今日はいっしょにあそぼっ!春でした。

いっしょにあそぼっ!の活動の詳細は、3月13日の報告書を見ていただければと思います。


朝8時30分に神奈川区社会福祉協議会(社協)へ到着しました。


①まず前回のオリエンテーションでのグループ毎に分かれる

②グループリーダーから、担当のお子さんについて書かれている用紙を見せてもらう

③自分たちの担当の子について把握する

④お母さんからボランティアへ引き継ぎ(このときもお母さんから、お子さんについて詳しく聞き取る)

⑤引き継ぎ完了!


担当のお子さんの何を把握するかというと、その子がどんな障がいを抱えているかを理解するのはもちろん、今朝の体調や食事・トイレ介助の有無、コミュニケーションの方法、何かこだわりがあるか等です。

きちんと自分の担当の子の状態を把握して、出発しました!

9時50分頃に社協をバスで出発し、10時30分頃シーパラダイスへ到着しました。

そして14時30分にシーパラダイスを出発し、15時30分頃社協へ到着しました。

帰りも同様に、

①今日の反省点、伝えたいことを用紙に記入する

②担当のお母さんに用紙を渡し、反省点を述べる

③ボランティアからお母さんへ引き継ぎ

④引き継ぎ完了!

そして、それぞれの班でミーティングをし、全体の反省会へ。

17時00分に解散になりました。

----------------------

ここからは私の担当した子供との1日を書かせていただきます!
長いですが、いっしょにあそぼっ!のことがより詳しく分かってくださったら幸いです。


私は神奈川大学児童福祉サークルSUNSである3年生の男性と、女性のグループリーダーさんと同じ班でした!

そして、担当のお子さんは知的障害を抱えた10歳の男の子でした。
引き継ぎ用紙を見たところ、コミュニケーションに関しては発語なし、カード・ジェスチャーでのやりとりで、トイレ介助も要とのことでした。
また、コミュニケーションの一環で叩いたりひっかいたりもするとのことでした。

最初この内容を見て、上手く接することが出来るか不安でしたが、引き継ぎで会ってお母さんに詳しいことを聞き取るうちに、不安は小さくなっていきました!

そしてバスでシーパラダイスへ。

シーパラダイスに着いて、シー太くんの前で写真を撮っていると、頬をバチンと叩かれました(笑)
びっくりしましたが、「これがこの子のコミュニケーションなんだな」と思いました。

そしてチケットを貰い、ドルフィンホールへ入りました。
最初のイルカへは特に関心を示さず、奥の白イルカへ関心が向いたのかなと思えば、だだをこねるように寝転んでしまいました(笑)

そこでお腹が空いたような仕種をしたので、外へ出てみんなでお弁当を食べました!まだ11時00頃でしたが…(^^)
食事介助は特に必要なく、おにぎりのラップを取るくらいでした。お弁当は多めに持ってきたと聞いていたので、少し残していました。


食事が終わり、なんだか走り回りたいみたいだったので、12時30分のイルカショーが始まるまでの間イベント広場で遊ぼう!ということになりました。
両手をボランティア2人、時々グループリーダーさんと繋いで歩きましたが、手を叩くことが数回ありました。
そんなときは、握手をするように柔らかくグッと握るとおさまりました(^^)

イベント広場では元気に走り回って、適度に疲れた頃に「イルカショーもあるし、お魚さん見に行こう!」と広場を後にしました。
まっすぐ水族館へ行こうとしたけれど…手をふりほどいて走り回ったり、逆走したりなかなか水族館へ着きませんでした(笑)
走り始めると追いかけっこ状態に(^^)でもその追いかけっこがとても楽しかったみたいで、ニコニコ笑っていました!

追いかけっこしつつ、水族館へ向かい到着しましたが、見向きもせず…そのままイルカショーが行われる場所へ着きました。
しかし、ショーが始まる場所へ来たかと思ったら逆走して、また外へ出て行ってしまいました(*_*)
外にいたいようだったので、入口近くにある本部で20分ほど話したり、お腹が空いたようだったので、残りのお弁当をを食べたりしていました。
それからまた広場へ遊びに行きました!

