北から冷たい空気が流れ込んだ影響で28日、東日本の太平洋側と関東地方は気温が上がらず、2月上旬~下旬並みの寒さとなった。岩手県宮古市の山間部では最低気温が氷点下20.3度、宮城県栗原市では同12.7度と、3月の観測史上最低を更新した。茨城、栃木、埼玉各県では、ほぼ全域で、例年の最も寒い時期の最高気温を下回った。

 東京都心部も、最高気温が例年より5度低い9.5度と2月上旬並み。桜が5分咲きの目黒川沿いでは花見のイベントが開かれたが、人出は前日の5~7割ほどだった。

 気象庁によると、29日も寒気を伴った気圧の谷が接近するため、東日本全域で冷え込む見込み。気温が上がるのは30日以降になりそうだという。【安高晋】

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開
気温:4~6月は平年並み 東海3カ月予報
気温:4月は高め 気象庁3カ月予報

森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ-文科・厚労省(時事通信)
3歳男児が転落死 マンション14階のベランダから誤って転落?(産経新聞)
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で-国交省(時事通信)
AD