将棋の現役最高齢棋士、有吉道夫九段(74)が24日、第36期棋王戦予選で矢倉規広六段(35)に敗れ、規定により同日付で引退した。通算成績は1088勝1002敗。棋聖1期獲得。
 有吉九段は「55年間、将棋を指してきて満足感はある。今後は子供への普及を通して将棋界に恩返ししたい」とコメントした。 

【関連ニュース】
羽生が3連覇=将棋名人戦
将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦

両陛下 知的障害者施設を視察 神奈川(毎日新聞)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
進めパトカー、救急車 交差点「青」で時間短縮(産経新聞)
刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)
AD