改正道路交通法の施行に伴い、高齢のドライバーらが日常的に利用する施設の周辺道路に専用の区間を設け、標章を掲示することで駐車を可能にする「高齢運転者等専用駐車区間制度」が4月19日から導入される。

 高齢運転者等専用駐車区間を利用できるのは、70歳以上の高齢者、妊娠中または出産後8週間以内の人、聴覚障害または肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている人。申請書に運転免許証、自動車検査証などを添付して警察署で申請し、交付される「高齢運転者等標章」を自動車のフロントガラスの見やすい位置に掲示した場合に限り、駐車が可能となる。

 専用駐車区間は、官公庁施設や高齢者福祉施設などに十分な駐車場がない場合、その近くの周辺道路に設けられる。該当する区間には標識が設置される=図=。


【関連記事】
75歳以上のドライバー、「運転能力に自信ない」は2.8%―警察庁
認知症の人が安全に外出できる環境の整備を
75歳以上のドライバー、「記憶力・判断力低い」は3.3%―警察庁
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
往診車両「駐車禁止の対象外に」

迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)
衆参同日選「コメントしない」=鳩山首相(時事通信)
水俣病救済方針を閣議決定(産経新聞)
<田辺三菱製薬>「反省の姿勢ない」C型肝炎原告、強く批判(毎日新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
AD