大阪府高槻市の市道でスイミングスクールの送迎バスが道路の側壁に衝突し、運転手の大山晃永さん(65)=同市南大樋町=が死亡、児童らが軽傷を負った事故で、大山さんが事故直前、心臓発作を起こした可能性があることが30日、府警高槻署の調べで分かった。同署は業務上過失致傷容疑で事故の状況を調べている。
 また、事故当時、大山さん以外に児童の母親1人を含む14人が乗っており、全員が軽傷を負っていたことも分かった。
 同署が大山さんの遺体を司法解剖したところ、直接の死因はバスが炎上したことによる焼死だったが、心臓が肥大しており、不整脈で発作を起こした可能性を指摘されたという。今後病理検査して、さらに詳しい状況を調べる。 

【関連ニュース】
送迎バス事故で11人死傷=運転手、直前に意識失う?
転覆した車に高速バス追突=中国自動車道、2人死傷
ふそう元会長らの有罪確定へ=三菱自虚偽報告、罰金20万円
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕

被害者に改めて謝罪=小沢環境相(時事通信)
エフエム東京、40分間も無音放送(読売新聞)
足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)
伊豆諸島南部に暴風警報…気象庁(読売新聞)
郵政グループ株式「もちろん公開」亀井氏(読売新聞)
AD