毎日新聞社は7日、インターネット上で得た読者の声を生かした新しい新聞「MAINICHI RT」を6月1日に創刊すると発表した。通常の新聞をあまり読んでいない20~30歳代をターゲットとし、東京都と神奈川、千葉、埼玉各県で約5万部の発行を予定。月曜を除く週6回の発行を原則とし、毎日新聞の販売店から宅配する。定価は月額1980円。
 RT紙面で取り上げるニュースは、同社のニュースサイト「毎日jp」のアクセスランキングを基に選ぶ。それに対する読者の声を得るため、「つぶやき」と呼ばれる短文を投稿・閲覧するサイト「ツイッター」を活用。その中からニュース解説や関連情報に当たるものを紙面でも紹介する。 

広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
<普天間移設>「先送り」閣僚発言相次ぐ(毎日新聞)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
AD