都会のラクダ 0章 その1

テーマ:
「で、渋谷。お前どうするんだ」
    野中先生は必要以上に大きな声で私に訊ねた。
「先生声でかい」
「え?」
「先生、声、でかい」
「誰のせいだと思ってるんだ」
    進路相談の個人面接。先生と膝と膝を突き合わせて話をするなんざ、心のうちがムズムズする様で妙にいたたまれない。職員室の隅の方、臨時に設けられた謎のスペースでの面談。これから未来の話をするなんていうただでさえ小っ恥ずかしいこの状況であるのだからせめて、個室でも用意してくれたらいいのに。
    高校三年生は多感なんだぜ、そこら辺の機微をわかっちゃないんだから。若さはね、必要以上に恥じることを指すのだよ知ってた?
    しかもこの時、野中先生は突発性難聴を患っていた為に、自らが発する声さえも満足に聞こえていなかった。その為に、常軌を逸したボリュームで話す、し、常軌を逸したボリュームを求めてきた。
「私のせいじゃないでしょうに」
「お前のせいだ!」
    職員室にいた他の先生の視線が痛い。これじゃまるで聞き分けのない生徒と、それを叱る先生の図である。本日はお説教をされる為に私はここにいるのではないぞ、私は未来の話をしに来たのだ。ん、SFかよ。
    まったくお前は、と目の前で憤る野中先生は我々のクラスの担任の先生である。背が小さく色白の童顔で、しっかり締めたネクタイとさらさらすぎる髪の毛は、さながらお坊ちゃんであったが、何を何処で間違ったのかヒゲが非常に濃かった。そのアンバランスさが絶妙な風情を醸し出しており、女子生徒にキモチワルイ!なんてよくからかわれていた。昼休みのこの時間、野中先生は顔の下半分を伸びてきたヒゲでブルーに武装しており、見事な風情であった。
「趣深い風情でございますよ、先生」
「え?」
「なんでもないです。耳、大丈夫ですか?」
「うん。少しは良くなってきているよ。もう本当に勘弁してくれよな」
    先生が患っている突発性難聴の原因はストレスである。で、そのストレスの原因は他の先生からのネチネチした圧力であった。
    我らが担任の先生様に圧力をかけるなんざ、何事でい!と、先生が突発性難聴を告白する為に臨時に設けられたホームルームで私はひどく荒ぶったが、その圧力が、授業中の我々のクラスの私語にあるということを聞いて、腕まくりしていたシャツの袖を元に戻した。
    授業中は基本的に机の下で開いた文庫本の世界に没頭していたし、本を閉じている時は、たまに、本当にたまに、五分に一回くらい、私語を指摘されていたくらいだったから、まさかそんな大事になるなんて夢にも思わなかったのだ。
    私は野中先生のことを慕っていたから、割と真面目に反省したのを覚えている。

    基本的に”先生”が嫌いであった。野中先生(あと、小学校のハトウ先生ね)を除いて、”先生”のことが好きではなかった。
    今の私の歳になってみれば重々理解できることではあるのだが、先生だってなんだって押し並べて人である。ただ、やはり学生の時分に、その本質的なところが理解出来ていなかった様に思う。
    当時は、先生即ち”大人”であり、大人即ち”大人という生き物”であった。漠然とした憧れと、それに付随して生ずる嫌悪の様なものから、未完である我々にとって、大人ってものは万能であると思い込んでいた。マルチプレイヤーであると信じきっていた大人が、実はただの人間だということを、少なくとも私はわかっていなかった。
    だから、先生が不意に見せる人間くさいほころびや、保身に走る姿や、利己的な一面を垣間見ると、大変に軽蔑したのを覚えている。うわア、人間くせエ。みたいなね(先生だって人間ですもの、仕方ないのにネ)。
    野中先生はなにが違ったんだろうか。大人として何歩も先を行って我々に”生徒”ではなく、一人の”人間”として敬意を払ってくれたからだろうか。狭い視野でしか見られない当時の私に、誠意を持って”人間”としての”先生”を体現してくれたからだろうか。ただ単純に良い人だったからだろうか。ねエねエ野中先生や、何考えて我々の先生をやってくれてたの?今ならほんの少しだけわかる気がするんだけどね、驕りかな。

