底的にプロ・アマ問わず指導、アドバイス致します。








☆ハイレベル志向のプレイヤーでプロを目指す野球選手/高い技術指導を


必要とされ新しい趣向でコーチングを望まれる指導者の方々等☆




将来プロ野球選手やメジャー・リーガーを目指すプレイヤーを


日本初の独自の知的力学の方向から育成指導し応援します。




◎適性カウンセリング有り




ベースボール・リズム力学関西推進室


(連絡先) 0797-75-5091




※講師プロフィール・指導料金、詳細等は


マンボウベースボールクラブ・育成選手募集項目を検索ご覧下さい。






SEIGYO M.♯00



テーマ:
セイギョウです!最近特に目立つのが、バッティングの時の腰の拓きがプロの選手などを観ていて気になります。

近年ではレベルスイングよりアッパーでボールを縦で振り込んでいくスタイルが、変化球対応には良いのですが、その際注意して欲しいのが、腰の拓きと上体の後ろ反りです。

アッパーで振ろうとすると腰が平行に動かずに、前の腰が上がり軸足側の腰が下がってしまうフォームが目に付きます。

〈股関節を水平に絞り込む〉

腰の回転ではなく、股関節を平行にしっかりと絞ることが重要です。

平行に腰が動かなければ前の腰、脚に壁が出来ずに強い打球は打てません。

踏み込む脚、足をしっかり内側に保ちスイングをし、体重移動の際に股関節を平行にキツイくらい絞り込みスイングして下さい。

必ず腰は拓かなくなり、上体も後ろに反り返らず、綺麗なスイングが出来ます。
{8680AF50-F55E-4C45-B6CD-CC643DF67451}

〈写真股関節と前の壁の作り方と体重移動のレクチャーG☆Natsの主力選手と〉

プラクティス!プラクティス&プラクティス

(選手諸君の健闘を念じて)

Seigyo#7
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。