大阪府羽曳野市で今年1月、大阪市環境局職員の男が猟銃で3人を射殺し自殺した事件を受け、大阪市が全職員約4万人を対象に猟銃や刀剣の所持状況の調査を始めたことが11日、分かった。服務規律の確保の参考にするのが目的という。

 猟銃や刀剣の所持は、都道府県公安委員会に許可権限がある。大阪市では今月初旬から各部局の人事担当者が職員にヒアリングなどを行い、所持の有無や理由、許可を受けた時期などを任意で申告させている。

 市の人事担当者は「本来はプライベートな事柄だが、職場で問題行動を起こした職員が猟銃などを所持していた場合、上司がより注意深く監督することもできる」と説明している。 

【関連記事】
大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  
大阪・羽曳野市役所で「無料自習室」スタート
大阪市、自殺容疑者の退職金支払わず 羽曳野乱射
発砲直前に離婚説得、妻と義母ら容疑者宅で 大阪・羽曳野射殺
警察庁長官「銃刀法検証も」 大阪・羽曳野射殺事件で

注意報レベル4県に―インフル定点6.46(医療介護CBニュース)
<鶴ヶ城>豪華しゃちほこ地上へ 45年前建設会社が寄贈(毎日新聞)
源純夏氏が参院選自民公募名乗り…競泳の銅メダリスト(スポーツ報知)
運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡-奈良県警(時事通信)
AD