広場に着いたのは、13時頃でした。そこで社協さんが持って来てくださったボールで遊んだり、だっこして振り回したり、おんぶしたり、またお弁当の残りを食べたり等たくさん楽しいことをしました!
担当した子もニコニコ笑っていて、私たちボランティアもとても安心しました(^^)


14時頃に広場を出て、集合場所へ向かいました。(少し早かったですが)
バスがまだ来てなかったので、近くで待っていたら急に泣き出してしまいました(>_<)
お気に入りのおもちゃを渡しても投げてしまって、男性のスタッフさんを引っ掻いたりしてしまったのですが、スタッフさんがだっこしたら少し落ち着きました。

そのときは「お腹が空いていたのかな」という結論をグループで出したのですが、引き継ぎのときにお母さんに伝えたら、疲れからくるパニックだったようで。
最後に悲しい思いをさせてしまったのが少し心残りでしたが…その子は、いっしょにあそぼっ!への参加が初めてで更に疲れちゃったのかな、ということを反省会で話し合いました。

----------------------


最後が心残りでしたが、全体で見るととっっっても楽しい1日でした(^O^)
やっぱり笑顔に癒されます!
おんぶなどしたので今日は太ももが筋肉痛ですが…(笑)
私自身も子供に戻ったみたいにはしゃいで笑った1日でした。
G☆Y☆Lから参加したみんなも楽しく1日を過ごせていたのでよかったです。

参加者は敬称略で
川中、須田、仙波、山口、窪田、斉藤、柳田
でした!
おつかれさまでした!


いっしょにあそぼっ!は夏にもあるので、是非参加してください。
本当に楽しく癒される活動ですよ~


ほんと長々すみませんでした汗
AD

3月22日うさぎ山

テーマ:

22日にうさぎ山に行ってきました。


祝日+天気が良い

ということでたくさんの子どもたちが

元気に遊んでいました。



うさぎ山に行ったことがない人もいると思うので

少し紹介したいと思います!


うさぎ山はにいる子はほとんどが小学生です。

もっと幼い子どもや、お母さん、お父さんもいます。


本当に自由で、自然の中に手作りの遊具、たき火、畑など…

普通の公園とは一味違っています(^^)


また、「プレイリーダー」が居て

子どもたちと一緒に遊んだり、

事故が起きたりしないように見守ってくれています。



昨日は


・うさぎ山恒例のおにごっこ(笑)

・バスケ

・ベーゴマ

・たき火の周りでうだうだ

・ハンモック

・ターザンロープ


…こんな感じの事をしました。


個人個人が自由に遊んでるので

みんなが何をして遊んだかは

把握しておりません。

すみません。


また昨日は、

3/27に行われる「子ども商店街」に向けて

準備が進められていました。


子どもたちが一生懸命に不要になった木材等で

お店の屋根を作ったり、商品を陳列する棚を作っていました。


メーリスでも流しましたが

27日のお昼前からお手伝いして欲しいそうなので

予定のない方はぜひ、村木までメールくださいm(__)m



うさぎ山参加者 2年

川中、須田、土屋、村木

でした。


あと昨日は薄着の菊池さんも

遊びに来てくれましたw(^O^)



次回、いつ行くかは未定ですが

元気な小学生と思いっきり遊ぶことができます!


運動不足だなぁ~と思ってる人!

子どもと一緒に遊びましょう♪


しつこいようですがー3/27!!

行ける人はメールお願いします。


以上で終わります(^^)/








AD

3月20日はまっこ

テーマ:
3月20日はまっこスクールに行ってきました!

今回は大学生が13人参加し、小学生は14人参加してくれました。
朝10時から、キックベースとドッチボールをやりました。
キックベースは校庭でやりましたが、風が強くて大変でしたあせる
ルールを知らない子もいたので、大変だったかもしれませんが、初めてやる子には良い機会になったんじゃないでしょうか。
風が強いため、二回でキックベースは終わり、そのあと体育館でドッチボールをやりました。

小学生はいつもやりなれていることもあり、ドッチボールの方が盛り上がりました。
いつものことながら、小学生は女の子の方が強い!ガンバレ男汗

大学生同士や大人対こどももやりました。
自分はちょっと疲れましたあせるでも楽しかったです。みんなは楽しめたでしょうか。

参加してくれた人はありがとう!初参加の人もいたようです。こりずにまたぜひ参加してください。
大学のすぐ近くの小学校でやってるので、まだはまっこに行ったことない人も、気軽に参加してください。次回は5月に実施予定です。またよろしく。
今回の参加者です。
二年生
川中、土屋、須田、西田、長谷川、山口
一年生
沼田、臼井、佐野、新井、五十嵐、沖野、竹内
AD
 3月18日 エコボラ講座。
場所【神奈川大学 8‐21教室】
参加:井上佳祐、

