検察側の生命線がついに絶たれた。郵便不正事件をめぐる厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判で26日、元係長らの供述調書の証拠採用を却下した大阪地裁決定。証人出廷した関係者が捜査段階の供述を次々と翻す異例の展開に、横田信之裁判長は検察側の取り調べ方法を批判した。弁護人は「無罪判決は動かしがたい」と自信をうかがわせ、村木被告も「感謝」とコメント。一方、有罪立証へ向けての最重要証拠を失った検察関係者は苦渋の表情を浮かべた。

 「正直ほっとした」。村木被告の弁護人、弘中惇一郎弁護士は公判後の記者会見で開口一番に切り出した。

 弁護側が注視していたのは、元係長、上村勉被告(40)の調書の採否。村木被告の関与を取り調べの早い段階から供述していたため、採用される可能性も視野に入れていたという。

 しかし結果は、弁護側の願い通りの却下。弘中弁護士は「検事は『記憶なんてあてにならないから多数決で決めよう。自分に任せろ』と記憶への自信を喪失させ、上村被告を追い込んだ。決定は、この検事の手法に対する厳しい批判だ」と顔を紅潮させた。

 また、同様にすべての調書が却下された凛の会元会長、倉沢邦夫被告(74)については「(暴行脅迫がなく)誘導だけで調書が却下されるケースは思いだせない」と評価。決定全般について「捜査の問題、証言の問題を分析し、これまでまかり通った捜査のやり方を具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価する」と笑顔をのぞかせた。

 村木被告に便宜を指示したとされる元部長(58)の調書などは採用されたが、「(口利きを否定した)石井一参院議員の証言やアリバイ証拠があるので、全く問題にならない」と改めて「無罪判決」への自信をのぞかせた。

 村木被告は「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝している。一日も早く無実であることが明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っている」とのコメントを出した。

 一方、大阪地検は「公判中なのでコメントは差し控えたい」とする次席検事コメントを発表。ある検察幹部は「予想外。これまででは考えられないような決定だ」と言葉少なに語った。

【関連記事】
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因
文書偽造「共犯」に有罪 厚労省事件で大阪地裁
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴
郵便不正無罪、崩れた検察側構図 厚労省元局長公判も苦境に
虐待が子供に与える「傷」とは?

<詐欺>小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
大学就職率、過去2番目の低さ 高校生も2年連続低下(産経新聞)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
<口蹄疫>「補償内容が不透明」地元自治体が難色(毎日新聞)
AD