横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で2日、所属する弁護士前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部は10日までに、殺人容疑で千葉県内の男の逮捕状を取った。離婚調停をめぐり前野さんとトラブルがあったとみられる。事務所の資料に名前が掲載され調べていたが、事件後に行方が分からなくなっているという。
 捜査本部によると、前野さんは2日午後、事務所を訪れた男と面談。しかし、女性事務員が外出先から戻ると、2人が話し合っているついたての向こう側から「落ち着いて」などという言葉と大きな物音がした。様子をうかがうと、前野さんが刃物のようなものを持った男ともみ合いになりかけていたという。
 事務員は前野さんの指示を受け、いったん事務所を出て県警に通報。事務所に戻ると、前野さんが胸から腹にかけて数カ所を刺され、床に倒れていた。病院に搬送されたが死亡。死因は右肺を深く刺されたことによる失血死だった。 

【関連ニュース】
生徒の母、府立校で刃物=教頭軽傷、現行犯逮捕
東京・銀座で整骨院強盗=3人組が18万奪う、けがなし
2カ所に傷跡、失血死=受任案件のトラブル有無捜査
逃走男、周到に準備か=長い刃物、手袋着用
男性弁護士殺される=事務所で男ともみ合い

<菅首相>「大ばか」から協調へ 事務次官に訓示(毎日新聞)
<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
<反貧困ネットワーク>政府対策の達成率24%(毎日新聞)
都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
AD