 この日は、エコボラ講座でした。
エコボラ講座についてはNPO法人アクションポート横浜様のHPから引用を記載します。
『近年、環境活動に関心を持つ若者の参加が増えている。大学の環境サークルの活動は活発であり、関連する講座も多い。毎年神奈川新聞花火大会後に行っているクリーン大作戦でも参加する学生は年々、増えている。一方で、大学等で環境に関わっている学生も一度社会人になるとそのライフスタイルの影響か、活動から離れてしまう人が多い。社会に出ても活動を続けるのは難しいのだろうか。横浜及び社会全体を環境に配慮した社会にしていくには、社会人になってからも環境に関心を持ち、活動に関わり続けることが重要であり、それでこそ次世代への知恵やノウハウのバトンタッチも可能になる。そのためにはどういう仕組みが必要なのだろうか?
 そこで、今回は大学時代から団体を立ち上げ環境活動に携わってきた4人の社会人にこうした活動の事例と想いを聞くことにした。彼らが感じている課題を共有し、参加者と議論をしながら横浜での環境活動への若手の参画と方向性を考えていきたい。』(引用:http://actionport-yokohama.org/action/eco/index.html)

 このゲストスピーカーにGLOBAL☆YEN☆LEAPの設立者であり初代代表の河原勝也さんをお招きしており、
良い話が聞けた。また、卒業生の鈴木亮さんにも来ていただいた。

まずは、交流カフェとして、たくさんの年代、大学の学生と意見交換できとても刺激になった。
そのご、ゲストスピーカーを交えた意見交換が行われた。

 最後の懇親会にて、河原さんと深くお話し、これからのGLOBAL☆YEN☆LEAPの方向性が見えてきたのでとても実りのある講座であった。

 この講座を開催するに当たり、神奈川大学の学生課、警備員の皆様の力なしでは成功いたしませんでした。ありがとうございました。
今日3月13日(土)は、神奈川区社会福祉協議会(社協)で『いっしょにあそぼっ!春』のオリエンテーションでした。

『いっしょにあそぼっ!』とは、障がいを持った子供1人、ボランティア2人、リーダー1人が1つのグループになって、遊びに行く活動です。

遊びに行く場所はさまざまで、去年の春はズーラシア、夏は大口で運動会でした。

夏には運動会のほかに八景島シーパラダイスに行く予定だったのですが…台風+地震が重なって中止になってしまいました(>_<)
というわけで、今年の春は八景島シーパラダイスにリベンジです!(^_^)


今日のオリエンテーションの概要は

・当日の注意事項
・障がいについて
・車椅子の操作方法、車椅子体験
・手遊び
・ピースメーカーさんの紹介

でした。
ボランティアはGLOBAL☆YEN☆LEAPの部員8名含めて26名いて、神奈川大学児童福祉サークルSUNSの方も3名いらっしゃいましたp(^^)q

ボランティア2人で1グループでした。GLOBAL☆YEN☆LEAPの部員同士のグループは1つもなかったです。
なのでそれぞれの部員は子供たちとの交流はもちろん、他の団員さんとも楽しく交流が出来たらいいなと思います。


車椅子体験では、実際に車椅子を操作して反町公園まで行きました。
社協から反町公園は目と鼻の先ですが、そんな短い道でも段差やガタガタ道や狭い道があり、基本的な操作は学べました!

手遊びは、子供たちと一緒に出来る手軽な遊びです(^O^)
8種類以上の手遊びを楽しく教わりました。
大学生の私たちにも懐かしい遊びばかりでした!
この手遊びを当日に生かしたいです*


ピースメーカーとは、学生から社会人までの幅広い年代の方がボランティア活動や募金活動を行っている団体さんです!
月1でミーティングもしているそうです。
『いっしょにあそぼっ!』は、このピースメーカーさんが毎回携わっていて、私たちに色々なことを教えてくださります(^^)



上記のようなことを今日は行いました。
当日みんなが楽しめる活動になりますよーに!
『いっしょにあそぼっ!』は夏もあるので、是非参加してください~とても楽しいですよ!

部員は敬称略で
川中、吉田、山口、須田、仙波、窪田、斉藤、柳田
が参加です。


それでは乱雑な文章でしたが;
当日の26日にも活動報告させていただきます。

それでは☆