    とにかく、慕っていた野中先生が難聴になっちゃったことに対し、少なからず責任を感じていた私は、先生の耳が回復するまでは、ちょっとだけしっかりしようと、ちょっとだけ誓ったのだ。
「へい、すびばぜん」
    うなだれたこのポーズは完全に振りであるが、少なからずそこに存在する一口サイズの反省の意は先生に伝わった様である。先生は、ったく、とか言いながら鼻からため息を抜いて見せた。
    軽く間を置いて、もう一度私に、言う。

(続)
AD
    今回の件。
    かなりイレギュラーなことだったとわかっていながらも提案させていただきました。
    改めてどんな提案をさせていただいたのかを再度。6月16日から始まる『27』という新しいアルバムを引っさげての我々のリリースツアー。これの岡山公演、10月8日のCRAZY MAMA 2nd roomでのワンマンコンサートの会場を、CRAZY MAMA KINGDOMに変更させていただけないだろうかという提案でした。
    ツアーの一次予約に、我々の予想を遥かに上回る応募をいただきまして、一次の予約でCRAZY MAMA 2nd room(キャパシティ200人)がソールドアウトになってしまったことを受け、たまたま同日に使用可能であった同系列のCRAZY MAMA KINGDOM(キャパシティ650人)を使わせていただけるという提案をしていただいたことが、理由です。

    すごく単純に。”観たかった”思ってくれる人を、”観られてよかった”と言ってもらえる様にしかったんだよね。ツアーの当選落選の報告をSNSや、直接、たくさん耳にした。当選しましたって報告は、我々と、その日見に来てくれた人とその日の空気を一緒に共有できるわけだから、そりゃもうなんだか自分のことの様に嬉しくて。しかしながら落選しましたって報告は、あア折角一緒に居たいと思ってくれてたのに、我々も一緒に居たいと思ってるのに、なんでだアみたいに、我々はそんなふうに悲しくなってしまったんだね。そりゃ運だし、仕方ないことだってわかってはいるのだけど、なんだかね。
    だから、岡山の会場を大きくできるって聞いて、それならば!って、そう思った。
    でもね、CRAZY MAMA 2nd roomだからこそ、キャパシティ200人だからこそ観たいって思ってくれてる人だっている。それに同系列の大きめの会場が空いていたからたまたまできた提案であって、他のソールドアウトしてしまった会場で、同じことをしてあげられない訳だから、なんで岡山だけって思う人だっている。その他にだってたくさんの想いがあるって、それもちゃんとわかっていたつもりだった。
    だからこそ、まずはこの我々の、叶うんならば観たいと思ってくれる人の気持ちに応えたいっていう我々の意志を提示させてもらって、その上で、ツアーに参加しようとしてくれている全員のGOをもらってからじゃないと、敢行しちゃダメだろって思った。誰一人蔑ろにしたくなかったからさ。
    それが筋を通すってことだし、我々が一番大切にしている”人と人”ってことだろうと思った。
    実際イレギュラーだってわかっていたから、提案することも結構怖かった。常識的なことから逸脱するってヒリヒリするでしょ、まさしくその感覚。でも意志が強くあったから、提案だけはしたかった訳だ、行動を起こさないと何一つ始められないからね。

