水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)の約2100人が国と熊本県、原因企業「チッソ」(東京)に損害賠償を求めている集団訴訟で、チッソは26日午前の取締役会で、熊本地裁が示した和解案(所見)の受け入れを正式決定した。

 国、県は既に受諾を表明しており、被告側すべてが受け入れを決めた。

 患者会側も受け入れに前向きで、28日の原告団総会で最終決定する。29日の和解協議では原告・被告双方が合意し、和解が成立する可能性が高まった。

 和解案の主な内容は、原告1人当たり210万円の一時金と、月額最高1万7700円の療養手当、活動経費に充てる団体加算金の支給。チッソはこのうち、一時金と団体加算金を負担する。

<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)
盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」-名古屋簡裁(時事通信)
元Jリーガー、強制わいせつ容疑など不起訴(読売新聞)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
AD