社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は25日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)移設問題で、政府が米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移す現行計画の修正案を検討していることについて「まわりまわって、また辺野古の沿岸部や修正案であれば、やはりそうではないと思っている」と述べ、異議を唱えた。都内で記者団の質問に答えた。また「重大な決意」と述べた昨年12月の発言に変わりはないかとの質問には「そうですね」と答え、政府が現行案や修正案で決着した場合は連立離脱も辞さないとの考えを改めて示した。

【関連記事】
谷垣氏、重ねて退陣要求 「首相は普天間を軽く見ていた」
首相「NPOへの寄付金控除を参院選争点に」普天間にはだんまり
新報道2001世論調査 自民が民主を逆転 参院選投票先で
普天間の県外求め9万人大会 知事「公約通り解決を」
「失速した日本」普天間迷走を見る韓中台の冷ややかな視線
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

日弁連に人権救済申し立て=長官銃撃の警視庁発表で-アレフ(時事通信)
犬遺棄の元町議、詐欺容疑で再逮捕 (産経新聞)
「時効」改正法が施行、倉敷の事件に適用(読売新聞)
損保ジャパン代理店元職員、2億5千万詐取(読売新聞)
知人のマイレージで牛肉やプリン、会社役員逮捕(読売新聞)
AD