    で、提案させてもらった。

    そうしたらやっぱりたくさんのことばをもらった。いろんな角度からのことばをもらった。喜んでくれる人も、素直に喜べない人も、いた。
    再びのチャンスの可能性に喜んでくれた気持ちも、意志がリンクしてGOしてくれた人の気持ちも、思い入れのあるCRAZY MAMA 2nd roomだから会場変更は嫌だって気持ちも、theライブハウスって場所で観させてくれよって気持ちも。
    頂いたことば、気持ち全部受け止めさせてもらった。
    なんだか私はその全部を受けて、とても嬉しくなってしまった。
    喜べなかった人にとって嬉しくなってんじゃねエよってところだろうけど、嬉しかったんだから仕方ない。
    要するにね、こんなに気持ちが強い人たちが我々に向けて意思表示をしてくれて、こんなに気持ちの強い人たちが我々を応援してくれてる人たちなんだってことに、改めて気づかせてもらえたから。自己主張、意思表示、もしかしたら口には出せない人もいたのかもしれないけど、その全部に嘘はなかったんだもんな。
    露呈したのは、”あなた”の強い気持ちと、我々の気持ちと向き合ってくれる”あなた”の優しさ。
    誤算だったのは、我々のキャパシティに対する認識(仕方ないやね、各地で売り切れるなんて経験なかったんだから!)
    嘘じゃなかったのは、たくさんの人に喜んでもらいたかった我々の気持ちと、誰一人蔑ろにしたくないというSUPER BEAVERの意志。
    無責任だけど、今回はこれで良かったと思ってる。どこにも嘘がなかったから、あったのは意志だけ。後ろめたいことは一つもないよ。

    バタバタさせてごめん。期待させてごめん。複雑な気持ちにさせてごめん。迷わせてごめん。
    でも、なによりもこの一件で、”あなた”に伝えたいと思ったのは、やっぱり”ありがとう”だ。
    SUPER BEAVERはこういうバンドです、これからもよろしく。
AD


    何も解散するわけじゃアなし、そしてあくまでも”途中”と位置付けているこの場所で特別なことをするなんざ、ちと違うのかなアと思いながらも。
    あくまでも象徴でしかないこのきりの良い10という数字、10周年という節目だけであれば、こういうことはしなかったかなと思うのだけれど。
    それでもなんか伝えてみたいと思うのは、折角だからというそれだけの理由で振り返ったこの道のりに、あまりにも大勢の気持ちを発見してしまったからである。
    順風満帆とは言えないよな。紆余曲折山あり谷あり、随分とたくさんの人のお世話になって、そして人と人とはなんぞやと、考える機会を幾度も与えていただいた。オンステージさせていただくにあたり、”あなたたち”ではなく”あなた”と照準をはっきり絞ることが出来たのもそのおかげ、だ。
    あなたがステージに上げてくれたから、あなたと対話をしに行くんだよ。校長先生が全校生徒の前で的をあやふやにしながら話すあれとは訳が違う(私の学校に限った例えだったらごめん)。我々は、暑苦しいと言われようが、本気過ぎると言われようが、そこがあなたが上げてくれたステージならば絶対にスタンスは変えない。

    10年だ。ずっと前から応援してくれているあなたのおかげで我々は大きくなれた。
    10年だ。新しく出会えたあなたのおかげで我々はもっと素敵な景色に手を延ばせそうだ。

    遊びの延長で始めた。訳も分からずメジャーデビューした。あっけなく潰れた。自分たちだけで再起をはかった。自分たちじゃないことに気付かせてもらった。仲間が増えた。あなたに見てもらうんなら素敵な景色がいいと大きな欲をかけるようになった。
    あなたはいろいろくれましたね、あなたはいろいろくれようとしてくれていますね。
    さて、愛に基づいた仕返しが始まるぞ。覚悟しろよ。あなたには随分と大きなものが返ってくるぞ。
    明日、SUPER BEAVERがオンステージするは、Zepp DiverCity。チケットは完全売り切れ大感謝。
    好きなだけ求めてくれていい。意思表示してくれ、声を聞かせてくれ、どうしてここに来たのか我々に見せてくれ(こられなかった人も猛スピードで気持ち飛ばしてな)。

    10年だ。時間の単位じゃなくて、これは我々と”あなた”の意志の単位だ。

    何も解散するわけじゃアなし、そしてあくまでも”途中”と位置付けているこの場所で特別なことをするなんざ、ちと違うのかなアと思ってはみながらも。それでも。
    明日普段の我々と違う特別は期待しないでくれ、いつもの通り、いつも通りに過去最高を狙っていく所存。
    楽しい日にしよう。凄いのやるから、ついてこいよ。

    わかるかい、”あなたたち”じゃなく、”あなた”に言ってるんだゼ。

{A2970F68-A139-4D68-9FCE-AA2AC9855A07}


AD