岡本ホテルグループに損害賠償を求めて提訴した出資者の弁護人を務める藤森克美弁護士は26日、同グループの預託金を管理する「オー・エム・シー」について、東京地裁に破産手続き開始を申し立てたことを明らかにした。被害対策弁護団も同日結成し、同グループ幹部を詐欺罪で刑事告訴することも検討するという。

 藤森弁護士によると、申立人はオー社に現金を出資した静岡県内外の12人。21日付で申立書を提出した。藤森弁護士が入手したオー社の貸借対照表によると、09年9月末現在の会員数は7854人で、会員からの預かり金は191億8340万円。これに対し有形固定資産は80億8909万円で、資産を処分しても預かり金の払い戻しは不可能と判断したという。【山田毅】

【関連ニュース】
詐欺:ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発
岡本倶楽部:系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑
詐欺:小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円
岡本倶楽部:出資法違反容疑で捜索へ
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査

<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
織田作之助「二十歳」 京都・さくら井屋 画学生のデザイン絵封筒に(産経新聞)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
AD