「閔妃(ミンビ)暗殺-朝鮮王朝末期の国母」など近現代史をテーマとしたノンフィクション作品で知られる作家の角田房子(つのだ・ふさこ、本名・フサ)さんが1月1日に死去していたことが12日、分かった。95歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 フランス留学などを経て執筆活動に入った。綿密な取材、検証に基づき、甘粕正彦ら軍人や満蒙(まんもう)開拓団、ブラジル日系移民などをテーマにした作品を数多く発表。「責任 ラバウルの将軍今村均」で昭和60年に新田次郎文学賞、朝鮮王妃暗殺事件を追った「閔妃暗殺」で63年に新潮学芸賞を受賞した。

 このほか、「悲しみの島サハリン」「甘粕大尉」など著書多数。

【関連記事】
角田房子の著書を紹介【産経抄】7月10日
占守島の日本軍戦車展示へ 終戦後の悲劇、サハリンで
作家の立松和平さん急死で惜しむ声「早すぎる…」
ミステリー作家の北森鴻氏が死去 48歳
講談社ノンフィクション賞に佐野眞一さん

新型ワクチン、季節性と一本化=ソ連型外す、来季の製造方針-厚労省(時事通信)
<築地市場>豊洲移転暗礁に 都議会民主が用地削減案提出へ(毎日新聞)
<平野官房長官>内閣支持率続落を分析(毎日新聞)
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
<覚せい剤>元警部補が「密売人紹介」初公判で検察(毎日新聞)
AD