患者サービスの向上と経営の効率化を目指して、都立病院と財団法人東京都保健医療公社の各病院・施設では、職員自らが身近で具体的な業務改善に取り組む「テーマ別改善運動(QCサークル活動)」を実施している。東京都病院経営本部と同公社は1月26日、各病院・施設の優秀なサークルの代表による発表会「改善提案2010医療現場での取組」を開催する。

 現在、各病院・施設には、規模に応じて2-26のサークルがあり、09年度は計176サークルがQCサークル活動に取り組んだ。発表会では、各病院・施設から推薦された代表18サークルのほか、駒込病院のPFI事業者による発表も行われる。
 時間は午前10時から午後5時45分までで、参加費は無料。会場は都庁第一本庁舎5階の大会議場。希望者は当日、会場受付に申し込む。


【関連記事】
今年度の行動計画を大筋で了承-都立病院経営委
公立病院改革プラン、「策定済み」は92%
17サークルがQC活動を発表―東京都
都立病院の経営改善計画を策定
国の「改革」で無医地域続出!?

魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
<催涙スプレー>大手前大学で30人症状 学生数人がまく(毎日新聞)
<踏切事故>特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森(毎日新聞)
<普天間移設>沖縄知事「県外」明言 官房長官に要請(毎日新聞)
障害者 政府「推進会議」初会合(毎日新聞)
AD