環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長でニュージーランド国籍、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の第3回公判が31日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。被告人質問が行われ、ベスーン被告は「酪酸がかかっても問題がないと思っていた」などと、改めて傷害罪の犯意がなかったことを強調した。

 ベスーン被告は「母国のニュージーランドでは捕鯨に反対する意見が多い」などとSSに参加した経緯を述べた。また、多和田裁判長が「団体の主義主張を述べる場ではない」などと、ベスーン被告にくぎを刺す場面もあった。

【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(3)(産経新聞)
夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない(Business Media 誠)
<参院選>みんなの党が熊本選挙区に新人擁立(毎日新聞)
AD