高速道路の割引財源を道路建設に転用できるよう、政府が今国会に提出した道路整備事業財政特別措置法改正案について、民主党の川内博史衆院国土交通委員長が反対の考えを示していたことが分かった。前原誠司国土交通相は16日の閣議後記者会見で、「しっかりと説明を重ねていきたい」と理解を求めたが、同改正案の今後の審議は曲折も予想される。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【Off Time】街ある記-富山県魚津
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で-赤松農水相(時事通信)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
AD